高校中退しても再入学はできる!再入学すべき理由と方法についてご紹介!

高校中退しても再入学はできる!再入学すべき理由と方法についてご紹介!

高校進学した人の中には、複雑な事情で高校を退学しなければならない人もいます。

退学した人の中には、

「高校の卒業資格だけは欲しい」

「大学や専門学校へは進学したい」

といった方もいるでしょう。

高校を卒業するかしないかでは、自分の将来の進路が大きく異なります。

中卒で社会に出て働くより、高校を卒業する方が将来有利になることが多いです。

この記事では、高校を中退してしまった人が、高校へ再入学すべき理由と方法について、解説します。

中退してしまい、再入学を考えている人には必見の内容です。

中退理由について知りたい方は、高校中退をする理由とは?中退後の進路について徹底解説!もチェックしてみてください!

高校を中退しても別の高校へ再入学ができる

高校を中退しても別の高校へ再入学ができる

高校を中退することは珍しいことではありません。

「家庭の事情」や「学校内での人間関係」「体力的な問題」などの様々な事情で、学校を退学しなければならないことがあります。

確かに、全日制高校へ通う生徒のほとんどは、通っている高校を卒業して、それぞれの進路に進むでしょう。

しかし、通信制などの別の高校へ再入学することもできますし、卒業すれば高校の卒業資格も得ることができます。

中退してしまっても、全く自分を責める必要はありません。

自分を責めたりせず、「今後どのような進路に進むべきか」に目を向けることが大切です。

高校中退後の再入学の選択肢は、「別の全日制高校へ通う」や「他の種類の高校へ通う」「高卒認定試験に合格する」などがあります。

これから詳しくご紹介するので、一緒に確認していきましょう。

編入と転入の違い

編入と転入の違い

再入学の方法について説明する前に、「転入」と「編入」の意味について、理解しておきましょう。

それぞれの意味と違いについて、理解しておくことで入学時に必要な内容も分かりやすくなります。

「転入」とは、空白期間がない状態で、別の高校へ再入学すること。

高校をこれから退学する予定で、退学と同時に別の高校へ再入学する方は、「転入」です。

「編入」とは、空白期間がある状態で、別の高校へ再入学すること。

高校中退後、すぐに別の高校へ通わないで再入学する方は、「編入」です。

高校を中退してしまった場合は、「転入」での再入学はできません。

「転入」と「編入」では、卒業年度が変わります。

「転入」の場合は、同じ歳の生徒と同じ年度で卒業できます。

「編入」の場合は、同じ歳の生徒と同じ年度では卒業できません。

現在、高校を退学しておらず、別の高校への再入学を検討している場合は「転入」での再入学をするのも手段の一つ。

もう退学してしまっている方は、「編入」での入学準備を進めましょう。

高校中退時に再入学する方法

高校中退時に再入学する方法

高校を中退する予定、または中退していて高校へ再入学するにはどうすればいいのでしょうか。

再入学するには、以下の3つ方法があります。

  • 通信制高校へ編入・転入する
  • 定時制高校へ編入・転入する
  • 別の全日制高校を再受験する

これから、一つ一つ解説していきます。

高校への再入学を検討している人は必見の内容です。

方法①:通信制高校へ編入・転入する

1つ目の方法は通信制高校へ編入・転入することです。

「高校へあまり登校せずに、高校を卒業したい」

「一つ下の学年に混ざって、学校生活を送りたくない」

という方は、通信制高校へ進学すると良いでしょう。

通信制高校は、「登校日数が年に5回~30回程度」と少なく、「学年制度がない」のが特徴。

登校日数が少ないので、体調を崩しやすい方でも、卒業しやすいです。

高校を中退してしまった人の多くが、通信制高校へ進学するので、中退した人でも悪い意味で目立ったりはしません

学費もリーズナブルで、年間5万円~40万円程度で通えます。

方法②:定時制高校へ編入・転入する

2つ目の方法は、定時制高校へ編入・転入することです。

全日制高校を退学した生徒の中には、通信制高校のほかに、定時制高校に進学する人もいます。

全日制高校との違いは、「一日あたりの授業時間が短いこと」です。

ほとんどの定時制高校は1日当たり、4時間程度で授業が行われるでしょう。

「17:00~21:00」といった夜間が一般的ですが、「9:00~13:00」「13:00~17:00」といったような、朝や昼に通える高校もあります。

学費は年間で3万円~35万円程度です。

家庭の経済状況によっては、国から補助を受けられる場合もあります。

詳細は、就学支援金で調べてみると良いでしょう。

定時制高校の卒業後の進路の割合は、就職が最も多いです。

大学進学する人はおよそ1割程度と少ないため、難関大学へ進学することは難しいでしょう。

高校卒業資格の取得が目的の人は、定時制高校が向いています。

方法③:別の全日制高校を再受験する

3つ目の方法は別の全日制高校を再受験することです。

中学三年時と同様、全日制高校の入試を受けて、新しい高校で高校生活をやり直すことも手段の一つ。

ただし、年下に交じって学校生活を送ることになります。

多少は抵抗があると思いますが、長い目で見たら大きな問題ではありません。

再受験先を決める際は、同じことが原因で中退しないような高校を選びましょう。

例えば、原因が「学校の規則が厳しすぎた」のであれば、「自由な校風」を重んじる高校を選びましょう。

学校見学に行くと校風も把握しやすいので、見学してみるのも良いです。

見学会が終わってしまっている場合でも、通っていた中学校を通して高校へ依頼することで見学できる場合もあります。

編入におすすめの通信制高校2選

編入におすすめの通信制高校2選

「通信制高校へ入学するにはどうすればいいの?」

そんな方のために、おすすめの通信制高校を2つ紹介します。

気になる高校があったら、ぜひ資料請求をしてみてください。

資料には入学願書も入っているので、そのまま入学手続きを進められます。

ウェルカム通信制高校ナビでは、学校ごとの特徴やカリキュラム、学費についてもまとめて紹介しています。

通信制高校について、詳しく知りたい方はコチラのサイトをぜひ利用してみてくださいね。

鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校は茨城県にある通信制高校です。

カリキュラムが豊富で、14コースあります。

「音楽コース」から「スポーツコース」、「大学進学コース」など様々です。

国立や私立の難関大学への進学実績もあります。

あなたに合った学びのスタイルがきっと見つかりますよ。

鹿島学園高等学校は、全日制高校が運営しているため、卒業時には全日制高校と同様の卒業証書が貰えます。

通信制高校希望の方から人気のある高校です。

入学できる都道府県22都府県から入学可能
制服あり  
スクーリングあり
クラブ活動あり
鹿島学園の通信制高校では、いろいろな生徒が学んでいます。入学した理由はさまざまですが、 時間的に余裕のある環境で、それぞれの生徒がそれぞれの夢を育てています。 カシマの通信は、一人ひとりの生徒の皆さんに「カシマの通信にして良かった!」と 思ってもらえる学校でありたいと思っています。 あなたはカシマの通信で、 どんな高校生活を送りますか。主役は、あなた自身です!

第一学院高等学校

第一学院高等学校は全国から入学できます。

この高校はキャンパスが多く設置されているのが特徴です。

主要都市に50か所以上のキャンパスがあり、北は北海道、南は鹿児島まであります。

第一学院高等学校は「通いたくなる」高校を目指しているため、イベントやサポートが充実していますよ。

具体的には、在校生が学校生活をサポートしてくれたり、サークル活動やイベントが豊富に開かれたりしています。

職場体験や専門講座(アニメ、声優、美容、機械、調理、建築など)も体験できるので、将来の進路を具体的にイメージできるでしょう。

一般的な大学進学コースだけでなく、専門コースも充実しているため、自分の興味に合った勉強ができます。

入学できる都道府県全国から入学可能
制服あり  ※着用は自由
スクーリングあり
クラブ活動あり
教育理念は「1/1の教育」。一人ひとりの状況・ライフスタイルに合わせて「キャンパス通学」「オンライン」の学習スタイルを組み合わせて、自分のペースで高校卒業を目指すことが可能です。 また、自分への自信を深める「成長実感型教育」で多くの気づきを得ながら充実した高校生活を送ることができます。進化し続ける未来社会で活躍できる人材を育みます。

高校を卒業せずに大学進学したいなら「高卒認定」を取得しよう

高校を卒業せずに大学進学したいなら「高卒認定」を取得しよう

「高校へは進学しないで、大学や専門学校へ行きたい」

という方もいますよね。

このような方は、「高卒認定試験」を受けると良いでしょう。

「高卒認定試験」に合格することで、高校を卒業しなくても大学や専門学校、短大などを受験できます。

「高卒認定試験」は、高校卒業の者と同等以上の学力があると認定される試験のこと。

一般的に、事情により高校を卒業できなかった方のためにおこなわれる試験です。

ただし、試験に合格しても「高校卒業資格」は得られません。

資格を得られないため、最終学歴は「中卒(中学卒業)」です。

高卒認定試験合格後大学へ進学して卒業すれば、最終学歴は「大卒(大学卒業)」です。

この試験は年に2回に分けて実施されます。

受験科目は8科目あり、各科目とも40点以上(100点満点)取れれば合格です。

すべての科目で合格基準に達すると、「高卒認定試験合格」です。

履歴書には、「高卒認定試験合格」と書くことができます。

「高校の卒業資格取得にこだわらない」方は、高認試験に合格して高卒認定を取得するのも良いでしょう。

高校へ再入学した方がいい2つ理由

高校へ再入学した方がいい2つ理由

ここまで高校へ再入学する方法について説明してきましたが、なぜ再入学した方が良いのでしょうか。

再入学したほうが良い理由は主に2つあります。

  • 学歴による偏見がなくなる
  • 将来の選択肢が増える

上記の2つの理由について、これから詳しく紹介していきます。

理由①:学歴による偏見がなくなる

1つ目の理由は、学歴による偏見がなくなることです。

日本人のほとんどの最終学歴は、高卒以上です。

その割合は、およそ98%にも上ります。

必然的に、中卒以下の方は少数派になるでしょう。

日本社会では、学歴も人を判断する重要な要素です。

もちろん「中卒」だから悪いというわけではないのですが、他者からの印象がプラスになることは少ないでしょう。

人によっては、いざ社会人になった時に中卒がコンプレックスになることもあります。

コンプレックスを一生背負ったまま、生きていくのは嫌ですよね。

世の中、学歴だけがすべてではないですが、高校を卒業するに越したことはありません。

理由②:将来の選択肢が増える

2つ目の理由は、将来の選択肢が増えるからです。

高校を卒業することで、中卒では就けない職種へも就職できます。

高校を卒業しなければ、企業によっては相手にされないこともあるでしょう。

また、大学進学や短大・専門学校などへの進学もできます。

このように、高校を卒業することで自分の将来の可能性を大幅に広がるでしょう。

やりたい仕事を見つけても、高校を卒業していないだけで就職できないのは残念ですよね。

このような残念なことが起きないようにするためにも、高校は卒業しておきましょう。

まとめ~高校を中退しても再入学して高校卒業できる~

まとめ~高校を中退しても再入学して高校卒業できる~

この記事では、高校中退時に再入学する方法やしたほうが良い理由について、紹介しました。

以下がまとめです。

  • 高校を中退しても、再入学すれば高校は卒業できる
  • 同じ原因で退学しないような高校を選ぼう
  • 高校の卒業資格が欲しい人は、通信制や定時制の高校がおすすめ
  • 高卒認定試験に合格することで、高校を卒業せずに大学や専門学校に進学できる
  • 将来のために、高校卒業資格か高卒認定は取得しておいた方が良い

この記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

高校を中退しても、再入学をして高校卒業を目指しましょう!

通信制高校についてもっと詳しく知りたい方は、【通信制高校の基礎】授業の進め方や全日制高校との違いを徹底解説!をご覧ください。

あわせて読みたい

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ
不登校や引きこもりの子どもの面倒を見ている親は、毎日不安や焦りでいっぱいですよね。 しかし、子どもを思っての言動が逆効果を生んでいる可能性があるのです。 今回は、親の対応として実はNGなことを6つ紹介します。 子どもの長期的な幸せを願うのであれば、まずは自分自身が前向きな生活を送りましょう。 この…

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!
通信制高校に通いたいと考えている方の中には、「高校生だから制服を着たい!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 制服があると登校日が楽しくなりますし、何より私服よりも断然楽ですよね! 今回は、登校日が楽しくなるような、可愛い制服がある通信制高校をご紹介していきたいと思います! 通信制高…

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!
通信制高校に通いたい! できるだけ学費が安いところがいいのだけれども、通信制高校って実際に学費がどのくらいかかるのか全く分からない。 そんなお悩みをお持ちの方って多いと思います。 通信制高校もたくさんの学校やコースがあり、迷ってしまいますよね。 ここでは、学費をできるだけ抑えたい人に向けて、学費の…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00