起立性機能障害とは?起立性機能障害に通信制高校がおすすめな理由を紹介!

起立性機能障害とは?起立性機能障害に通信制高校がおすすめな理由を紹介!

全日制高校に通っているものの起立性機能障害により、朝なかなか起きられず苦しい思いをしている方いませんか?

もしかしたら、全日制高校より、通信制高校の方があなたに合っているかもしれません。

起立性機能障害は、一般的に10代が起立性機能障害にかかる可能性は10%であり、単純計算で10人に1人がかかる障害です。

起立性機能障害にかかってしまったことにより、学校を退学、不登校になり通信制高校へ転校する方も多く増えています。

本記事では、起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめの理由~起立性機能障害の対処法までをまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね!

起立性機能障害(OD)ってなに?

起立性機能障害とは、別名(OD:Orthostatic Dysreguration)と呼ばれる自律神経の機能障害により、循環器系の調整がうまくいかなくなる疾病のことです。

主に、真面目で神経質な子供がかかりやすい傾向にあります。

しかし、あくまでかかりやすいだけであり、健常な子供でもかかることも。

起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめな理由4選

起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめな理由4選

朝早く起きなくていいから

1つ目の起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめな理由は、朝早く起きなくていいからです。

起立性機能障害の方が学校に通うことの1番の難点が、朝早く起きなくてはならない点が挙げられます。

しかし、通信制高校の最大のメリットとして、毎日学校に通う必要がないため、朝起きるのが難しい起立性機能障害の方にとっては、魅力的なポイントなのではないでしょうか。

また、朝早く起きるストレスや、プレッシャーから解放されることによって起立性機能障害が改善していく可能性もあるため、おすすめな理由であるといえるでしょう。

自分のペースで通えるから

2つ目の起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめな理由は、自分のペースで通えるからです。

起立性機能障害特有の朝起きれなかったり、午前中調子が悪いといった症状から、出席日数が足りなかったり、勉強についていけなくなる等の理由で退学してしまう方が増えています。

通信制高校は、自分のペースで学校に通え、高校卒業認定資格を獲得することが可能です。

また、週に5回通いたい人は5回、1回だけ通いたいなら1回、一度も行きたくない人は自宅学習を中心に自分の好きな学習スタイルで通うことができます。

自分に合わせたスタイルで通うことにより、精神的ストレスも軽減するため、全日制はきついけど、学校には通いたいという方は、通信制高校を選んでみるのも1つの手かもしれませんね。

進学コースを選べば受験対策もできるから

3つ目の起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめな理由は、進学コースを選べば受験対策もできるからです。

中には、起立性機能障害が原因で、大学や専門学校への進学を諦めてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、通信制高校の中には、進学コースを設けている有名大学への進学実績が高い高校なども存在します。

そのため、通信制高校だからレベルが低いなどと思わずに、本気で大学に行きたいと考えている人は諦めずに受験勉強に専念していきましょう!

また、通信制高校は、自分のペースで通えるため、空いている時間に塾などにも通えるため、効率的に受験勉強を進められるのも魅力的ですね。

通信制高校は起立性機能障害を理解してくれるから

4つ目の起立性機能障害の方に通信制高校がおすすめな理由は、通信制高校は起立性機能障害の理解がある場合が多いからです。

起立性機能障害は中々理解してもらえない病気であり、人によっては、仮病や、怠惰と捉えてしまう人もいます。

しかし、通信制高校に通っている生徒の中には、学校に通うのが難しいといわれる病気を発症している方も多くいるため、病気に対して理解があり、きちんと病気に向き合ってサポートしてくれる高校がほとんどです。

そのため、学校側に病気を理解してもらえないという悩みはなく、非常に通いやすい環境になっています。

通信制高校についての詳しい内容は、通信制高校ってなに?意外と知らない役割を解説! からご紹介しています!

なぜ10代が起立性機能障害にかかりやすいのか

なぜ10代が起立性機能障害にかかりやすいのか

なぜ10代が起立性機能障害にかかりやすいのか結論から申し上げると、10代が最も自律神経が乱れやすいからです。

10代は思春期ということもあり、体の様々な機能が成長することに自律神経の発達が追い付かずバランスが乱れてしまいます。

その他にも、多感な時期であるため、友人や親族、異性との人間関係と数多くの悩みが生まれてしまうことが、10代が起立性機能障害にかかりやすい原因です。

起立性機能障害の対処法

起立性機能障害の対処法

次に起立性機能障害の対処法についてです。

朝起きたときに太陽の光を浴びる

まず1つ目の起立性機能障害の対処法は、太陽の光を浴びることです。

人間は、朝に太陽の光を浴びることによって1日のリズムを整えています。

理由としては、ぐっすり眠るために必要な「メラトニン」という睡眠ホルモンが、太陽の光を浴びれば浴びるほど分泌されるからです。

そのため夜なかなか眠れない人は、毎朝太陽の光を浴びることが重要になってくるかもしれませんね。

1日に多くの水と食塩をとる

2つ目の起立性機能障害の対処法は、1日に多くの水と食塩をとることです。

起立性機能障害は、基本的に血液量が少ない傾向にあるため、循環している血液の量を増やすことが大事になってきます。

また、起立性機能障害の方は、朝起きられず朝ご飯を抜かしてしまうことも多く、結果的に塩分が不足してしまうため、水分と塩分は意識的に摂るようにしましょう。

毎日30分程度は歩く

3つ目の起立性機能障害の対処法は。毎日30分程度は歩くことです。

人間は、普段活動をしやすいようにさまざまな調節をしているため、寝転がる時間が多いと、寝転がる姿勢が合うように調整します。

そのため、立ち上がる時に負担がかかることになり、更に自律神経が乱れる結果となるので、自律神経を整えることや、筋力低下を防ぐために、1日30分程度の散歩をすることが良いでしょう。

起立性機能障害の方でも通いやすい通信制高校4選!

起立性機能障害の方でも通いやすい通信制高校4選!

飛鳥未来高等学校

1校目の起立性機能障害の方でも通いやすい通信制高校は、飛鳥未来高等学校です。

飛鳥未来高等学校は奈良県天理市に本校を置く、学校法人三幸学園が運営している通信制高校です。

通学スタイルとしては、週1日から毎日まで自由に登校日数を選べる「ベーシックコース」「スタンダードコース」や、週3日登校する「3DAYコース」週5日登校する「5DAYコース」があります。

自分のペースで学校生活を送れ、生徒が卒業後にどういう進路に進みたいかや、メンタルサポートなど親身に進路サポートを行ってくれることで人気です。

また、パソコン教室、理科室、調理室はもちろん、トレーニングルームやメイク実習室までもを設置していることも魅力の一つといえるでしょう。

体調に合わせながら、体育祭などを含んだ行事に参加したい方におすすめの1校となっています。

飛鳥未来高等学校についての詳しい内容は、飛鳥未来高等学校のコース紹介と特徴について詳しく解説! からご紹介しています!

 

一ッ葉高等学校

2校目の起立性機能障害の方でも通いやすい通信制高校は、一ッ葉高等学校です。

一ッ葉高等学校は熊本県上益城郡に本校を置き、代々木や千葉にもキャンパスがあり、東大をはじめ、医学部から早慶まで、毎年多くの難関大学合格者を輩出している通信制高校です。

何と言っても、一ッ葉高等学校では、ここ10年くらい起立性機能障害の方が急速に増えているため、起立性機能障害の生徒に対し、丁寧なサポートを行っているのが最大の特徴となっています。

起立性機能障害の方は、他に同じ境遇の仲間がいるという意味でも嬉しいですね。

また、一ッ葉高等学校は、難関大学合格者を数多く輩出しているだけに勉強面にかなりの力を入れており、訳45年にわたり積み上げてきた合格ノウハウをもとにした専門スタッフの指導により、生徒の実力と進学希望校を考慮して、一人ひとりに合った学習プログラムを考えてくれます。

難関大学への進学が諦められない方は、1度パンフレットを取り寄せてみるのも良いかもしれませんね。

勇志国際高等学校

3校目の起立性機能障害の方でも通いやすい通信制高校は、勇志国際高等学校です。

勇志国際高等学校は熊本県天草市に本校を置く、熊本、福岡、千葉、東京に通学無料の学習センターを設置している、広域通信制高校として認可を得た通信制高校です。

<勇志国際高等学校にある様々なコース

  • 大学、専門学校への進学を目指す人のための「勇志ネット予備校」
  • 将来的な進路を理数系と考える人のための「理数コース」
  • 芸術や芸能活動をされている方のための「芸能コース」
  • 各種スポーツ競技に置いてトップを目指す生徒が対象の「トップアスリートコース」
  • 20歳以上の方が対象の「社会人コース」
  • など様々な特色あるコースがあるのが特徴となっています。

    また、勇志国際高等学校の通学生コースは、自身の状況に応じて通学日数を増減することができるため、体調が優れない時は通学回数を減らして、体調が回復してきたら通学回数を増やすことができるのも嬉しいですね。

    起立性機能障害によって高校進学・卒業を諦めていたけど、インターネット上の多くの仲間たちと共に夢に向かって学んでいきたいと考える方は、是非1度検討してみたらいかがでしょうか。

     

    ルネサンス高等学校

    4校目の起立性機能障害の方でも通いやすい通信制高校は、ルネサンス高等学校です。

    ルネサンス高等学校は茨城県大子町に本校を置く、 ICT教育をいち早く取り入れた通信制高校です。

    スクリーニングは最短で年4回と通信制高校の中でも、かなり少ないスクリーニングとなっていたり、先生と親と学習を見守るサポート体制が備わっているため、起立性機能障害などの障害を持っていても非常に通いやすいところが、特徴となっています。

    また、基本授業とは別にオプションとして、プロジェクト学習などを取り入れた体験の多い授業を展開しています。

    <ルネサンス高等学校にある様々なコース

    • 進学にも有利な「通学スタンダードコース」
    • 一流講師陣を揃えeスポーツスキルだけでなく実用レベルの英会話能力、コミュニケーション能力、強いメンタルを育てる「eスポーツコース」
    • 自宅にいながら韓国人トレーナーからK-POPを学び大手韓国芸能事務所の練習生を目指す「アコピアK-POPコース」
    • を取り揃えているのも特徴です。

      「自分の将来の夢が明確にある方」「病気療養をしながら高校生活を送りたい方」などにおすすめの1校となっています。

      ルネサンス高等学校についての詳しい内容は、【日本初】eスポーツコースを専攻できる通信制高校!ルネサンス高等学校からご紹介しています!

まとめ

まとめ

この記事を通して、全日制は厳しいけど、高校に通いたい起立性機能障害の方には、通信制高校が、朝早く起きることなく自分のペースで通えることなどを踏まえ、おすすめであると分かったのではないでしょうか。

起立性機能障害は、苦しい病気ですが、焦らずストレスを溜めないような生活を送ることで改善していく可能性もあるため、全日制高校が辛くストレスになる場合は、通信制高校を選択するのも1つの手かもしれませんね。

あなたの人生がより良いものになるよう願っております。

あわせて読みたい

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ
不登校や引きこもりの子どもの面倒を見ている親は、毎日不安や焦りでいっぱいですよね。 しかし、子どもを思っての言動が逆効果を生んでいる可能性があるのです。 今回は、親の対応として実はNGなことを6つ紹介します。 子どもの長期的な幸せを願うのであれば、まずは自分自身が前向きな生活を送りましょう。 この…

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!
通信制高校に通いたいと考えている方の中には、「高校生だから制服を着たい!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 制服があると登校日が楽しくなりますし、何より私服よりも断然楽ですよね! 今回は、登校日が楽しくなるような、可愛い制服がある通信制高校をご紹介していきたいと思います! 通信制高…

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!
通信制高校に通いたい! できるだけ学費が安いところがいいのだけれども、通信制高校って実際に学費がどのくらいかかるのか全く分からない。 そんなお悩みをお持ちの方って多いと思います。 通信制高校もたくさんの学校やコースがあり、迷ってしまいますよね。 ここでは、学費をできるだけ抑えたい人に向けて、学費の…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00