掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

[PR]

土地家屋調査士に転職はできる?年齢や未経験者が転職する方法も詳しく紹介!

更新日:2023-11-28

土地家屋調査士に転職はできる?年齢や未経験者が転職する方法も詳しく紹介!

土地家屋調査士は国が認める国家資格で、不動産分野のプロフェッショナルとして登記といった様々な手続きを行うことが出来ます。

未経験の状態の方であったとしても、土地家屋調査士の事務所に就職や転職をすることが出来るのでしょうか?

また、就職や転職を狙う場合どのように動けば良いのか気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

今回の記事では土地家屋調査士への就職や転職が可能なのかや、スムーズに就職・転職する方法などについて詳しくご紹介していきます。

土地家屋調査士講座ならアガルート!

アガルートアカデミー通信講座

土地家屋調査士合格を目指すならアガルートアカデミーがおすすめです!

フルカラーテキストと動画講義で、初学者の方でも始めやすいカリキュラムになっています。

令和3年度の合格率は36.76%と全国平均の3.51倍だったり、一発受験での合格者全国一位など、多くの実績を出しています。

合格者には受講料全額返金も!
アガルートで最短合格を目指す

土地家屋調査士には就職・転職できる?年齢は関係ある?

まず初めに結論としては、異業種、未経験から出会っても土地家屋調査士への就職・転職は十分に可能です。

しかし一般的な企業の場合年齢によって就職・転職の幅は変わってきますよね。

そこで最初に土地家屋調査士の就職や転職において年齢は関係あるのかについて紹介していきます。

また、何歳までに資格の修得をするべきなのかや土地家屋調査士の平均年齢についても見ていきます。

結論から言えば土地家屋調査士に年齢はあまり関係なく、若い時に取得しても後から取得してもどちらもメリットがあります。

土地家屋調査士の平均年齢は?

土地家屋調査士の平均年齢は56歳となっています。

一般的な定年退職に近い年齢となっていますが、土地家屋調査士は事業形態が個人事業主となっているので資格を保持している限り、定年退職などはありません。

そのため幅広い年齢層の土地家屋調査士が存在しており、下は20代から上は80代の調査士が現役で活躍しています。

未経験から土地家屋調査士に就職・転職をする方も多く、多くの方に活躍のチャンスがある資格となっているようです。

40代・50代で転職を目指す場合

結論から言えば40代や50代であっても土地家屋調査士に就職・転職をするには可能です。

2015年に公開されている土地家屋調査士試験の年齢別合格者のデータを見ても年齢に関係なく土地家屋調査士として活躍できることが分かります。

合格者年齢層 割合
30代 8.9%
40代 22.5%
50代 21.9%
60代 33.9%
70代 12.7%

上記のような過去の合格者分布を見ても分かるように40,50代であっても可能性として十分に転職は可能となっているので、年齢を理由に選択肢が減ることはありません。

ただ長く土地家屋調査士として活躍を狙うのであれば、少しでも早く試験を受けた方が吉とも言えます。

就職・転職のために何歳までに資格を取得するべき?

土地家屋調査士には資格取得において年齢制限はなくどのタイミングでも資格を取得することができます。

土地家屋調査士の転職においては年齢はあまり関係なく、未経験の領域でも誠実に業務に当たれるかといったマインド面が見られる事も多いようです。

もちろん、早く取得するに超したことはありませんが土地家屋調査士の資格保有者は年齢層が高めなので、自分の年齢を理由に諦めるのはおすすめしません。

体力面や転職することなども考えると30代の内に資格を取っておくと良いですね。

30代から資格を取得したとしても業界の中では若手なので、企業からの需要は高くなっています。

土地家屋調査士の主な就職先や転職先は?

土地家屋調査士 転職 就職

幅広い年齢の方が挑戦できる土地家屋調査士ですが、具体的な就職先や転職先としてはどのような候補が挙げられるのでしょうか?

就職と転職で働く場所に差が生まれるのかなども調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください!

就職と転職で勤務先は変わらない

実際の求人を見てみると分かりますが未経験からでも挑戦できるケースが非常に多いため、就職と転職で勤務先の違いは生じないことがわかっています。

土地家屋調査士は独占業務を持った安定して稼げる資格ですが、その分働き先はいくつかの選択肢に絞られるようです。

土地家屋調査士はここ数年で盛り上がる分野と言われており、現在では就職や転職で入ってきた未経験の方でも積極的に挑戦することができます。

実際に就職や転職で土地家屋調査士としてデビューする際には、下記のような勤務先が考えられるでしょう。

考えられる就職先・転職先

就職や転職で土地家屋調査士に挑戦する方の選択肢としては何が考えられるのでしょうか。

基本的には以下のような場所が勤務先として考えられ、行う業務は基本的に測量や登記など共通していることが多いです。

・土地家屋調査士事務所(法人/個人)
・建設会社
・コンサル
・測量会社

基本的には事務所で働く方が最も多いですが、自分の専門性などを磨きたい方などがそれ以外の選択肢を取ることもあるようです。

また土地家屋調査士としての1つのゴールとして独立という選択肢もありますので、気になる方はこちらの記事もご覧ください!

土地家屋調査士の独立・開業はあり?気になる年収や初期費用についても徹底解説!

土地家屋調査士としてスムーズに就職・転職する方法は?

土地家屋調査士は年齢は関係なく就職や転職ができること説明しましたが、試験に合格した後は具体的にどのようなルートで何を利用すれば良いのでしょうか?

ここでは、土地家屋調査士への就職や転職の具体的な方法やルートについて詳しく紹介していきます。

エージェントを活用する

就職先や転職先を探す方法の1つとして、土地家屋調査士を専門としているエージェントを利用してみるのがおすすめです。

仲介料はかかってしまうものの、自分の経歴やスキルにあった転職先を変わって提案してくれるので内定率も大幅に上がります。

エージェントの多くで書類作成の援助や面接対策も行えるので魅力は多くなっており、ご自身の希望に寄り添った求人を紹介してもらえるかもしれません。

就職で土地家屋調査士になる方にもおすすめの選択肢で、実際に働き始めるまでの多くの手間を削減できる可能性があります。

求人サイトを利用する

2つ目の手段として、就職・転職者向けのサイトを利用する方法が存在します。

最近は様々なサイトがあり、土地家屋調査士の専門のエージェントではなくでも求人情報がある場合が多々見られます。

実際は登録しないと見れない求人情報があるので、しっかりとサイトに登録してから土地家屋調査士の求人情報がないか見てみましょう。

就職者、転職者を問わない求人等も多く見られるため、登録後は定期的な情報収集がオススメです!

求人に直接応募する

先ほどは土地家屋調査士の就職先をご紹介しましたが、その代表例である土地家屋調査士事務所などが街頭の広告や紙面などで求人を行っていることもあるようです。

未経験でも安心して挑戦できる研修が整っていることが多いため、合格したての就職者の方や未経験の転職者の方でも心理的なハードルが低く応募できるかもしれません。

また就職、転職先に直接応募することのメリットも存在しており、エージェントや求人サイトを仲介していないからこそスムーズな選考が受けられるとの声も聞こえました。

これから土地家屋調査士として就職や転職をされる方は、複数の視点を持って働く先を見つけるのをお勧めします!

土地家屋調査士会の求人募集を利用する

地域の土地家屋調査士を統括している土地家屋調査士会が求人を募集していることがあります。

例えば東京の土地家屋調査士会では数十件もの求人が紹介されており、就職か転職かを問わずその地域の案件に絞って探すことができるのです。

基本的にはページに載っている事務所へ直接電話をして応募するというケースになります。

ただ既に採用が決定している場合などもあるようですので、迷われている方はすぐに連絡してみるのがお勧めです!

土地家屋調査士資格を本気で取りたい方はアガルート

これまで、土地家屋調査士の転職に関する情報について詳しく紹介してきました。

まずは資格の修得を最優先事項として行わなければなりませんが、土地家屋調査士は比較的難易度の高い国家資格となっているので十分な対策が必要となってきます。

独学で行えば費用はあまりかかりませんが、合格するためにはかなりの努力が必要になります。

独学が不安な方は通信講座を利用してみるのも1つの手段となっています。

アガルート通信講座は土地家屋調査士資格において高い成績を誇っているので、詳しく紹介していきます。

信頼できる合格率

アガルート通信講座は令和3年度の土地家屋調査士の試験において高い合格実績を誇っているのが大きな魅力となっています。

土地家屋調査士の試験の全国の平均合格率は10.47%となっていますが、アガルートでは全国平均の2.72倍の36.76%の合格率という驚異的な合格を誇っています。

また、一発合格が難しい土地家屋調査士試験ですが令和3年度のアガルート受講生の28.46%は初回の受験で合格しています。

難易度の高い土地家屋調査士の試験でこれだけの結果を出しているアガルートは信頼できる通信講座となっていますね。

アガルートの合理的なカリキュラム

アガルートでは合理的なカリキュラムが行われており、自分の学習レベルに合わせた講座を選択することができます。

初めて土地家屋調査士の学習を始める方、一度受験して落ちてしまい合格のレベルにもっていきたい上級者向けなど自分のレベルに合ったカリキュラムを利用して見て下さい。

また、単科講座もあり自分の苦手分野を克服したい方向けにおすすめとなっています。

プロ講師とのマンツーマン指導も

通信講座には珍しくプロ講師とのマンツーマンの指導が受けられることもアガルートの通信講座の大きなメリットとなっています。

マンツーマン指導を行ってくれるプロ講師は土地家屋調査士試験を知り尽くした講師で、個人にあった学習方法や学習スケジュールを提案してくれるため、効率よく学習を進めることができます。

プロ講師から指導を受けて確実に合格に近づきたい方はアガルート通信を利用してみるのがおすすめとなっています。

全国平均の約3倍の合格率!
アガルートの公式サイトはこちらから!

土地家屋調査士として就職、転職するなら|まとめ

いかがだったしょうか?今回は土地家屋調査士の就職や転職についてまとめました。

土地家屋調査士へのて就職や転職は年齢に関係なく挑戦することができ、就職や転職をする方法も多数存在します。

しかし、土地家屋調査士試験の難易度は優しくありません。

アガルートアカデミーでは多くの受講生が一回での合格を決めており、高い合格実績を誇っているのが特徴です。

独学での資格対策が不安な方はアガルートのような通信講座を利用してみるのがおすすめです!

プロ講師とのマンツーマン指導も!
土地家屋調査士を目指すならアガルート!
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事