掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

[PR]

衛生管理者を独学で取得する場合の期間は?試験の難易度と勉強方法も伝授

更新日:2024-05-26

衛生管理者を独学で取得する場合の期間は?試験の難易度と勉強方法も伝授

衛生管理者とは、働く人の労働災害や健康障害を防ぐために働く場所の衛生管理をする人です。

職場で衛生管理者に選任され、資格を取得しなければならない人もいるかもしれません。

では、国家資格である衛生管理者の資格は、独学でも取得できるのでしょうか。

ここでは勉強方法や学ぶ期間、試験の難易度について解説します。

    この記事で分かること

  • 衛生管理者は独学で取得可能?
  • 衛生管理者取得までの勉強時間
  • 衛生管理者を取得するための独学勉強法

衛生管理者の試験に必要な受験資格は?日程と費用はいくら?

衛生管理者とは?

50人以上のメンバーで働く職場では、必ず”衛生管理者”を選任することが義務づけられています。

衛生管理者とは、働く人の労働災害や健康障害を未然に防ぐため、働く場所の衛生全般を管理する人のことです。

まずは衛生管理者の仕事内容を見ていきましょう!

衛生管理者の仕事

衛生管理者の仕事は、主に作業環境を管理すること、労働者の健康を管理すること、労働衛生教育の実施、働く人の健康を保持・増進するなどです。

衛生管理者は、少なくとも週に1回は作業場などを巡視して、照明や温度が適切か、騒音がないか、設備や作業方法についてもチェックします。

さらに医師の指示のもとで、定期的に行なわれる健康診断や身体に害を及ぼす恐れのある業務につく人への特殊健康診断を行い、働く人の健康状態を把握します。問題が発見された場合、処置を施すことも衛生管理者の大切な役割となっています。

責任重大の任務ですが、現在はこの資格を持っている人が不足しているのが現状です。

それゆえ、設置できていない企業も多くあるので、ぜひ資格を取得して職場の力になりましょう。

衛生管理者の資格を持っているメリット

「職場で資格を取るように言われたから、仕方なく取得する…」と、プレッシャーでガックリ肩を落としている人もいるかもしれません。

しかし、衛生管理者の資格を持っていると、実に様々なメリットがあります。

資格を持っているメリット

  • 資格手当がつく場合がある
  • 転職の際に有利になる
  • 定年後も有利になる

それぞれのメリットについて紹介していきます。

資格手当がつく場合がある

資格手当をもらうことができるのも、衛生管理者の魅力のひとつです。

手当の金額は会社によって違いますが、一ヶ月で3千円〜5千円というところが多いようです。

わりと多い額を支払ってくれる会社でも、1万円くらいだとされています。(※資格手当がつかない場合もあるので、職場に確認してください。)

転職の際に有利になる

前述のとおり、衛生管理者の資格を取得している人は不足しています。

そのため、設置義務を果たせていない企業からすれば、すぐにでも欲しい人材です。

転職や、資格を活かして働きたくなった時に即戦力となるでしょう。

定年後も有利になる

現在は定年退職後も、再就職をしてバリバリ働いている方が多くいます。

そのような中で衛生管理者の資格を持っていると、職場での経験も豊富であることから重宝されることが多いでしょう。

衛生管理者の資格は独学でも取得可能?

衛生管理者の資格は、独学でも取得可能な資格です。

大勢の労働者の健康について考える仕事とあって、衛生管理者の資格取得は難易度が高そうなイメージがあります。

しかし、合格に定員がないため、6割の正解率であれば合格できるのです。

さらに、問題はすべて選択解答となっているので、試験対策ができていれば合格できる可能性は高いでしょう。

試験は月に1〜3回と多めに行われるため、自分の都合に合わせて受験することができます。

衛生管理者資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

受験資格が必要

衛生管理者は独学でも合格は可能ですが、受験資格が定められています。

主な受験資格は、以下の通りです。

  • 大学または高等専門学校を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
  • 高等学校または中等教育を卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
  • 10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者

学歴もしくは実務経験が10年以上あることが試験を受験するためには必要になります。

衛生管理者の資格を勉強する期間は?

会社からすぐにでも衛生管理者の資格を取るように言われた方で、1ヶ月という短い期間で取得した人もいるようです。

会社から「絶対に取ってほしい」という重いプレッシャーをかけられていることもあるためか、他にも独学で数ヶ月という期間で取得したという声が多いのもこの資格の特徴です。

「いつでもいい」と言われるとだらけてしまいそうですが、逆にこうした重圧によって「最短の期間で頑張ろう!」と自分が燃えられるのであれば、いいことかもしれませんね。

衛生管理者の資格取得におすすめな独学勉強法

衛生管理者の資格を独学で取得した人たちは、どのような勉強方法をとったのでしょうか。

資格取得におすすめな独学勉強法

  • 参考書やテキストを活用する
  • 講習会に参加する
  • 過去問を解いてみる

ここでは、合格者がすすめる勉強方法を紹介します。

参考書やテキストを活用する

衛生管理者に関する知識が身につく参考書やテキストを活用しましょう。

試験の出題傾向を把握するためには、最新の参考書を活用してインプットすることが重要です。

一通目を通した後は、簡単に解答できた問題には「◯」、悩んで解答したものには「△」、間違えてしまった問題には「×」と記入しておきましょう。

問題集を解き終えたあと、自分はどんな問題が得意で何が苦手なのかが自然と見えてくるはずです。

内容をすべて把握する必要はありませんが、大まかな内容を理解し、頻出問題の対策はしっかり行う必要があります。

講習会に参加する

合格者のひとりは、会社に講習会の案内が来るという方は一度参加することを勧めています。

講習会に参加すると、テストに出る要点をまとめたテキストを貰えるそうです。確かにテキストを貰えれば、その後はじっくりと読み込んで集中して独学に取り組むことができますね。

さらに、講師に勉強方法を直接聞くのも良いとアドバイスしている人もいます。

もちろん、すべての方が講習会に参加できるわけではないでしょう。独学一本で受験される方は、市販でもテキストが購入できるので、自分に合ったものを探してみてください。

過去問題を解いてみる

独学で専門用語や大切な単語を覚えるにあたり、過去問題は有難い存在です。

無料で問題を解けるほか、すぐに正解が分かって解説までしてくれるサイトもあります。

合格者は、試験の傾向を知るためにも過去問題にチャレンジしておいた方がいいと話しています。

とくに誰にも勉強を教わらずに独学で受験する場合は、まったく試験に関係ないところを勉強してしまったということがないようにするためにも、一度は過去問題のサイトを見ておきたいですね。

独学で衛生管理者の資格取得を目指すメリット

独学で衛生管理者の資格取得を目指すメリットは以下の2点です。

独学で資格取得を目指すメリット

  • 費用を抑えられる
  • 自分のペースで学習が進められる

独学の最大のメリットは、やはり費用を抑えられる点でしょう。

ここでは、独学で資格取得を目指すメリットについて解説していきます。

費用を抑えられる

独学では、通信講座や専門学校では必要となる受講料や入学金は不要です。

通信講座や専門学校では、受講料や入学金を含めると数十万円の費用が発生するため、誰でも気軽に利用できるものではありません。

一方で、独学で必要となる費用は参考書と受験料のみです。

最近では、ネットで気軽に学習できるアプリの利用やテキストの閲覧もできるため、資格取得までにかかる費用をかなり軽減できます。

自分のペースで学習が進められる

自分のペースで学習が進められることも独学のメリットでしょう。

独学は、自分で学習計画を立て、スケジュール管理の元で勉強を進めていきます。

そのため、ライフスタイルに合わせて勉強時間の確保ができるのです。

専門学校を利用する場合は、決められた時間に講義を受講しなければなりません。

働きながら資格取得を目指す人は、時間の確保は容易ではないため、自分のライフスタイルに合わせて学習が進められる独学の方が向いているでしょう。

独学で衛生管理者の資格取得を目指すデメリット

独学で衛生管理者の資格取得を目指すデメリットは、以下の2点です。

独学で資格取得を目指すデメリット

  • 気軽に質問ができない
  • 効率よく学習が進められない場合もある

独学では、良くも悪くも自分一人で学習を進めていくため、モチベーション維持や分からない問題の対処法などが課題となります。

ここでは、独学で資格取得を目指すデメリットについて解説していきます。

気軽に質問ができない

独学では、気軽に質問できる相手がいません。

講師に気軽に質問できる通信講座や専門学校とは異なり、分からない問題も自分で調べ対処する必要があります。

すぐに解決できるのであれば問題ありませんが、専門的な内容も多く含まれるため理解できない問題もあるでしょう。

分からない問題をそのまま放置すると、試験で出題された際に対応できなくなります。

独学で学習を進める場合は、分からない問題にどのように対処するか事前に検討しておきましょう。

効率よく学習が進められない場合もある

通信講座や専門学校のようにカリキュラムが設定されていないため、効率よく学習が進められない場合もあります。

独学は、自分で学習計画を立てられる反面、間違った勉強法で進めると学習に時間がかかるデメリットがあるのです。

そのため、まとまった時間の確保ができず、スキマ時間に効率よく学習を進めたい人は通信講座を利用することをおすすめします。

衛生管理者試験対策におすすめな通信講座

ここでは、衛生管理者の試験対策におすすめな通信講座を2つご紹介します。

独学との併用はもちろん、効率よく学習を進めたい人もぜひ比較検討してください。

アガルートアカデミー

アガルートアカデミー衛生管理者

引用:アガルートアカデミー

合格率 非公開
講座料金 2024/衛生管理者試験/第一種対策講座 29,480円(税込)
2024/衛生管理者試験/第二種対策講座 26,180円(税込)
2024/衛生管理者試験/特別第一種対策講座 12,980円(税込)
サポート内容 ・オンライン質問サービスKIKERUKUN
・割引制度あり
合格特典 Amazonギフト券5,000円分

アガルートアカデミーおすすめポイント

  • 最短30日で衛生管理者試験に合格できる
  • 1キャプター10〜20分とスキマ時間に学習が可能
  • テキストは図表を用いて解説している

アガルートアカデミーの衛生管理者試験対策講座では、テキストと過去問題集の2つのみで学習を行います。

テキストは、初学者の人でも取り組みやすいようにイラストや表を用いて解説されています。

また、スマホやPCから1チャプター10〜20分程度の講義がいつでも受けられるため、スキマ時間を有効活用して学習が進められるのも特徴でしょう。

アガルートの衛生管理者試験講座の口コミ・評判は?講座概要から料金・合格実績まで徹底解説

資格のキャリカレ

資格のキャリカレ衛生管理者

引用:資格のキャリカレ

合格率 非公開
講座料金 衛生管理者(第一種・第二種)60,800円(税込)
サポート内容 ・不合格の場合は全額返金
・1年間の長期サポートあり
・無料で質問できる
合格特典 ・2講座目が無料

資格のキャリカレおすすめポイント

  • 最短1ヶ月で短期合格が可能
  • Web対応の試験対策教材あり
  • 効率的な簡単学習法で勉強が苦手でも学べる

資格のキャリカレの衛生管理者講座では、最短1ヶ月で資格取得を目指せるカリキュラムが用意されています。

そのため、仕事をしながら資格取得を目指している人やすぐに取得が必要な人でも重点的に学べるのです。

また、学習中に分からないことがあれば講師に何度でも質問できるため、すぐに疑問が解決し、自信を持って試験に望めます。

衛生管理者の試験を効率よく対策するなら通信講座の利用がおすすめ

衛生管理者の資格は、会社から取得を頼まれたという方も多いため、働きながら独学で合格をめざす人も多いです。

普段と変わらずフルタイムで働きながらの独学は厳しいかもしれませんが、サイトの過去問題などを活用していけば、難易度も決して高くない試験のため、合格への道は開けてくるでしょう。

しかし、短期間での取得を目指している人やスキマ時間に効率よく勉強を行いたい人は通信講座の利用がおすすめです。

仕事にもすぐに活かすことができる資格なため、ぜひとも取得に向けて頑張ってください。