掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

[PR]

資格スクエアの『宅建未来問』驚異の問題的中率78%!次世代の宅建未来問とは?

更新日:2024-02-20

資格スクエアの『宅建未来問』驚異の問題的中率78%!次世代の宅建未来問とは?

未来問は宅建試験の問題78%を的中させたことで反響を読んでいる次世代の問題です。宅建試験の合格ボーダーが7割程度のことも踏まえると未来問はぜひ、やっておきたい問題の一つ。

例年、宅建試験の合格率が15%前後ですので、簡単な試験ではありません。そんな中、約70%の的中率を誇る未来問の存在は多くの宅建受験者に希望となるでしょう。

しかし、現在では資格スクエアの宅建士講座が終了となってしまいました。

ここでは資格スクエアに変わるおすすめの通信講座のアガルートアカデミーでの宅建士の特徴やカリキュラムについて詳しく紹介していきます。

資格スクエアの宅建士講座は終了

資格スクエアの「宅建未来問」では宅建士試験の78%を的中させ話題になるなど、人気の高い講座となっていました。

宅建士資格は平均合格率が10%台と非常に難易度の高い試験となっておりますが、その問題を8割近く的中させた資格スクエアの予想問題の凄さが分かりますね。

しかし、現在では資格スクエアの宅建士講座のサービスは終了しているため、資格スクエアを利用したいと考えていた方は別の講座を探す必要があります。

前述したアガルート通信講座は宅建試験の対策において充実したカリキュラムや体制があるので、おすすめとなっています。

資格スクエアの宅建士講座

資格スクエアの宅建士講座は終わってしまいましたが、他の通信講座を検討している方は資格スクエアの宅建士講座対策と比較して吟味してみて下さい。

資格スクエアの宅建士講座の特徴やカリキュラムや特色について紹介していきます。

資格スクエアの宅建士講座の特徴は?

資格スクエアの宅建士講座の主な特徴について紹介していきます。

資格スクエアでは「未来問」という話題になった参考書など様々な特徴がありました。

資格スクエアの「未来問」

資格スクエアの「未来問」は宅建士試験の問題を78%的中させたことで反響を呼び高い人気を誇っていました。

宅建士の試験は令和3年度では全国平均が17.67%と難易度が非常に高い試験となっていますが、資格スクエアでは「未来問」のおかげもあり、優秀な合格実績を残していました。

しかし、資格スクエアの「未来問」は値段が少し高くなっており、宅建未来問の価格は税込77,000円と宅建の教材としては高くなっています。

安価で宅建士の対策をしたい方にはあまりおすすめできない値段となっています。

資格スクエアのカリキュラムの特色

資格スクエアのカリキュラムの講座はインプット講座・アウトプット・直前対策講座の3つの講座から構成されていました。

インプット講座では文字通り、宅建士の試験に必要な知識を修得出来る講座となっており、法律の本質を理解できるような講座となっていました。

アウトプット講座ではインプット講座でインプットした内容をアウトプットし、知識の深い定着できる内容となっていました。

着実に宅建士に必要な知識やノウハウを鍛えていき、テスト直前となったら、実力テストを問いて最後の確認するという一連の流れができるカリキュラムがありました。

アガルート通信講座も同様にインプットもアウトプットも直前の対策も出来る講座があるので、同じような流れで対策することができます。

資格スクエアのメリットとデメリット

次に資格スクエアを受講することのメリットとデメリットについて紹介していきます。

資格スクエアには以下のようなメリットとデメリットがありました。

メリット①:合格実績

資格スクエアのメリットは受講生の合格率が高いことが挙げられます。

受講生の宅建士試験の2019年度の合格率は約80%となっており、信頼できる通信講座となっていました。

インプット講座・アウトプット・直前対策講座の3つの講座が効果的にはまり、このような合格実績を残していました。

メリット②:合格戦略

宅建士のような国家資格は独学では合格へのスケジュールや戦略を立てるのが難しくなっています。

しかし、資格スクエアでは合格までの戦略を明確にしていました。

内容としては講座の利用方法やこの期間にはここまでを行うなどの計画が記載されており、その通り行えば確実に実力がつき合格を狙えるというものでした。

受験者は自分の学習ペースややり方に疑問を感じることなく励むことができ、さらに質問があれば回数無制限で質問することができました。

デメリット①:資格スクエアのカリキュラムの値段

メリットについて紹介してきましたが、資格スクエアのデメリットについても見ていきます。

資格スクエアの宅建士の講座のデメリットは前述しましたが、値段が少し高いことが挙げられます。

一番安いプランでも10万以上するので、手軽には挑戦出来る値段ではありませんでした。

これから紹介するアガルート通信講座は資格スクエアと似たようなカリキュラムを安価に展開しているので、他の通信講座で試験の対策を考えている方は参考にしてみて下さい。

アガルート通信講座とは

アガルート通信講座とは宅建士資格などをはじめとした難関国家資格を専門に扱う通信講座となっています。

開校した2015年から多数の資格合格者を輩出しており、資格挑戦者や受講者からも人気が高いのが特徴となっています。

アガルートでは資格合格に必要な情報だけを詰め込むようなカリキュラムと考え抜かれたテキストが使われています。

アガルートの宅建士試験のカリキュラムやその特色などについて紹介していくので、受講を考えている方は参考にしてみて下さい。

アガルート通信講座の特徴

資格スクエアの宅建士講座が終わってしまいましたが、アガルート通信講座でも充実した宅建士対策を行うことができます。

アガルート通信講座の特徴や魅力について見ていきます。

圧倒的な合格率

アガルート通信講座の最大の特徴として上げられるのは高い合格実績ではないでしょうか。

宅建士試験は難易度の高い試験となっており、令和3年度の試験では全国平均が17.67%と難易度の高さが分かります。

しかし、アガルート通信講座の受講生の令和3年度の試験の合格率は43.7%と全国平均の2.47倍と驚異的な合格率となっています。

難易度の高い試験でこのような合格実績を残せるアガルート通信講座の凄さが分かりますね。

豪華な合格特典

アガルート通信講座では合格実績が優秀となっていますが、さらに合格した後の合格特典も魅力的となっています。

宅建士資格のカリキュラムを利用した方を対象に、合格お祝い金のAmazonのギフトカード1万円分or全額返金のどちからを選んで受け取ることができます。

お祝い金の方は合否通知書データの提出と合格体験記を提出することで受けることができます。

全額返金の方は上記の条件にプラスして合格者インタビューを受けると受講代の全額返金が行われます。

実績のある豪華な講師陣

アガルート通信講座では宅建士の試験を担当する講師が非常に優秀なのも1つの特徴となっています。

プロの講師陣達は受講生が合格できるように手厚いサポートや分かりやすい解説や、使いやすいテキストを作成するために日々鍛錬しています。

そのため、受講生からの満足度も高く、優秀な合格実績を残せています。

プロからの指導やプロが監修したフルカラーのテキストは必ず受験者の宅建士試験の合格の近道となるので、受講することをおすすめします。

全国平均の2.47倍の合格率!
アガルート公式HPはこちらから

アガルートの宅建士のカリキュラムとその特色

アガルートは高い合格実績や合格特典など様々な特徴がある通信講座となっています。

ここではそんなアガルート通信講座の宅建士講座のカリキュラムについてそれぞれ詳しく紹介していきます。

【2023年合格目標】入門総合カリキュラム|宅建試験

アガルート通信講座のカリキュラムは受験者のレベルに合わせた講座が展開されているのが特徴です。

【2023年合格目標】の入門総合カリキュラムは宅建士について学んだことがない方や、初学者向けのカリキュラムとなっています。

入門総合カリキュラムの入門総合講義で基礎から合格レベルの知識をインプットさせて学習を進めていきます。

ある程度知識の定着ができたら約10年分の過去問集とセレクト解説講義で、過去問を通して実力アップと問題形式になれていきます。

最後にまとめ講座と模擬試験で実力試しと最後の確認を行って試験を迎えることになります。

【2023年合格目標】入門総合カリキュラムでは最後の最後まで合格に妥協しない構成となっており、確実に宅建士試験の合格に近づくことができます。

【2023年合格目標】演習総合カリキュラム|宅建試験

【2023年合格目標】の演習総合カリキュラムは先程のカリキュラムと違って学習経験者向けの講座となっています。

このカリキュラム受講する生徒は知識がある程度ついている方なので、知識を確実に定着するためのインプット講義と過去問演習をジグザクに繰り返す構成となっています。

また、使用されるテキストはプロが監修したテキストとなっているので受講者が疑問に感じやすい点などは詳しく解説されており、学習をスムーズに効率的に進めることができます。

独学での学習が不安な学習経験者の方は【2023年合格目標】演習総合カリキュラムを利用してみてはいかがでしょうか?

アガルートのカリキュラムで合格!
アガルート公式HPはこちらから

カリキュラムの特典で充実のフォロー制度

上記で紹介したカリキュラムでは充実したフォロー制度もついています。

宅建士試験の学習を始める際の学習導入オリエンテーションでこれからの学習の進め方などを確認していきます。

また、回数無制限の質問制度もあるのでテキストや解説でも分からなかった点をいつでも何度でも質問することができるので、分からないまま学習を進めることがありません。

さらに毎月一回のホームルームで学習進捗度の確認をすることができるので、計画性を持ってモチベーションを高く学習を進めていくことができます。

このような豪華なフォロー制度はアガルートの大きな特徴と言えますね。

アガルートの宅建士講座の特徴/カリキュラム|まとめ

資格スクエアの宅建士講座は現在サービスを終了してしまいましたが、他のおすすめの通信講座についてご紹介させてもらいました。

資格スクエアは「未来問」や合理的なカリキュラムが展開されており、魅力的な通信講座でしたが、デメリットとして少し値段が高いということがありました。

アガルート通信講座では資格スクエアと似たようなカリキュラムがあり、値段も比較的安価となっています。

また、アガルート通信講座の最大の特徴として業界でもトップクラスの合格実績や充実したカリキュラムで多くの受講生が合格を掴み取っています。

宅建士試験は決して簡単な試験ではないので、アガルート通信講座を利用して確実に合格に近づけるのも1つの手段なのではないでしょうか?

以下のリンクからアガルートの宅建士カリキュラムの公式HPを見れるので、受講を考えている方はチェックしてみて下さい。

豪華な合格特典も!
アガルート公式HPはこちらから

宅建資格の関連記事

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事