掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

[PR]

法学検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

更新日:2024-03-03

法学検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

法学検定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、法学全般に関する検定資格です。
法学検定試験資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
法学検定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、法学検定試験になるには?法学検定試験なるためには?法学検定試験になりたいを応援しております。

法学検定試験に必要な知識・受験資格

法律学の知識・能力などが必要となります。

法学検定試験の資格は「公益財団法人日弁連法務研究財団」が運営管理を行っております。

公益財団法人日弁連法務研究財団とは:
平成10年に設立されました。法実務の研修・法及び司法制度の研究・法情報の収集と提供を目的としています。

法学検定試験の仕事内容

入門的な「ベーシック」、中級者向けの「スタンダード」、そして上級者向けの「アドバンスト」の3コースから、自分の実力に合った検定を受験することができ、法曹界や企業などの法律実務で活躍するために必要な知識が認定されます。

法学検定試験資格の勉強法

法学検定試験対策の勉強方法の代表的なのが通信講座・通信教育など予備校を利用して勉強を進めるという手法です。お金は独学と比較して若干多く掛かってしまいますが、効率的に考えると通信講座の利用はメリットが大きいと思います。

法学検定試験の専門学校・通信講座

法律学科の専門学校があります。

法学検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

法学検定試験の資格試験料

受験料はアドバンストコースが9,900円、スタンダードコースが6,600円、ベーシックコースが4,400円となります。

法学検定試験試験・検定の年間試験回数

各級年に1回、11月下旬ごろに実施されます。

法学検定試験試験科目等の内容

試験はアドバンスト(上級)コース、スタンダード(中級)コース、ベーシック(基礎)コースがあります。アドバンストコースの試験内容は、法学基礎論、憲法、民法、刑法が出題されます。選択科目AとBがあり、選択Aでは民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、行政法が出題され、選択Bでは労働法、倒産法、経済法、知的財産法が出題されます。スタンダードコースの試験内容は、法学一般、憲法、民法、刑法が出題されます。選択科目Aがあり、民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、行政法が出題されます。ベーシックコースの試験内容は、法学入門、憲法、民法、刑法が出題されます。

法学検定試験資格の難易度

難易度はアドバンストコースが普通、スタンダードコースとベーシックコースがやや易しいとなっています。

法学検定試験資格の合格率

2023年に実施された法学検定試験の合格率はアドバンストコースが27.5%、スタンダードコースが56.2%、ベーシックコースが64.7%となっています。

出典:公益社団法人商事法務研究会 2023年法学検定試験試験結果

法学検定試験試験の合格発表

合格発表は法学既修者試験が8月上旬、アドバンストコース、スタンダードコース、ベーシックコースが1月上旬に発表されます。

法学検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

法学検定試験所持者の職業例

一般企業など幅広く活躍できます。

法学検定試験に向いている人

法律を勉強したい方に向いていると思われます。

法学検定試験と同じ分野の他の資格

司法試験、ビジネス実務法務検定、公認会計士、弁理士

法学検定試験の年収・給料相場

年収のデータがありません。

法学検定試験の現状

特定の部署、仕事に従事するためにどうしても必要な資格というものではありません。就職や転職において全く役に立たないかと言われればそうではありませんが、法学検定そのものの知名度がまだまだ低いというのが現状です。

法学検定試験の将来性

法学的要素を身につけた人材は価値が高いです。就職・採用試験時に法学検定試験の実績を参考資料として取り入れている企業なども増えてきており、人事異動や採用の際の能力評価の参考にする企業が増えてきています。

法学検定試験の独立について

この検定は独立をするための資格試験ではないので、独立は難しいでしょう。

法学検定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事