【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!

通信制高校に通いたい!

できるだけ学費が安いところがいいのだけれども、通信制高校って実際に学費がどのくらいかかるのか全く分からない。

そんなお悩みをお持ちの方って多いと思います。

通信制高校もたくさんの学校やコースがあり、迷ってしまいますよね。

ここでは、学費をできるだけ抑えたい人に向けて、学費の安いおすすめの通信制高校をご紹介していきます。

通信制高校の学費は安いのか

通信制高校の学費は安いのか

通信制高校の学費は全日制の高校と同じように、公立の通信制高校を選ぶのか、私立の通信制高校を選ぶのかで大きく変わってきます。

公立と私立の通信制高校ではどのくらい違うのかについて詳しくまとめてある「 私立と公立の学費の違いを徹底解説します!」も参考にしてみましょう!

また、自宅で学習するスタイルかスクーリングと呼ばれる登校をして、授業を受ける登校日が多い通信制高校を選択するかによっても変わってきます。

つまり、選ぶ学校や学習スタイルによって学費を抑えることも可能です。

しかし、一般的に公立の通信制高校の学費は安いですが、卒業の為のサポートが充実していない場合などがありますのでご注意ください。

実際に、通信制高校の卒業率は私立の方が高くなっています。

せっかく進学した通信制高校でも卒業できなければ意味がないので、しっかりと自分に合った通信制高校を選ぶことをおすすめします。

通信制高校の学費の目安

では、具体的に公立の通信制高校でかかる学費、私立の通信制高校でかかる学費の目安を見ていきましょう。

公立の通信制高校の学費は年間3~6万円です。都道府県によって若干の差はありますが、学費にそこまで違いはありません。

ただ、先ほども述べたように、公立校は学生へのサポートはほとんどないのが現状です。

単位を取得するためだけのカリキュラムになっていることが多いので、途中でやめてしまうことがないよう、自分自身でしっかりと計画をたてることが卒業するために必要になってきます。

一方私立の通信制高校の学費は、自身の選択する学校や学習スタイルによってかなり異なりますが、年間20万~60万円が目安となってきます。

私立の通信制高校は、専門性のある分野の勉強ができたり、サポートも充実しているため学費が高くなっています。

スクーリングが多い学校も、直接授業を受けることができる回数が多いので学費は高めになる傾向があります。

学費の他に通信制高校にかかる費用

入学金

通信制高校でも、入学する際に入学金が発生することを皆さんご存知でしたか?

東京都の場合であると、公立の通信制高校に入学する際には500円の入学金が必要になります。

私立の場合は学校によって異なりますが、通信制高校への入学金として約1万円~5万円が発生すると言われています。

全日制高校の入学金は公立であれば約5500円、東京都の私立学校であれば安くて10万円となっており、通信制高校は全日制高校に比べると入学金が安く設定されているので、通信制高校の方が安く入学することができることがわかりますね。

教科書代

当たり前のことですが、私立の通信制高校に入学すると教科書を自分で購入しなければなりません。

教科書の購入に関しては、全日制高校であっても通信制高校と同じ条件になるので、費用に関してあまり差はないです。

ただ通信制高校であれば、自分が受ける授業の教科書のみが必要になるため、余計な費用をかけずに済むところが嬉しいですね。

WEB授業の場合はパソコン等の設備費

私立の通信制高校に通うと、高度なオンライン授業を受けることができる学校が存在します。

オンラインであればカフェや自宅など好きな場所で授業を受けることができるため、通信制高校に通う目的の最大の理由といえます。

しかし、オンライン授業を受けるには、パソコンの購入が必要になることやネット環境を充実させなければなりません。

パソコンもスペックや新品か中古かで金額は変わりますが、安くても4万円位は最低限予算を確保する必要があります。

1度自宅に勉強できる環境を整えることができれば、3年間同じ環境で授業を受けることができるので、1番始めにしっかりと環境を整えるようにしましょう。

公立の通信制高校の場合は通学費がかかる

公立の通信制高校は全日制高校に比べて登校日数は少ないとはいえ、定期的な通学が必要になることが多いです。

特に定期試験やレポートの提出などが私立の通信制高校と違い、オンラインで提出することができないため、通学の頻度も私立の通信制高校に比べて多くなります。

通学をする際には交通費がかかることもあり、3年間で考えると金額も相当な額になりますね。

私立の通信制高校であれば、年に数回の登校で卒業が可能な学校もあるため、公立か私立で悩んでいる方がいればスクーリングの数も一つの参考にしてみいてください。

高等学校就学支援金制度とはどのような制度なのか

皆さん、高等学校就学支援金制度という制度はご存じでしょうか?

高等学校就学支援金制度は高等学校に通う生徒に対し授業料の一部または全額を支援する制度です。

2020年度より年収約590万円未満の世帯を対象に支給金額が引き上げられました。

こちらの制度は、もちろん通信制高校に通う生徒も対象となります。

通信制高校に通う生徒の場合、公立だと月額520円。私立だと月額9900円が支給されます。

就学支援金を受けることができれば、学費が高いと考えられがちな私立の通信制高校の学費も安くなります。

また、高校生等奨学給付制度という生活保護世帯や住民税非課税世帯の高校生に対し、返済不要の給付金を支給する制度もあります。

学校によってはスポーツや学業において特待生を受け入れている学校もありますので、スポーツなどの何か実績のある方は、こういった学校を調べてみるのもいいかもしれません。

サポートやスポーツのための施設が充実している私立の通信制高校に進学したいけど、学費をできるだけ安くしたいという方は、一度上記のような支援金制度、特待生の要綱を調べてみてください。

学費が安いおすすめの通信制高校5選

ヒューマンキャンパス高等学校

勉強する専門分野も豊富で、自分の学習したいことを学習できるのが魅力的なヒューマンキャンパス高等学校。

美容やゲームなどの専門分野もあり、学べる分野はなんと40以上。

目指せる職業は100種類以上になります。

専門分野の学習には実際の現場で働くプロの講師に指導してもらうことができるので、将来の自分に向けたスキルアップもできますし、業界の流れなども肌で感じることができます。

一般通信コースの必要な費用(目安)は

  • 入学金:10,000円
  • 授業料:204,000円
  • 施設設備費用:60,000円
  • 教材費:32,000円
  • 合計金額:306,000円ほど(年間)
  • *就学支援金除く

ヒューマンキャンパス高等学校は総合学園ヒューマンアカデミーや、グループ校の大阪バイオメディカル校とも提携しており、実際の現場で使われているような最新の設備を使用しながら学習することができます。

途中入学の方には施設費や教育拡充費が半額になり、最大90,000円も学費が安くなることから、転入学を考えている方にもおすすめの学校です。

入学できる都道府県全国から入学可能です。
制服あり  ※着用・購入は自由です。
スクーリングあり
クラブ活動あり
★自分の「好き!なりたい!」を、自分のペースで好きなだけ。★ ヒューマンキャンパス高等学校は、高校の勉強をしながら、様々な分野を学べる通学型の通信制高校です。興味があればいろんなことにチャレンジできます。学べる分野は「メイク」「マンガ」「ゲーム」「声優」など40種類以上!目指せる職業は100種類以上! ★好きをきっかけに学校に通えるようになる・趣味からはじめて専門就職も目指せる!★ 自分に適した仕事や将来の夢がだんだん見えてきますので、自分に必要な勉強がハッキリしてきます。将来の進路に対するフォロー体制も万全ですので、自分のペースで無理なく勉強しながら、同じような夢を持った友達と一緒に、充実感いっぱいの高校生活をおくることができます。

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校はグループ全体で約400校以上の指定校枠があるため、卒業後に大学や専門学校への進学率が高いのが特徴的です。

授業は最先端のネット学習を使用しているので、いつでもどこでもスマホから授業を受けるというようなことも可能です。

もちろんレポート提出もネットで行うので面倒な郵送の手間も省けます。

必要な費用(目安)は

  • 入学金:50,000円
  • 授業料: 250,000円 (25単位履修の場合)
  • 施設設備費用:20,000円
  • 教育拡充費:60,000円
  • スクーリング費:65,000円
  • 合計金額:445,000円ほど(年間)
  • *就学支援金除く

進学率が高く、しっかりとした授業を受けることができるので、他の高校よりも1単位当たりの授業料は高くなっています。

登校日は最短年4日ですので、

  • 忙しくて学校にいけない
  • 好きなことに自分の時間を使いたい!

なんてお考えの方にもおすすめできる学校です。

入学できる都道府県全国から入学可能
制服あり  着る人を選ばないシックなカラーのブレザースタイル
スクーリングあり
クラブ活動あり
通信制16年目、卒業生17,000名以上の安心の実績 自分の時間を大切にしよう! 全日制高校と全く同じ「高卒資格」を取得しながら、自分のやりたいことを実現する高校です。 こんなかたにおすすめ 〇定期的な通学が苦手 〇子育てや仕事と両立 〇芸能活動/スポーツ遠征/海外留学など

翔陽学園高等学校

翔陽学園高等学校は今回紹介する学校の中でも一番学費が安い学校です。

こちらの学校は生徒の自主性、自由を重んじる校風で生徒が長所を活かすことができるようサポートをしてくれることが特長です。

必要な費用(目安)は

  • 入学金:0円
  • 授業料:200,000円(25単位履修の場合)
  • 設備利用費:50,000円
  • 合計金額:250,000円ほど(年間)
  • *就学支援金除く

通信制高校では珍しい保護者会もあり、生徒だけでなく保護者からの情報交換も行うことで、より充実したサポートを行うことができます。

職業体験学習という制度も設けており、実際に体験することを通じて将来をイメージしてもらうことで、生徒の自立を促すという制度もあります。

入学できる都道府県福島県、新潟県、千葉県、茨城県、山形県
制服あり  購入は自由です。
スクーリングあり
クラブ活動あり
自分なりの高校生活を楽しみ、自分の良いところや好きなところに気づき、それを伸ばしてほしい。卒業までに自信をつけて、明日に向かって前向きに歩き出してほしい。それが翔洋学園のいちばんの願いです。 翔洋学園は、好きな時に学校に通い、友だちと遊んだり、時には先生と語りあったり、気が向いた時に勉強したり、又アルバイトをしたり、自由に過ごしています。だからこそ夢や目標を見つけたとき、進路を真剣に考え出したとき、一人ひとりが自ら動き出し大きな成長を見せてくれるのです。 入学を考えている皆さんは、何かしら今の環境に息苦しさを感じたり、乗り越えたい課題を抱えているかもしれません。環境が変われば新しい自分を発見できます。 今どんな悩みや課題を持っていても、必ずそれぞれに合った未来があるはずです。自分を知り、長所を伸ばし(自分育てをし)其の未来への夢や目標を見つけそれを実現する力(明日力)を私達と一緒につけていきましょう。 翔洋学園は全力で皆さんを支援していきます。

日本ウェルネス高等学校

日本ウェルネス高等学校は生徒一人ひとりに対し、短く目標を設定し、復習重視の学習システムを採用しているので、勉強についていくのが不安な方でも安心の学校です。

様々な通学スタイルのある学校で、自分の希望する通学スタイルによって学費は変わってきます。

基本スタイルである、在学学習コースですと以下のような金額(目安)になります。

  • 入学金:10,000円
  • 授業料:200,000円(25単位履修の場合)
  • 教科学習費:50,000円
  • 合計金額:260,000円ほど(年間)
  • *就学支援金除く

特にスポーツに力を入れている学校で、最先端の設備でトレーニングすることができることが特徴の学校です。

編入、転校で入学をされた方はそれまでの単位を引き継ぐことができる制度もありますので、ぜひ活用してみてください。

入学できる都道府県全国どこからでも入学できます。
制服あり  
スクーリングあり
クラブ活動あり
自由な校風の中で自己のライフスタイル・目的に合わせて、週5日・週2日・在宅の3つのスタイルと、総合、ペット、スポーツ、大学進学、音楽、ビジネス、マンガ等、自分の夢に合わせて20個のコースを選べます。自分の好きなこと自主的に学びながら無理なく高校を卒業できます。また、卒業後の進路も系列の大学や専門学校への内部推薦入学制度があり、優先的に入学ができます。

飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校は通常の授業以外にも学びたいことを学べるアカデミーというものが、設けられており、将来のための準備がしっかりとできる学校です。

ベーシックコースの必要な費用(目安)は

  • 入学金:10,000円
  • 施設設備費 60,000円
  • 授業料:200,000円(25単位履修の場合)
  • 補修費:100,000円
  • 諸経費:50,000円
  • 合計金額:420,000円ほど(年間)
  • *就学支援金除く

飛鳥未来高等学校は東京ビューティーアート専門学校と提携しており、ダブルスクールで美容師の免許取得が可能な人気校です。

また、参加自由な学校行事も多く、先輩後輩との関わりを持つこともできますので友達をたくさん作りたい人にもおすすめの学校です。

入学できる都道府県北海道、宮城、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪、奈良、広島、福岡など
制服あり  希望者のみ
スクーリングあり
クラブ活動あり
飛鳥未来高校は、全国11か所の主要都市、札幌、仙台、池袋、綾瀬(足立区)、千葉、横浜、名古屋、大阪、奈良、広島、福岡の交通至便な場所にスクーリング会場があります。この通いやすい会場に、年間20日程度通うだけで、卒業が可能! また、全国に60以上の専門学校を経営している三幸学園が母体。上級学校である、医療・福祉、スポーツ、美容、製菓の学校があるから、きっとやりたいことが見つかります。さあ、あなたも飛鳥未来高校で未来を見つけよう!

全日制高校との学費の比較

全日制高校との学費の比較

全日制高校の場合は公立高校だと年間20万~30万円、私立高校だと年間で70万円くらいの費用が発生してしまうことはご存知でしたか?

最大で70万円と考えていると、決して安くない金額を学校に支払っていることがわかりますね。

単位に対して学費が発生する通信制高校と比較すると、全日制高校の学費は高くなってしまうのです。

学費の他に3年生になると大学受験のための対策費用や、学校とは別に塾に行くお金が発生することがほとんどで、費用の負担が重たくなります。

最近だと新型コロナウィルスの不況で私立に通っていた生徒が、金銭的な理由で高校に行くことができなくなってしまうこともあり、学費の問題はより現実感が増しているのです。

学費のことを考えるならば通信制高校に入学するべき

記事の前半で説明したように、通信制高校でも学費の補助を受けることができます。

学費の補助を受けられる条件は全日制高校と条件は同じなため、必然的に単位制である通信制高校の方が学費を安く済ませる事ができるのです。

通信制高校に入学して希望通りの進路に進むことができるのか、不安になってしまう人も多いですよね。

安心してください!

通信制高校の中には、美容やデザイン、アニメーションといった専門的な技術を学ぶことができる学校や難関大学への合格を目標にしている学校もあります。

高校卒業の資格を取得することができれば、どんな夢や希望も叶えることができるので学費が高い影響で高校に進学することができない学生は、通信制高校という選択肢を入れましょう。

全日制高校から通信制高校に編入した際の学費

全日制高校から通信制高校に編入した際の学費

通信制高校への入学をこの記事ではおすすめをしておりますが、現在全日制高校に通われている方は、学費や単位について「単位は引き継げるのか?」や「1年間余分に学費を払わなければならないのか?」などの不安がありますよね?

転入や編入をお考えの方に学費と単位の観点から学年別のケースについて紹介していきます。

転入・編入についてのお問い合わせもかなり増えてきているので、気になっている方も多いです。しっかりとモデルケースを確認して一番いいタイミングでの転入・編入をしましょう。

高校1年生で転入した場合の学費

高校に入学したけど学校に馴染むことができず、1年生で中退を考えている人もいますよね。

中退を考えている人でも、高校卒業の資格を取るために通信制高校への入学を検討する人も多いです。

しかしほとんどの全日制高校では学年制を採用しているため、単位を取得できるのは1年生が終わったタイミングになります。

1年生の時に編入や転入をしても1年生の単位は引き継ぐ事ができないため、注意が必要です。

もし1月や2月に通信制高校への編入を考えている人がいれば、1年生が終わるのを待ってから編入を検討しましょう。

通信制高校の学費は取得する単位に対して発生するので、2年生になったタイミングで編入・転入をした方が時間的にも経済的にも有利になります。

高校2年生から編入した場合の学費

全日制高校から通信制高校に編入した場合はもう1度、1年生からやり直さなければいけないと不安に思っている方が多いですよね。

通信制高校の場合は前の学校を中退して編入をする方も、今の高校から転入する方も単位を引き継いで入学することができます。

編入・転入前の学校の1年生の時の単位が30単位の場合は、30単位を引き継いで通信制高校で勉強することができるのです。

高校の卒業には3年間で74単位必要になるので、2年生の時に中退や転入をする学生は残り44単位を3年生までに取得することができれば、高校卒業の資格を取ることができます。

3年生に編入・転入をする生徒は、1年間で14単位を取得することができれば高校卒業の資格を取得できますね。

編入する時期と学校をしっかりと考えることで、より効率的に通信制高校を活用することができるので、しっかりと考えることが大切です。

将来美容師やデザイナーになりたい学生専門課程がある通信制高校への入学を検討しよう

将来美容師やデザイナーになりたい学生専門課程がある通信制高校への入学を検討しよう

将来美容師やデザイナーなどの、専門的な技術が必要な職業に就きたいと学生もかなり多いですよね。

一般的な選択肢として、全日制高校を卒業してから専門学校へ進学することを選ぶ学生が多いです。

しかし高校卒業後に専門学校に進学することだけが、選択肢ではありません。

通信制高校にも専門課程が用意されている学校があることはご存知ですか?

通信制高校はあまりポピュラーな選択肢ではありませんが、考え方によっては理想的な選択肢といえます。

次の章では専門課程がある通信制高校の学費と専門学校に進学し場合の学費を比べながら解説していくので、しっかりと確認しましょう。

専門課程がある通信制高校の学費は安い

専門課程がある通信制高校の学費は安い

専門課程が通信制高校の学費は年間で70万円~120万円だと言われています。

一般の通信制課程だと年間20万円~60万円となっているので、約2倍の学費が発生するといえますね。

一般課程と比較してしまうと高く感じてしまいますが、目的が国家資格の取得などであれば安いです。

次の章で専門学校と専門課程がある通信制高校との分野別の学費の比較をしているので、興味のある分野がある方は確認しましょう。

【分野別】高校を卒業してから専門学校に通った時の学費

専門学校の学費は平均して、2年間で230万円とされています。

また実習がある場合は、230万円以上の金額が発生する場合がありますね。

高校を卒業して専門学校に行くメリットとしては、選べる専門職の数が豊富に存在していることです。

特に医療系に関しては、通信制高校で基礎を身につけた上で進学していくコース歯科存在しておらず、必ず医療系の専門学校か大学への進学が必要になります。

学費に関しても医療系専門学校は高いですが、卒業すればほぼ100%の確立で就職をすることができます。

この章では専門課程がある通信制高校と比較することができる、人気の職業の学費についてまとめたので、しっかりと確認しましょう。

エステ・ネイル・美容系の学費

エステやネイル・美容のコースは、きらびやかなイメージで性別を問わず人気です。

そんな人気な美容コースですが、2年間だと233万円の学費で通うことができます。

また地方から東京の学校に進学すれば、家賃や食費がかかってきてしまい学費以外でかかる費用も多くなってしまいます。

基本的にはアルバイトをして食費等を賄う学生が多いようですが、コンクールや試験があった時は働くことができないなど不安定な要素が多いです。

またハサミ代や教科書代もかかるので、継続的にかかる費用もかなり多くなってしまいます。

専門学生の中には生活費がなくなってしまい退学してしまう学生もいるので、学費と生活費の関係は注意しましょう。

デザイン系専門学校の学費

服飾やアニメーターなどのクリエイティブな職業に憧れている人は、高校を卒業したら専門学校に進学を考えている人も多いでしょう。

デザイン系の通信制高校に進学した場合の学費は、年間130万円とされており美容系の専門学校より高くなってしまいます。

デザイン系の学校ではコンクールに出場している生徒も多く、プライベートでも練習しなければなりません。

プライベートが練習で時間が取られるので、アルバイトをする時間も少なくなってしまいます。

またパソコンで図案を作成するケースも多く、高スペックなパソコンを購入しなければなりません。

独学のための資料も必要になってくるため、参考書のお金もかかってきてしまいます。

声優系専門学校の学費

声優の専門学校の学費は、今まで紹介した専門学校の中で一番高いです。

学費は年間150万円を超えることもあり、私立の大学より高くなってしまいます。

年間150万円かかる理由として、プロの声優の講習を受けることができる点が大きいです。

声優を目指している学生は、基本的に養成所に入所して稽古を行いますが入学できる生徒の割合は2割にも満たないとされています。

また専門学校を卒業したとしてもプロとして活動していくことができる保証はなく、学費をかけたのに就職ができないケースもあるのです。

次の章で声優の専門課程がある通信制高校の紹介を行いますので、比較してみましょう。

【分野別】専門課程がある通信制高校に進学した場合の学費

専門課程がある通信制高校は、高校卒業の資格と専門的な技術の両方を身につけることができます。

専門課程がある通信制高校で高校生の間に専門的な技術を身につけることにより、早ければ10代のうちから業界で活躍することができるメリットがあります。

デメリットとしては早ければ中学生の間に将来を決めてしまうことになるので、途中での進路変更が難しくなる点です。

しかし将来の夢に対する気持ちが固まっているのであれば、学費面や年齢面で専門学校よりも優れているのでおすすめできます。

専門学校と比較していきながら、専門課程がある通信制高校の学費について紹介していくので、しっかりと確認しましょう。

エステ・ネイル・美容系通信制高校の学費

人気が高いエステやネイル・美容系の専門学校では、年間60万円の学費が発生します。

60万円が3年分なのでトータルで180万円ですね。

美容師の免許は国家資格になっており、専門課程を修了していないと国家試験をうけることができません。

全日制の高校を卒業してから専門学校へ進学すると、早くても20歳にならないと国家試験を受けることができませんが、美容の専門課程がある通信制高校を卒業していると専門学校を卒業していなくても、美容の国家試験を受けることができます。

3年時には国家試験の対策をメインで行っているので、安心して国家試験に望むことができることが嬉しいですね。

18歳で国家試験を受けることができるので、専門学校に進学するよりも最大で2年早く美容師の免許を取得することができますね。

美容師になりたい学生の関してはコストパフォーマンスが一番高いので、専門学校に進学することよりもおすすめしたい方法です。

実績がある学校であれば卒業後の就職先に関しても、紹介してもらえるので学校の先生に相談してみましょう。

デザイン系通信制高校の学費

デザイン系の専門課程がある通信制高校の学費は年間70万円となっており、美容のコースに比べて若干高めに設定されています。

年間70万といっても学費と合わせての費用となるので、高校を卒業した後の専門学校の費用よりは安く抑えることができますね!

通信制高校によっては、有名デザイナーの講義を受けることができる学校もあるので専門学校に行くよりも有意義な授業を受けられます。

ファッションなどのデザイン系の職業は流行の移り変わりが早いので、高校を卒業してすぐにデビューすることができるのは、大きなメリットです。

早く業界で活躍したい学生は、デザイン系の専門学課程がある通信制高校に入学しましょう。

声優系の通信制高校の学費

声優の専門課程がある通信制高校の学費は、約年間60万円とされています。

年間60万は声優の専門学校に比べると半額となっており、お得に声優の勉強をすることができまね。

また声優になる方法として事務所に入所して修行をする方法がありますが、オーディションがあり20%の人しか入ることができません。

通信制高校の声優のコースは門戸を広く設けており、プロの声優による講習を受けることができます。

声優の業界では若さが非常に重視されており、年齢によってチャレンジすることができる声域が変わってしまうのです。

10代で本格的な声優の教育を受けることができることは、とても貴重なことですね。

若い内に声優として活躍したい方は、声優の専門課程がある通信制高校に入学しましょう。

自分のスタイルを考えた学校選びをしよう

自分のスタイルを考えた学校選びをしよう

いかがでしょうか。

今回、学費が安いおすすめの通信制高校を五つご紹介しました。

自分の希望する通学スタイルや、学びたい分野によって学費に差はあることは事実です。

しかし、就学支援金などの制度を活用することやスポーツなどの自分の得意分野を活かすことで学費を少しでも抑えることができることも可能です。

自分が就学支援金の受給対象かどうかを一度調べてみたり、それぞれの学校の制度を調べてみてはいかがでしょうか。

また、調べるときには学費の安さだけでなく、自分がしっかりと卒業できるかどうかや学校のサポートの充実度も調べることをおすすめします。

ぜひ自分自身に合った通信制高校を探してみてください!

学費を抑える方法も詳しく紹介している「必見!通信制高校の学費を抑える方法をご紹介!」も確認しておきましょう!

あわせて読みたい

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ
不登校や引きこもりの子どもの面倒を見ている親は、毎日不安や焦りでいっぱいですよね。 しかし、子どもを思っての言動が逆効果を生んでいる可能性があるのです。 今回は、親の対応として実はNGなことを6つ紹介します。 子どもの長期的な幸せを願うのであれば、まずは自分自身が前向きな生活を送りましょう。 この…

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!
通信制高校に通いたいと考えている方の中には、「高校生だから制服を着たい!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 制服があると登校日が楽しくなりますし、何より私服よりも断然楽ですよね! 今回は、登校日が楽しくなるような、可愛い制服がある通信制高校をご紹介していきたいと思います! 通信制高…

通信制高校とは?

通信制高校とは?
通信制高校という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 言葉を聞いたことはあっても「通信制高校って気になるけどどういう学校なんだろう」「通信制高校も結局学校だから毎日通わないといけないのかな」など通信制高校について疑問に思うこともありますよね。 この記事を読めば通信制高校がどんな学校なのかと…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00