通信制高校の単位制について徹底解説!学年制と何が違うの?

通信制高校の単位制について徹底解説!学年制と何が違うの?

通信制高校では、「単位制」と言われる仕組みを用いている学校が多いです。

しかし、一般的な学校の多くは「学年制」と呼ばれる仕組みが用いられています。

そのため、「単位制ってなんだろう?」と思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では通信制高校の「単位制」について、「学年制」との違いを交えながら解説していきます。

通信制高校の単位制ってどんな仕組み?単位制の特徴を紹介

通信制高校の単位制ってどんな仕組み?単位制の特徴を紹介

通信制高校の多くは「単位制」が導入されています。

通信制高校を希望している方は、仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。

「単位制」の仕組みと、メリット・デメリットを紹介していきます。

単位制の通信制高校の仕組みについて

「単位制」は1年間で取得しなくてはいけない単位の数が決まっていません。

3年間で決められた単位を修得することで卒業できます。

1年間で取得しなくてはならない単位数が決まっていないため、基本的には単位が足りなくても留年するということはありません。

しかし、3年間で卒業までに必要な単位数が取得できていない場合、卒業ができなくなってしまいます。

また、自分の興味に合わせてある程度カリキュラムを自由に組むことができるのも単位制の特徴です。

単位制のメリット・デメリット

単位制のメリット・デメリット

単位制にも、メリットとデメリットが存在します。

単位制の特徴を理解したところで、メリットとデメリットについて紹介します!

単位制のメリット2選

単位制のメリットは、以下の2つです。

  • 自分の時間をたくさん取れる
  • 一人ひとりの環境に柔軟に対応できる
自分の時間をたくさん取れる

単位制の通信制高校でのメリットとして自分の時間をたくさん取れるという点があげられます。

単位制ではカリキュラムを自由に組めたり、通学回数も自分で決められたりするため、自由に使える時間が多いです。

自分の時間が多い分、アルバイトや趣味、夢に向かうために時間を使う方など大勢います。

学校に定期的に通うことが難しい人もいるのではないでしょうか?

そんな方でも高校卒業を取得することができるのは大きなメリットと言えます。

一人ひとりの環境に柔軟に対応できる

ほかにも、単位制の通信高校にはさまざまな人に対応できる環境が整っている点がメリットであげられます。

単位制の通信高校では、「不登校になってしまった方」「若いころに高校に通うことができなかった方」「事情があり、毎日の登校が難しい方」などといったさまざまな方が通っていることも特徴です。

そのため、「学年制」の学校に比べて、生徒に対して柔軟にサポートができる環境が整っています。

相談しやすいカウンセラーが在籍しており、学校に登校しなくても、自宅からレポートを提出できるなどの仕組みが整っています。

サポート体制の充実によってさまざまな人に対応することができ、どんな人でも学ぶことができるのはメリットの一つです。

単位制のデメリット2選

単位制のデメリットは、以下の2つです。

  • クラスメイトと一緒にいる時間が少ない
  • 計画性が求められる
クラスメイトと一緒にいる時間が少ない

単位制の通信高校のデメリットとして、「クラスメイトと一緒にいる時間があまりとれない」という点があげられます。

通信制高校では、全日制の学校に比べると登校する日数が少ないです。

クラスなどもはっきりと決まっていないため、必然的にクラスメイトや先生との時間が少なくなってしまいます。

しかし、生徒数が少ないため先生とクラスメイトとの距離が近いです。

そのため、一人ひとりに合わせた対応ができ、通常の学校よりも密なコミュニケーションを取ることができます。

計画性が求められる

単位制では自分で授業を組む分、計画性が必要です。

自由に授業を受けられるというメリットがある分、好きな授業だけを選択していると将来の進路選択の幅を狭めてしまいます。

3年間で必要な単位をバランスよく取れるように、自分で履修を計画する力が求められます。

通信制高校で、一年で取得できる単位については、【徹底解説】通信制高校の一年間で取れる単位数という記事もチェックしてください!

学年制ってどんな仕組み?学年制の特徴を紹介

学年制ってどんな仕組み?学年制の特徴を紹介

続いて、「学年制」について紹介していきます。

全日制の学校では「学年制」の学校が多いため、イメージできる方も多いのではないでしょうか?

改めて、「学年制」について詳しく説明します。

学年制の仕組みについて

「学年制」は、「単位制」とは違い、1年間で取得しなければならない単位の数が決まっています。

1年間で決められた単位を修得できない場合、留年してしまいます。

留年をしてしまうと、1個下の学年の人たちと授業に参加しなくてはいけません。

単位制とは違い、すべての単位を1年間で修得することで、次の学年に進級することができます。

学年制のメリット・デメリット

学年制のメリット・デメリット

一般的に多い「学年制」にも、メリットとデメリットが存在します。

「学年制」でのメリットとデメリットについて紹介していきます。

学年制のメリット2選

学年制のメリットは、以下の2つです。

  • 学校の数が多く選択肢が広い
  • 友達が作りやすい
学校の数が多く選択肢が広い

学校の中で最も多いのが「学年制」です。

そのため、学校の数も多く選択肢が広がるというメリットがあります。

家の近くの高校や、大学進学に強い高校など、自分の将来に合わせて高校を選ぶことができます。

友達が作りやすい

学年制では基本的に週5日間毎日通学します。

そのため、学校行事や部活動なども盛んで友達が作りやすい環境が整っています。

クラスも決まっており毎日同じ授業を受けるため、コミュニケーションを取る機会も多く仲が深まりやすいです。

学年制のデメリット2選

学年制のデメリットは、以下の2つです。

  • 留年がある
  • 自由な時間が少ない
留年がある

「学年制」では、1年ごとに単位が足りていないと留年になってしまう恐れがあります。

「単位制」では、学年ごとに留年はありませんが、「学年制」では存在します。

休みがちになってしまったり、テストに合格できなかったりすると、単位が修得できません。

自由な時間が少ない

また、「学年制」では「単位制」に比べて自由な時間が少なくなってしまいます。

朝から夕方まで学校で時間割が決められており、学校によっては拘束が厳しいところも多いです。

学校が遠いと通学にも時間がかかるので、結果的に自由に使える時間は少なくなります。

単位制と学年制の違いは単位を修得するペース

単位制と学年制の違いは単位を修得するペース

「単位制」と「学年制」の大きな違いとして挙げられるのは、単位の修得するペースの違いです。

「学年制」の場合は、1学年ごとに取得しなくてはいけない単位数が決まっています。

それに比べて、「単位制」の場合は決まっていません。

3年間で決められた単位を取得することができれば、卒業できます。

自分で学習ペースを決められるかどうかが「単位制」と「学年制」の大きな違いです。

単位制の通信制高校が向いている人の特徴

次に、単位制の通信高校が向いている人の特徴について紹介していきます。

単位制の通信制高校には様々な特色があるため、自分に合っているのか確認してみましょう。

興味に合わせて科目を選択していきたい人

多くの単位制の通信制高校では、興味に合わせて科目を選択していくことが可能です。

そのため、自分で時間割を調整して自分が好きな科目に注力して選べることができます。

通信制では様々な選択科目があり少人数での授業も多いので、自分で科目を選択したい人はおすすめです。

自分のペースで学びたい人

単位制の通信制高校では、自分のペースで授業を決めることができます。

基本的に学年の区別がありません。

3年間で必要単位を取得することができれば卒業できるため、自分のペースで学びたい人にはおすすめです。

クラスや学年に縛られたくない人

生徒は様々な人たちが在籍しており、それぞれ自由に科目を選択します。

一般的な学校のように「クラス」がないため、集団行動や人間関係が苦手という方は過ごしやすいです。

学年制が向いている人の特徴

学年制が向いている人の特徴

一般的な学校で採用されている「学年制」。

「学年制」が向いている人の特徴を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

学校に決められたペースで学びたい人

「単位制」とは違い、学校に決められた科目を受けることができます。

学校側がある程度、時間割を統一して作ってもらうことができます。

自分で計画して授業を決める必要はないですし、幅広い知識を付けていきたい方におすすめです。

毎朝決まった時間に登下校したい人

基本的には毎日、生徒全員が同じ時間に登下校をします。

生活リズムを意識して、決まった時間で過ごすことが学年制の学校では可能です。

「単位制」は人によって登校時間が異なるため、毎日同じ時間で生活をしていきたい人は「学年制」の学校がおすすめです。

行事や部活動に積極的に参加したい人

体育祭や文化祭、部活動などに積極的に参加したい方は「学年制」がおすすめです。

単位制の通信制高校では生徒全員が集まれる機会が少ないため、行事や部活動は単位制の学校に比べると減ってしまいます。

クラスメイトと積極的に行事や部活動に参加していくことを目的としている方は、「学年制」の学校を選択するといいでしょう。

単位制の通信制高校を卒業するためには何が必要なの?

単位制の通信制高校を卒業するためには何が必要なの?

単位制の通信制高校では、卒業をするために一定の条件を満たさなくてはいけません。

卒業をするための必要要件を詳しく紹介いたします。

単位制の通信制高校に興味のある方はチェックしておきましょう。

74単位以上を修得する必要がある

卒業の必要単位として、74単位を修得する必要があります。

しかし、「単位制」のため、学年の枠にとらわれることなく自分のペースで取得することが可能です。

3年以上かけて、74単位以上を修得することも問題ありません。

3年以上の在籍が必要

単位制の通信高校に限られた話ではありませんが、高校の卒業資格を取得するためには、「3年間以上の在籍が必要である」と学校教育法で決められています。

また、1年間で修得することができる単位数に上限があるため、どれだけ早く単位を修得しても、3年間以上在籍しなくては卒業ができません。

30単位分の特別活動を行う必要がある

単位制の通信制高校では、30単位分の特別活動への参加が必要です。

特別活動とは、授業以外の学校行事のことを指します。

清掃活動やボランティアなどさまざまな人との関りが必要です。

特別授業を通じて協調性を高める目的があり、ほとんどの単位制での学校で用いられています。

自分に合った学校を見極めよう!

自分に合った学校を見極めよう!

高校には、「単位制」「学年制」などさまざまな学校が存在しています。

間違った選択をしないためにも、自分に合った学校を見極める必要があります!

数ある学校のなかから自分に合う学校を選ぶためには、その学校の仕組みや特徴を細かくチェックして、調べておくようにしましょう。

学校選びは誰しも迷ってしまいますよね。

自分一人で悩むのではなく、親や先生、友達など周りに相談するとアドバイスをもらえるはずです。

自分自身を見つめなおして、自分に合った学校はどこなのかを明確にすることで、学校選びを成功させることができます。

通信制高校を選ぶ際には、通信制高校を比較する際のポイントとは?ジャンル別のおすすめも紹介!という記事もチェックしてください!

将来のためにも、目標とする志望校に入学できるように頑張りましょう!

あわせて読みたい

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ
不登校や引きこもりの子どもの面倒を見ている親は、毎日不安や焦りでいっぱいですよね。 しかし、子どもを思っての言動が逆効果を生んでいる可能性があるのです。 今回は、親の対応として実はNGなことを6つ紹介します。 子どもの長期的な幸せを願うのであれば、まずは自分自身が前向きな生活を送りましょう。 この…

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!
通信制高校に通いたいと考えている方の中には、「高校生だから制服を着たい!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 制服があると登校日が楽しくなりますし、何より私服よりも断然楽ですよね! 今回は、登校日が楽しくなるような、可愛い制服がある通信制高校をご紹介していきたいと思います! 通信制高…

通信制高校とは?

通信制高校とは?
通信制高校という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 言葉を聞いたことはあっても「通信制高校って気になるけどどういう学校なんだろう」「通信制高校も結局学校だから毎日通わないといけないのかな」など通信制高校について疑問に思うこともありますよね。 この記事を読めば通信制高校がどんな学校なのかと…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00