掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

[PR]

保育士と社会福祉士はどう違う?なり方や給与、就職先も紹介!

更新日:2023-11-28

保育士と社会福祉士はどう違う?なり方や給与、就職先も紹介!

「保育士と社会福祉士の業務内容はどのような違いがあるのだろう?」

「保育士と社会福祉士の資格は、どうすれば取得できるのだろう?」

このような疑問をお持ちの方やどちらの職業に就こうかお悩みの方に向けて、保育士と社会福祉士の目指し方・平均給与・試験の合格率や受験資格の違いなどを解説します。

また、ダブルライセンス所有者におすすめの就職先も例として挙げています。

職業選択に迷っていたり、キャリアアップを検討していたりする方は、是非とも最後までご覧ください。

保育士・社会福祉士試験の対策ができる!
アガルートの難関試験対策の講座一覧!

保育士と社会福祉士の業務内容・働き方の違い

保育士と社会福祉士の業務内容の違い

保育士と社会福祉士で、実際の業務内容や働き方にどのような違いがあるのか具体的にイメージしづらい方もいるでしょう。

2つの違いを簡潔にまとめると、保育士は保育所などで保育に関する仕事を行い、社会福祉士は公共施設で悩みや問題を抱えた方の支援を行います。

働き方はそれぞれ正規雇用非正規雇用の2つがあります。

ここからは保育士と社会福祉士のそれぞれの業務内容と働き方の違いについて詳しくご紹介していきます。

保育士 社会福祉士
業務内容 小学校入学前の子供の保育 問題を抱えている方へアドバイスや支援を行う
勤務場所 保育園
保育所
認定こども園
依頼者の自宅(ベビーシッター)
公共施設
・児童福祉施設
・障害者施設など
働き方 正規雇用
非正規雇用
正規雇用
非正規雇用

保育士の業務内容・働き方

先述の通り、保育士は「保育」に特化した専門職で、業務内容は主に保護者に代わって小学校入学前の子どもを保育することです。

保育士は保育園や保育所、認定こども園などで働く方が多く、中にはベビーシッターとして保護者の自宅で働く方もいます。

業務では直接子どもとふれあい養育に携わるだけではなく、子どもの保護者やさまざまな機関と連携して子どもが健やかに育つことを支援します。

保育園や保育所は公立であれば公務員として、私立であれば正規職員として雇用されるのが一般的でしょう。

私立の場合、正規職員として働く以外にも非正規雇用の非常勤や短時間勤務などさまざまな働き方があるため、ライフスタイルが変化しても雇用形態や勤務時間を変えて働き続ける保育士が多くいます。

社会福祉士の業務内容・働き方

社会福祉士の業務内容は、日常生活を送る際にさまざまな問題を抱えている方からの相談を受けてアドバイスや支援をすることです。

社会福祉士は幅広い分野で活躍できる専門職で、相談内容によっては他の専門職と連携して困っている方の状況に応じてサポートします。

教育・医療・福祉・介護など多岐にわたる分野の中から、自分が得意とする分野に絞って働く方が多いです。

社会福祉士の活躍の場は公共施設が多く、公務員試験を受験後、地方公務員として働きます。

民間施設での雇用形態は2種類あり、正規職員・常勤職員・正社員などの正規雇用と、非常勤職員・嘱託職員・派遣社員・パートといった非正規雇用です。

社会福祉士の方が保育士よりも幅広い知識が必要

保育士は子どもやその保護者を相手にして、保育したり、保護者の子育てに関する悩みに対してアドバイスを出したりすることが主な業務です。

保育についてのプロフェッショナルとして、子どもの健康状態に気を付けつつも年齢や発達に合わせた遊びや活動を援助します。

社会福祉士は身体や精神に障害がある人、または環境上の理由で日常生活に困難を感じている人からの福祉に関する相談に応じて、適切な助言や指導をすることが主な業務です。

社会福祉士は保険・高齢者福祉・障害者支援・生活保護・児童福祉など、福祉に関係するすべての分野の相談に乗り、福祉や健康医療のサービスを提供する関係者と連携して援助をします。

保育士に比べると、社会福祉士の方がアプローチする相手が多く援助する内容が多岐にわたるので、幅広い専門知識が必要となります。

保育士と社会福祉士の給与・年収の違い

保育士と社会福祉士の給与・年収の違い

働き方や雇用形態でも違いがある保育士と社会福祉士ですが、給与や年収といった収入面でも大きな違いが見られます。

保育士と社会福祉士の平均給与を比較し、その違いについてチェックしましょう。

保育士と社会福祉士の平均給与を比較

保育士の平均給与について、厚生労働省が公表しているデータをご紹介します。

以下の表は令和元年賃金構造基本統計調査の結果で、保育士・社会福祉士・全職種の年収と月収を比較したものです。

年収換算 月収換算
全職種 500.7万円 41.7万円
保育士全体 363.5万円 30.3万円
社会福祉士全体 403万円 33.6万円

出典元:厚生労働省『保育士の現状と主な取組 』

出典元:日本福祉教育専門学校『社会福祉士の年収・給料について』

年収換算で全職種の平均給与と比べると保育士は140万円ほど、社会福祉士は100万円ほどの開きがあり、どちらもかなり低いことが分かります。

保育士全体が363.5万円、社会福祉士全体で403万円ですから、給与だけ考えれば社会福祉士の方が高いと言えます。

もちろん勤務地や待遇、役職などによって給与には差が出るので、あくまでも参考としてご覧ください。

社会福祉士の方が保育士よりも給与が高い理由

多くの保育士が働く私立の認可保育園は、国が定めた保育園の運営に必要な費用である「公定価格」という補助金を受け取っています。

「4歳以上児30人につき1人」などと保育園に置くべき保育士の人数は国の基準で決まっているものの、実際にはこの人数では足りない保育園が多く、保育園の判断で人員を追加して配置しています。

しかし国は基準通りにしか公定価格を支払えないため、例えば保育士10人分として支給された公定価格を20人で分け合うという状態になり、どうしても保育士の給与は低くなりやすいのです。

一方で、社会福祉士の就職先は公的な福祉施設や民間の病院など多岐にわたり、給与に制約がないため保育士よりも高収入になる傾向にあります。

また、超高齢社会である日本において福祉サービスを必要とする人は増え続け、社会福祉士の需要は高いことから資格手当がつきやすく、福利厚生が充実していることも多いです。

社会福祉士になるならここ!
難関国家試験はアガルートで合格!

保育士と社会福祉士のなり方の違い

社会福祉士が保育士になる方法

ここからは保育士と社会福祉士のなり方の違いについてご紹介していきます。

保育士と社会福祉士はどちらも「指定の学校を卒業する」「指定の試験に合格する」の2つの方法があり、大きな違いはありません。

ただし、保育士も社会福祉も指定される試験や学校は違うので、それぞれ詳しくご紹介していきます。

保育士になる方法

保育士の資格取得を目指すには、「保育士養成学校を卒業する」または「保育士試験に合格する」のどちらかの条件を満たす必要があります。

さらに保育士養成学校への入学条件や保育士試験の受験資格なども定められていますが、さほど複雑なものではありません。

条件①保育士養成学校を卒業する

保育士資格取得の代表的な方法は保育士養成学校を卒業することで、全国に668校のある指定保育士養成施設で62単位以上を習得して卒業すると資格が得られます。

保育士養成学校は高等学校を卒業すれば入学でき、学校によっては卒業すると保育士資格と共に幼稚園教諭の免許も取得可能です。

養成学校の中には夜間部を開いていたり通信教育で学べたりする学校もあるので、働きながらでも卒業を目指せる、おすすめの選択肢です。

条件②保育士試験に合格する

保育士資格を得る条件として保育士試験に合格することも挙げられます。

自分のペースで独学や通信講座を使って勉強できますが、合格率は10〜20%程度とかなり低めで難しい試験です。

また保育士試験を受けるには受験資格を持っている必要があり、最終学歴や指定施設の勤務期間などによって受験資格が持てるかどうかは異なります。

保育の専門知識が問われる難しい試験で、合格に必要な勉強時間は約100~150時間とされているため、働きながら合格を目指すことはかなり厳しいでしょう。

社会福祉士になる方法

保育士が社会福祉士になる方法

ここまで保育士になる方法をご紹介してきましたが、ここからは社会福祉士になる方法ご紹介していきます。

社会福祉士は「学校を卒業する」または「社会福祉士国家試験に合格する」のどちらかの条件を満たせば、社会福祉士として働くことが可能です。

ただし、条件を満たした後も登録や書類の提出などの手続きが多くあり、保育士と違い複雑なものとなっています。

ステップ①夜間や通信で学校を修業する

保育士として働きながら社会福祉士を目指すなら、夜間の社会福祉専門学校や通信コースがある福祉系大学を修業することがおすすめです。

どちらも修業するまでに2~3年かかり、年間の授業料に100万円ほど必要になりますが、働きながら社会福祉士の資格を得るには最も現実的な手段です。

仕事の合間に学校に通うことは精神的にも体力的にもきついですが、全日制よりも学費が安くて通いやすかったり同じ目標を持つ仲間ができたりするため、モチベーションを下げずに卒業が目指せます。

ステップ②試験に合格して法人格に登録する

社会福祉士になるには、指定の教育機関を卒業した後に社会福祉士国家試験に合格しなければなりません。

ただし試験に合格しただけでは社会福祉士として活躍できず、試験合格後に「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」に登録してはじめて社会福祉士として働けます。

登録には戸籍抄本などの書類も提出し、登録免許税や登録手数料も必要ですので、試験を突破してもすぐには社会福祉士を名乗れない点に留意しましょう。

全国平均1.54倍の合格率!
アガルートで社会福祉士試験に合格!

保育士と社会福祉士の資格試験の違い

保育士と社会福祉士の資格試験の違い

試験範囲が保育分野に限られている保育士資格と、広範囲の知識が必要な社会福祉士資格とでは、資格試験にも違いがあります。

ここからは、それぞれの資格試験の受験資格や合格率、合格基準についてご紹介します。

試験の受験資格

保育士試験と社会福祉士試験は誰でも気軽に受験できるわけではなく、それぞれに厳しい受験資格があります。

保育士試験の場合、例えば短大・大学・大学院を卒業していれば受験資格があり、在学者・中退者であれば2年以上在学かつ62単位以上修得していれば受験資格が得られます。

社会福祉士試験は指定科目を履修したうえで4年制の福祉系大学を卒業したり、4年制の一般大学を卒業後に社会福祉士の養成校である一般養成施設に1年通ったりすると受験資格を得られます。

上記はあくまでも一例であり、両資格ではもっと細かく受験資格を取得できる条件が異なるので、詳しくは全国保育士養成協議会社会福祉振興・試験センターの公式ホームページをご確認ください。

試験の合格率

保育士資格試験と社会福祉士資格試験の合格率をまとめました。

直近3年分の各試験の合格率は以下の通りです。

保育士資格試験 社会福祉士資格試験
令和3年 20.0% 31.1%
令和2年 24.2% 29.3%
令和元年 23.8% 29.3%

出典元:保育士試験の実施状況- 厚生労働省

出典元:社会福祉士国家試験の受験者・合格者の推移

保育士試験の合格率は約20%、社会福祉士資格試験の合格率は約30%です。

一見すると保育士試験の方が難易度が高そうに思えますが、社会福祉士は受験資格取得までのハードルが高く、また出題範囲も広くて多くの勉強時間が必要になります。

そのため、保育士よりも社会福祉士の方が資格の取得は難しいとされています。

試験の合格基準

保育士資格試験と社会福祉士資格試験では、出題される科目数や合格基準にも違いがあります。

保育士資格試験では筆記試験で出題される8科目すべてにおいて6割以上の得点が必要で、実技試験3科目の合格基準はそれぞれ非公開です。

筆記試験で合格した科目は3年間の有効期限があり、一度の試験で全部の科目に合格しなくてもよいため、コツコツ時間をかけて試験を突破するという選択もできます。

社会福祉士資格試験は科目が18科目とかなり多く、すべての科目において6割以上の得点が求められます。

保育士試験のように合格科目の持ち越しができず、一発で合格しなければならないため、社会福祉士試験の方が合格基準が厳しいと言えるでしょう。

保育士 社会福祉士
科目数 筆記:8科目
実技:3科目
18科目
合格基準 全ての筆記科目で6割以上の得点
実技の合格基準は不明
全ての科目で6割以上の得点

ダブルライセンスで活躍することも可能!

ダブルライセンス取得後に活躍を期待できる施設

保育士と社会福祉士のダブルライセンスで働くことも可能です。

保育士と社会福祉士の両方の資格を有効活用したいなら、児童関係の施設に勤めることがおすすめとなります。

そこで児童関係の施設に絞り込み、保育士および社会福祉士のダブルライセンス所有者が活躍できる就職先を5つご紹介します。

児童関係の施設例

  1. 児童養護施設
  2. 児童相談所
  3. 障害児入所施設
  4. 乳児院
  5. 児童自立支援施設

1.児童養護施設

児童養護施設はさまざまな理由により保護者がいない、一緒に暮らすことが困難などの事情を抱える子どもが生活する場所です。

児童養護施設には、保護者に代わり入所している子どもの養育を担う児童指導員や保育士が勤務します。

児童養護施設の児童指導員は「社会福祉士の資格を持つ者」も該当しますので、保育士としても児童指導員としても活躍できる施設です。

2.児童相談所

原則として18歳未満の子どもに関係する相談や通告などを受け付ける行政機関です。

虐待などの子どもの人権にかかわる問題以外にも、保護者が養育できなくなってしまった場合の相談や、発達障害が疑われる子どもの養育に関する相談、非行傾向がある子どもの相談なども受け付けている施設です。

児童相談所でも児童指導員として働くための要件として「社会福祉士の資格を持つ者」があります。

棄児・迷子・家出した子などが一時保護された際、幼い子どもの対応に保育士としての経験が活かせたり、虐待を受けたことがある子どもの相談相手として社会福祉士の資格が活かせたりするでしょう。

3.障害児入所施設

障害児入所施設には主に身体や知的、精神といった障害を抱えている子どもを対象にした福祉型の施設と、医学的な治療が必要な子どもを対象にした医療型の施設があります。

施設内で身体介護を実施したり、日常生活に必要な技能や知識の習得の支援が行われたりします。

障害児入所施設は18歳未満の子どもが日常生活を送る場で、幼い子どもの養育にも当たるため保育士の経験が役立ち、また社会福祉士として学習指導・生活訓練の場面で活躍できるでしょう。

4.乳児院

両親の未婚や死亡など、さまざまな事情によって保護者と共に生活できない0歳から2歳ほどの乳幼児を保護するための養育施設です。

長期間入所するケースだけではなく一時保護やショートステイといった短期入所による子育て支援も実施しており、保育士や児童指導員の配置義務があります。

乳児に対して万全のサポートをするために保育士の知識は十分に役立ち、一人ひとりの特徴や発達に合った生活指導計画を作成するため児童指導員の力が必要です。

保育園より養育へのサポートが手厚い施設であり、社会福祉士の知識を活かしながら保育士としても活躍できる職場となります。

5.児童自立支援施設

児童自立支援施設は非行傾向にある子どもや、家庭環境などの問題により生活指導が必要とされる子どもが入所する施設で、場合によっては通所といって家庭から通ってくる子どもがいます。

施設内に小学校や中学校があり、18歳未満の子どもを受け入れている施設ですが、中学生までの子どもが主に暮らしています。

児童自立施設では保育士も社会福祉士も児童生活支援員として活躍し、主に保護者の代わりとして子どもたちと向き合う大切な存在です。

子どもに対して自己肯定感や他者との共生力を育んだり、他人や社会に関する不安や悩みごとを聞き取ったりするため、保育士・社会福祉士の知識や経験が役立ちます。

保育士・社会福祉士を目指すならアガルート!

保育士試験も社会福祉士試験も、合格を目指すなら通信講座の利用がおすすめです。

大手通信講座のアガルートアカデミーなら、保育士試験と社会福祉士試験の対策講座がそれぞれ用意されています。

ここではアガルートの保育士試験対策講座と社会福祉士試験対策講座をご紹介します。

アガルートの保育士講座

アガルートには短期合格を目指せる保育士試験の対策講座があります。

公式サイトを確認したところ、現在は2023年度合格目標の保育士試験対策講座しかなかったので、今から保育士を目指す方は随時公式サイトをチェックしてみてください。

料金や内容を把握するための参考として、下に2023年度合格目標の講座情報を下にまとめました。

2023年度合格目標 保育士試験講座
学習形式 通信講座
コース 【2023年前期試験合格目標】合格総合講義
受験料金 9,680円(税込み)
テキスト ・インプット+過去問集(平成31年度~令和4年度)×1
・過去問集(令和4年後期)×1
特徴 ・短期間で合格した現役の保育士が講師
・スキマ時間で合格を目指せる・フルカラーのオリジナル教材
サポート ・無料資料請求
・オンライン動画のサンプルあり
・合格特典あり
・フォロー制度にて質問可能
・無料体験あり
合格実績
令和4年度
公式サイトに記載なし
公式サイト 公式サイトはこちら

アガルートの保育士試験講座の特徴は、短期間で保育士試験に合格した現役保育士が講師をしてくれる点です。

経験に基づいた分かりやすい講義で、実践的な内容を学ぶことができます。

通勤・退勤などのスキマ時間で学習できるので、仕事や学業で忙しい方も合格を目指せるようなカリキュラムとなっています。

スキマ時間で合格を目指せる!
アガルートの無料体験はこちら!

アガルートの社会福祉士国家試験講座

アガルートの社会福祉士国家試験講座も、保育士試験と同じく2023年度合格を目標としたものしかありませんでした。

ただし、無料資料請求や無料体験でどのような講座なのかは把握できるので、気になる方は公式サイトから申し込みをしてみてください。

2023年度合格目標 社会福祉士国家試験講座
学習形式 通信講座
コース 第36回(2023年度)合格カリキュラム
受験料金 65,780円(税込み)
テキスト ・総合講義×4
・基礎問題習得講座×1
過去問解説講座×2冊
特徴 ・福祉の現場の経験者が講師
・スキマ時間で合格を目指せる
・フルカラーのオリジナル教材
サポート ・無料資料請求
・オンライン動画のサンプルあり
・合格特典あり
・フォロー制度にて質問可能
・無料体験あり
合格実績
令和4年度
48%
※全国平均の1.54倍
公式サイト 公式サイトはこちら

アガルートの社会福祉士国家試験講座は令和4年度の合格実績が全国平均の1.54倍の48%と、難しい試験でも高い合格率を誇ります。

さらに、初めて試験を受ける方の合格率は全国平均2.15倍の67%です。

社会福祉士国家試験は試験範囲が広いものとなっていますが、アガルートは試験合格を目的としたテキストで必要な箇所だけを学習できるので、短期間で合格できる実力を身に着けられます。

保育士と社会福祉士はどう違う?|まとめ

保育士と社会福祉士の違いまとめ

  • 保育士の主な業務は、保護者の代わりに子どもを保育すること
  • 社会福祉士の主な業務は、教育・医療・介護などの分野で相談に乗ること
  • 給与は社会福祉士の方が高い傾向にある
  • 受験資格の取り方や試験内容は社会福祉士の方が難しい
  • ダブルライセンス所有者は児童関係の福祉施設が就職先にいい
  • 資格試験に合格するならアガルートがおすすめ

保育士と社会福祉士は国家資格ですので、取得するまでの難易度は高くて容易には就きづらいです。

しかしどちらの職業も社会的意義が非常に大きいことに違いはなく、多くの人の成長を見守ったりサポートをしたりするため、やり甲斐があるでしょう。

給与だけ見ると社会福祉士の方が高いものの、保育士の方が資格取得までのハードルは低いので、働き方や受験資格の有無などを比較して今後描きたいキャリアを考えてみてください。

保育士と社会福祉士のどちらの試験も、アガルートアカデミーの資格試験対策講座がおすすめです。

スキマ時間で学習できるカリキュラムが組まれており、忙しい方でも短期合格が目指せるので、気になる方は無料資料請求や体験申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事