掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

[PR]

司法試験の勉強法を紹介!科目別に最短マスターの方法と学習スケジュールを解説

更新日:2024-05-15

司法試験の勉強法を紹介!科目別に最短マスターの方法と学習スケジュールを解説

司法試験に挑戦する為には、多くの法律に関する勉強をしなければなりませんが、勉強の量が多すぎて勉強の仕方に悩む人も少なくありません。

しかし、司法試験と言えば、法曹三者(弁護士・検察官・裁判官)を目標とするのであれば、司法試験は合格できなければなりません。

今回は司法試験に役立つ、司法試験の正しい勉強の仕方や試験で活きる効果的な勉強法などをご紹介していきます。

司法試験合格に必要な勉強

短答式試験の科目は、憲法、民法、刑法の3科目です。

論文式試験の科目は、以下の4つに分かれています。

科目
論文式試験
(論述形式)
選択科目
(労働法・倒産法・知的財産法・経済法・租税法・環境法・国際公法・国際私法から願書提出時に選んだ任意の1科目)
公法系(憲法、行政法の2科目)
 民事系(民法、商法、民事訴訟法の3科目)
 刑事系(刑法、刑事訴訟法の2科目)

検察官や弁護士を目指す人が司法試験に合格する為には、多くの法律に関する勉強が必要となりますが、勉強をしていると必ずどこかで行き詰ります。

そして、その行き詰まりも多くの受験生が同じ理由で行き詰っているんです。

通信講座ではその行き詰まりも、講師に直接相談する事で、新たな考え方を生み出す事が可能になります。

以下で司法試験に必要な勉強プランの立て方や勉強の仕方を参考にして、一度勉強の仕方を見直してみましょう。

勉強量よりも質を意識

法律に関する問題は、解答できるだけでなく「なぜそうなのか」「なぜそう思うのか」を主に答えられるようにならなければなりません。

教材だけでは難しいので、解らなければすぐに解答・説明が理解しやすい通信講座のカリキュラムを活用して、司法試験対策をもう一度見直しましょう。

司法試験でありがちなのは、限られた時間に多くの勉強量を意識しすぎるあまり、頭に詰め込み書く事を怠っているパターンです。

頭では記憶していても、この勉強の仕方では実際に、試験当日に答案方法が解らなかったという声は非常に多いのです。

話を聞いて理解する事はできても、自分自身で問題を考え答案にするのはとても難しい事だからです。

勉強量よりも質を意識して答案の練習を行う事、問題の解答を理解する事から始めましょう。

 


司法試験

>適切な勉強法で合格!

司法試験合格を手にする為の勉強法は資格スクエアの司法試験講座断然おすすめです。

司法試験講座はオンラインでのweb講義・パソコン・スマートフォン・タブレットなどの各種の媒体から利用でき、空き時間に適切な学習を行う事で効率の良い司法試験対策が行う事が可能になり、時間効率を意識した凝縮学習として、利用者のメリットが多い講座です。

資格スクエアの司法試験講座は「かゆい所に手が届く」と評判が良く、利用者も予備試験講座から司法試験講座へとリピートする受験生がとても多い傾向にあります。

論文上位合格者である講師が担当し、解説答案を行うので、信頼性も高く上位を目指す事も充分可能となる為、本気で合格を目指すのであれば間違いなく司法試験講座を利用するべきでしょう。

基礎学力について

基礎学力は法律に関する事案などでそれに対する分析・判断などの概念と趣旨を自然にイメージできる事です。

その基礎学力を身に付ける勉強の仕方は、これまでの過去問題を繰り返し勉強する事で身についていくのです。

通信講座での司法試験での勉強は基礎学力が自然に身に付くようにカリキュラムが組み込まれていて、当たり前の事を当たり前に解答する事が実現できます。

それは簡単ではなく、ただ覚えているだけでは身に付かない司法には必要不可欠な学力なのです。

解答する事ではなく、理解している事を意識してその説明ができるよう法律の基礎の学習は司法試験では重要な勉強となるので、基礎学力としてイメージできるように目指しましょう。


司法試験

合格を実現できる勉強法

資格スクエアの司法試験講座のメリットの1つはオンラインで24時間学習が可能となり、好きな時間に場所を選ばず、試験で必要となる知識のインプットを行える事です。

他の塾などと比較して授業時間が平均600時間が必要となりますが、資格スクエアでは300時間の学習で合格を十分に目指せるので、時間が気になる方にも凝縮された学習内容で無理無く合格まで導いてくれます。

資格スクエアの特徴であるオンラインを活用したレジュメ機能を使ってノートを取る時間も大幅に短縮が可能になるので、時間・費用・学習内容の全ての問題をクリアしてくれる司法試験講座はまさに独学に最良の学習方法となります。

初心者からも気軽に始められる司法試験講座での勉強法を利用しましょう!

司法試験の勉強の流れ

司法試験の勉強は法律知識のインプットと問題演習に分けましょう。

科目単位でインプットと問題演習を繰り返し、知識を定着させてください。

司法試験は科目によって考え方が異なり、覚える知識も膨大です。

インプットの量が多いため、すべて頭に入れるまでに時間がかかってしまいます

初めに覚えた頃の知識が頭に残っていない可能性もあるでしょう。

勉強法に気をつけて司法試験に挑んでください。

司法試験は何から勉強すればいい?

司法試験は何から勉強すればいいのか、くわしく解説します。

司法試験の勉強には科目ごとに優先度をつけましょう

科目のなかでも優先度はある程度決まっているので注意してください。

ただし、何から始めればいいかは、個人の知識量やスケジュールによっても異なってきます。

1.公法系科目

公法系科目の科目は憲法から優先して進めましょう

憲法をある程度勉強した後に、行政法に取り組むことがおすすめです。

行政法は憲法をベースにした問題も多く出題されます。

憲法では基本的な国家の体制について学ぶことが可能です。

行政法では憲法を踏まえた、より具体的な法律が選定されています。

2.民事系科目

民事系の科目は民法を先に勉強しましょう

その後、商法または民事訴訟法の順に勉強を進めてください。

商法と民事訴訟法は、民法の基礎が身についていないと理解できません。

商法を先に勉強すれば2つの勉強もスムーズでしょう。

また、学習の際は以下の点に注意してください。

  • 商法は学生にとってはあまり馴染みのない、会社経営などの場面が想定されていることが多い
  • 民事訴訟法は法律用語の暗記が必須

3.刑事系科目

刑事系科目は、刑法から刑事訴訟法の順に勉強を進めると理解しやすいです。

刑法に関する基礎的な知識を学ばなければ、刑事訴訟法の勉強がスムーズではありません。

刑事訴訟法は、刑法をもとに訴訟をどのように進めるかが問われる問題が多いです。

4.選択科目

選択科目は7つの法律科目の考え方を基本にしています。

法律の考えを一通り身につけた後に、選択科目の学習を進めましょう。

司法試験対策で、初めから選択科目を勉強することはおすすめできません。

憲法と民法と刑法の優先度

憲法と民法と刑法の優先度をまとめました。

3つの中でも憲法や刑法から勉強を始めると、スケジュールが滞りにくいでしょう。

問題では頭に入ってきやすい事例も多く、モチベーションを保ちやすいです。

3つの科目のうち、民法は圧倒的に学習量が多いです。

条例が1,000条以上あるため、インプットに時間がかかるでしょう。

勉強に挫折してしまう原因になりかねません。

法律知識のインプット方法

法律知識のインプットは、条例の趣旨から考え方を理解しましょう。

趣旨から考える思考法を身につければ、初めて見る問題でも頭に入りやすくなります。

日々の学習から、ベストな思考方法を育ててください。

司法試験に必要な法律知識の勉強方法は、学生の頃の学習とは異なります。

基本書を読んで復習するだけでは、試験で不利になってしまいます。

法律家になってからも、この思考法が身についていれば解決につなげられるでしょう。

短答式試験の勉強方法

短答式試験は、5つの選択肢の中から解答を1〜2つ選ぶ試験です。

効率的な勉強方法は以下の通りです。

  • 基礎知識をインプットする時に短答式試験の過去問を解く
  • 短答式試験は試験直前に全体を解いて対策する

短答式試験は、基礎知識があれば解ける問題が多いです。

簡単に言うと、○×形式の選択問題といえます。

インプットした知識量が多ければ、試験に有利でしょう。

論文式試験の勉強方法

論文式試験の勉強方法は以下のステップです。

  1. 論文の書き方を学ぶ
  2. 論証について覚える
  3. 論点の抽出を身につける
  4. あてはめの方法を覚える
  5. 時間内に解く力をつける

以上のステップを前提に、解答のパターンを掴みましょう

論文式試験は、論述での回答が求められます。

論文の書き方を学ぶ

論文の書き方を学ぶためには、再現答案や論述例をなるべく多くチェックしましょう。

自分が目指すべき論文の形を明らかにしてください。

他にも論文には、守るべきルールもあります。

例をあげるなら接続詞のうち「よって」というワードは、結論前に記述します。

法律文にしかないルールがあるので、気をつけてください。

論証について覚える

論文の形を覚えたら、論証について学びましょう。

判例や学者の論証をベースに理解することで、問題に対応しやすくなります。

六法に書いてある条文の解釈や、条文の関係性を理解することが重要です。

六法の解釈や関係性は、判例で示されていることが多いです。

論点の抽出方法を身につける

論証をどのような場面で使うのか、知っておきましょう。

さまざまな判例を読み込み、たくさんの問題に触れることで論点の抽出方法が身につきます。

論点を見逃さないように、どこが重要となるのかを探す力をつけてください。

司法試験の問題文は長く、事実が詳細に設定されており、論点を見逃すことが多いです。

当てはめの方法を覚える

問題を解く際には、実例を見極めて事案を判断する「当てはめの能力」が必要です。

論証を使って実際の問題を検討する力を伸ばしましょう。

論点から論証を書く能力だけでは、司法試験に合格できません。

同じような事件があってもどこが異なるのか、見極めてください。

どのような結論がベストなのか判断する力は、司法試験合格に重要なスキルです。

時間内に解く力をつける

時間内に解く力をつけることで、合格に近づけます。

スピード感を持って問題文を分析する能力は、司法試験で有利です。

論文試験は各科目2時間、選択科目3時間の中で書き上げなくてはなりません。

どれだけ問題を理解しても、早く記述を完了しなければ時間がかかってしまうでしょう。

「試験時間が足りない」といったことを避けるために、時間配分にも気をつけてください。

過去問演習のポイント

過去問から傾向を読み取ることに不安がある人には、平成18年以前の問題のチェックがおすすめです。

現行前の過去問は、分かりやすい事案やシンプルな問題が多く頭に入りやすいです。

法改正がある点に注意し、自分に合った過去問を選びましょう。

現行の司法試験は平成18年からスタートしました。

旧司法試験の過去問は、現在も市販のものが多く販売されています。

司法試験の独学合格は難しい?

司法試験の独学合格が難しい理由には、以下があります。

  • 独学には向き不向きがある
  • 問題のインプットが難しい
  • 勉強ペースの保持が難しい
  • 効果的な問題演習が難しい
  • 答案の書き方のコツが分かりにくい

そもそも独学をするためには、時間の余裕も必要です。

自分が独学に向いているか、よく考えてください。

独学には向き不向きがある

独学には向き不向きがあります。

個人である程度勉強を進められる場合は、独学もスムーズに進むでしょう。

一方で、学習スケジュールを立てる段階でつまずいてしまう人もいます。

特に社会人の中には勉強をしたくても、思うように時間が取れない人もいるのではないでしょうか。

生活や環境次第では、そもそも独学に向いていない可能性もあります。

問題のインプットが難しい

勉強のインプットが難しいことは、独学のデメリットです。

問題や知識、解答の型のインプットにもコツがあるので気を付けましょう。

予備校や通信講座では、詳しいインプット方法を指導しています。

ただ知識をインプットするだけでは、試験合格には近づけません。

司法試験は、学生の学力テストとは異なります。

勉強ペースの保持が難しい

勉強ペースの保持が難しく、独学に行き詰まる人もいるでしょう。

ひとりで勉強するとなると、学習の進捗管理が重要になります。

どれくらい知識が身についたのか、個人では判断しにくいですよね。

成長度が見えにくくペース保持が難しいことは、独学の注意点です。

効果的な問題演習が難しい

効果的な問題演習にはコツがあります。

基本書だけでは、効率的な勉強方法を学ぶことは難しいです。

試験問題文を読むコツやNG解答なども個人では判断しにくいでしょう。

予備校や通信講座であれば、効果的な問題演習の方法が身につきます。

司法試験対策に迷ったら、プロの力を借りることも重要です。

答案の書き方のコツが分かりにくい

答案の書き方のコツが分かりにくいことは、独学で気つけたいポイントです。

司法試験予備試験を合格し、司法試験を受験した人の多くは「時間が足りずに書ききれなかった」という感想を持っています。

司法試験で同じように丁寧な解答を行っていると時間が足りず、満足のいかない答案になりがちなので、論証はなるべくシンプルに簡潔に解答できるように心がけましょう。

刑事系科目では「事実認定ができているか」という点が重要視されているので、余計な解釈はそこまで重要ではありません。

なので、なるべくシンプルに分かりやすく、重要な点だけはしっかりと定義を出し答案できるようにしましょう。

勉強が難しいという方は資料請求をしてみて、通信講座で答案の書き方などを勉強するという事を検討してみてはいかがでしょうか。

司法試験

司法試験講座で勉強改革

司法試験は独自の学習スケジュールを立てることが重要

司法試験の合格の為に必要な対策や勉強法・勉強の仕方をご紹介しました。

司法試験では通常の勉強とは違う目線で学習プランを立てる必要がある事がわかりました。

これは検察官などの法律家として働く為には理解力や洞察力を必要とするので、当然と言えば当然なのですが、試験を意識するあまりにそこまでイメージできる余裕がないのも確か。

検察官を目指す社会人や学生にも、司法試験対策として人気の司法試験講座は司法試験に必要な部分を重点的に、安心して基礎から始められるように勉強法やプランの相談などにも柔軟に対応してるので、まさに適切な勉強法と言えるでしょう。

合格を目指す為の正しい勉強法として資格スクエアの司法試験講座の利用を検討し、無料の資料請求をしてみて万全の司法試験対策で試験に備えておく事が大切です。

現在資格スクエアでは、司法試験に役立つ演習書と講義教材を無料プレゼント中ですので、この機会に司法試験講座始めましょう!