不登校を克服するきっかけとは?親や周囲ができることは?

不登校を克服するきっかけとは?親や周囲ができることは?

子どもが不登校の場合、ご家族や周囲の方は、できるだけ早い段階で不登校を克服して欲しいと思っているのではないでしょうか?

不登校を克服するのは、時間がかかってしまうかもしれませんが、きっかけさえ掴めば早期に不登校を克服することができます。

早期克服にも「ご両親や周囲の方の協力も必要不可欠」です。

今回は、不登校克服に向け、克服するきっかけ、克服方法、原因、親や周囲の方ができることについて紹介します。

ぜひ、参考にして早期の不登校克服を目指しましょう。

不登校は克服できる!

不登校は克服できる!

お子さんが不登校になるきっかけは、学校での友達関係の問題から重度の出来事の原因まで様々です。

しかし、不登校を克服することも些細なきっかけから重度の出来事がないと克服できない場合もあります。

ここで重要なことは、不登校克服の捉え方の違いです。

「不登校克服=学校に通い、みんなと同じように生活する」と考える方が多いですが、決してみんなと同じように学校に通うことがゴールとは限りません。

人それぞれの目標」があります。

その目標に向かって、努力することが1番大切です。

不登校で苦しんでいる子どもに、不登校克服はどのような状態かを決め、その目標に向かって努力しましょう。

不登校の実態と解決策を詳しく知りたい方は是非 「こちらの記事」を参考にしてみてください!

不登校克服には親や周囲の協力が必要!

不登校克服には親や周囲の協力が必要!

不登校克服には、親や周囲の協力が必要です。

ここでは、具体的に親や周囲が理解するべきこと、気持ちの面で必要なことを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

不登校克服に親や周囲が理解するべきこと

不登校克服に親や周囲が理解するべきことについて紹介します。

まず、不登校の克服のために親や周囲の方が「押しつけや強制」をするべきではありません。

親や周囲としては、子どものためと思っていても、不登校の子どもとしては、自分を否定されていると感じてしまいます。

また、決めつけも良くないです。

不登校になった原因や不登校の克服方法などを決めつけてしまうと、不登校の子どもは息苦しくなります。

子どもを心配する気持ちは分かりますが、押しつけや決めつけは行わないように注意しましょう。

子どもが不登校でも焦る必要はない

子どもが「不登校でも焦る必要はない」ことについて紹介します。

親や周囲は、できるだけ早く不登校を克服させたいと思い、焦ってしまいます。

しかし、不登校を早く克服することが必ずしも良いとは限りません。

不登校の期間で新たな考え方や趣味、やりたい目標が明確に見え、今後の成長につながるケースも少なくありません。

親や周囲は、子どもの「克服したい」という気持ちを尊重しましょう。

焦らずに見守りながら応援する気持ちを持ちましょう。

不登校克服のきっかけ6選

不登校克服のきっかけ6選

不登校克服のきっかけを6選紹介します。

不登校克服は、「意外なきっかけで克服」することができる場合もあります。

  • 趣味を見つけた
  • 不登校経験者と接する機会があった
  • カウンセリングや病院の支援を受けた
  • 習い事など新たなコミュニティに入った
  • 一人旅行などを経験した

趣味を見つけた

1つ目は、「趣味を見つけたこと」です。

今までは、何かに打ち込める時間がなく、結果的に細かいことを気にしてしまう現状があります。

趣味を見つけることで、新たな価値観や考え方に触れることができます。

また、趣味を通して新たな友達や気が合う友達ができ、心身ともに余裕が生まれます。

そのためにも、新たなことに挑戦してみることも大切です。

不登校経験者と接する機会があった

2つ目は、「不登校者と接する機会」があったことです。

同じ経験をもった人と交流することで、不登校克服の勇気やヒントをもらうことができます。

不登校克服のノウハウが知れるだけではなく、「不登校で苦しんでいるのは自分だけではない」と分かり、安心します。

また、不登校経験者が相手なので、気軽に話すことができます。

不登校経験者とは、趣味の集まりなど偶然会うこともあります。

新たなことに足を踏み入れることで、良い方向に向かうことも多いです。

カウンセリングや病院の支援を受けた

3つ目は、「カウンセリングや病院の支援を受けた」ことです。

不登校は病気ではありませんが、一部、怪我、病気、障害が関わる場合があります。

その場合、心身の疲れ、乱れが原因です。

よって、カウンセリングや病院の支援を受けることも一つの方法です。

専門家に話を聞いてもらう、アドバイスをもらうことで、心身ともに安らかになります。

頼れるものが一つあるだけで、気持ち的にも楽です。

また、不登校克服だけでなく、今後の人生の成長、幸福度の向上にもつながります。

習い事など新たなコミュニティに入った

4つ目は、「習い事など新たなコニュニティーに入った」ことです。

新たなコニュニティーに入ることで、新たな出会いがあります。

そうすることで、気の合う友達と出会えるかもしれません。

当然ですが、全員と気が合うことはないですし、全員と仲良くなる必要もないです。

自分と気が合う人と仲良くなれば良いのです。

気の合う友達と仲良くなるためにも新たな出会いの場に挑戦してみましょう。

もし、そのコニュニティーが合わなければ、すぐに辞めることも可能です。

習い事などで良い成果を出せば、自然と周りの人が寄ってきます。

自分の強みを見つけるためにも習い事を始めることもおすすめします。

一人旅行などを経験した

5つ目は、「一人旅行などを経験した」ことです。

ずっと家にいると、周りの環境や状況が変化せず、不登校克服の解消にならない可能性が高くなります。

不登校克服のためにも、思い切って一人旅行などを経験し、環境を変化させることも良いでしょう。

きっと新しい発見があり、良い方向に向きます。

一度ストレスがかかる場所から離れることで、リフレッシュができ、前向きな気持ちが持てます。

一人旅行では、すべてを自分で行う必要があります。

そのため、精神力も身に付き、今後の人生に向けて大きな影響を与えるでしょう。

一人旅行は、不登校などの弊害がなくても行うことに価値があります。

精神的に疲労を感じた時に行うこともおすすめします。

芸能人、映画から勇気をもらった

6つ目は、「芸能人、映画から勇気をもらった」ことです。

憧れの存在の言葉などから勇気を貰うことは多々あります。

生きがいを見つける、頑張ろうと思えるきっかけになります。

共通の人、物を応援することで仲間もできる可能性もあります。

ライブやイベントに直接行くことが理想ではありますが、画面上からでも応援することができ、活力が生まれるきっかけになります。

小、中、高、大の不登校克服方法と原因

小、中、高、大の不登校克服方法と原因

小、中、高、大の不登校克服方法と原因について紹介します。

年齢別の克服方法や原因には違いがあります。

ぜひ参考にし、克服方法を考えてみてください。

小学校の不登校克服方法と原因

小学校の不登校の原因は、学校生活が本格的に始まり、学校生活に慣れないという原因があります。

主に、親から離れることが不安、いじめや人間関係の問題です。

親が考えるべき克服方法としては、「段階的な克服」を目指すことが挙げられます。

具体的には、子どもの話にしっかりと耳を傾けることが大切です。

子どもの状況をしっかりと把握することで親もすぐに対応することができます。

そのうえで、先生と話をする、カウンセリングをすることなどが可能になります。

また、状況によっては、一時的に休むこと、保健室登校を提案することも一つの方法です。

子どものことを一番に考えることで、無理をせずに復帰することができます。

中学校の不登校克服方法と原因

中学校の不登校の原因は、勉強についていけないなどの不安、友人関係の問題、生活リズムの乱れがあります。

親ができる克服方法としては、小学校での方法と似ており、子どもの状況を確認し、カウンセリングや保健室登校などレベルを下げてあげることが大切です。

また、小学校との大きな違いは、勉強のレベルが上がり、授業についていけないという問題があります。

この解決が不登校克服の大きな要因になる可能性が高いです。

具体的には、家庭教師を雇う、情報商材の導入、可能であれば塾に通うなどがあります。

中学校生活において、「勉強は大事なことの一つ」です。

高校の不登校克服方法と原因

高校の不登校の原因は、やはり中学校と同じように友人関係の問題もありますが、勉強についていけないことが挙がられます。

高校では、塾や家庭教師、情報商材の利用だけではなく、通信制高校に通う選択肢もあります。

通信制高校について詳しく知りたい方は是非 「通信制高校に行くためには?受験内容とおすすめ対策をご紹介!」を参考にしてみてください!

通信制高校は勉強が苦手な人や友人関係に悩みなどの経験がある人が多いので、身を置く環境として整っています。

気の合う仲間に出会える」可能性も高くなりますし、サポートも手厚いです。

通信制高校に通うことも選択肢の一つとして考えてみてはどうでしょう。

通信制高校に行くべき人について詳しく知りたい方は是非 「通信制高校は不登校の人が行くものではない!通信制高校に行くべき人は ?」を参考にしてみてください!

大学の不登校克服方法と原因

大学の不登校の原因は、友達ができない、将来に対して不安がある、友人関係の問題からのネットやゲームに依存してしまうことがあります。

解決方法としては、学外活動、例えばゼミ、サークル、他大学とのコニュニティーなどに参加することです。

また、情報収集をすることで、目標などが見つかり、頑張るきっかけになります。

親としては、まず「話を聞いてあげる姿勢」を持ちましょう。

全体としての不登校克服方法と原因

全体としての不登校の原因は、家庭環境の問題、発達障害などの病気を持っている、学業不振、非行や遊びなどがあります。

いずれも親が普段から子ども接する上で変化などを感じ、早期に対策することが大切です。

まとめ

まとめ

今回は不登校を克服するために親や周囲ができることについて紹介しました。

不登校の子どもに対して不安や焦りがあると思いますが、焦る必要はありません。

子どもとしっかりと向き合うことで、目標を持って不登校克服に向けて取り組みましょう。

自分たちで解決できないことは、「周りや専門家に相談すること」を大切です。

あわせて読みたい

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ

不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ
不登校や引きこもりの子どもの面倒を見ている親は、毎日不安や焦りでいっぱいですよね。 しかし、子どもを思っての言動が逆効果を生んでいる可能性があるのです。 今回は、親の対応として実はNGなことを6つ紹介します。 子どもの長期的な幸せを願うのであれば、まずは自分自身が前向きな生活を送りましょう。 この…

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!

【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!
通信制高校に通いたいと考えている方の中には、「高校生だから制服を着たい!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 制服があると登校日が楽しくなりますし、何より私服よりも断然楽ですよね! 今回は、登校日が楽しくなるような、可愛い制服がある通信制高校をご紹介していきたいと思います! 通信制高…

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!

【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!
通信制高校に通いたい! できるだけ学費が安いところがいいのだけれども、通信制高校って実際に学費がどのくらいかかるのか全く分からない。 そんなお悩みをお持ちの方って多いと思います。 通信制高校もたくさんの学校やコースがあり、迷ってしまいますよね。 ここでは、学費をできるだけ抑えたい人に向けて、学費の…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00