通信制高校・サポート校を簡単検索&一括資料請求!

日々輝学園高等学校
  
入学できる都道府県 全国対応
制服 あり  
スクーリング あり
クラブ活動 あり
「支えあい、学びあい、高めあう」をモットーに生徒一人一人の心と個性を見つめて、それぞれの「よさ、可能性」を伸ばすことのできる教育に取り組んでいます。 ・一人一人を大切にする少人数クラス 1クラス25名前後のゆとりのあるクラス編成と、きめ細やかな指導で、一人ひとりが自分のペースで学習や友達づくりに取り組めます。また、学習室での個別授業など、個別指導のための学習プログラムも用意されています。 ・全日スタイル 1年時は基礎学力の充実に重点を置く「総合クラス」または不登校経験を持つ生徒のための「セルフラストクラス」のいずれかを選択します。2年次からは、興味・関心や進路希望に応じたコースを選択します。 ・学力と個性を伸ばすカリキュラム 単位制を活かしたカリキュラムで、高校生としての基礎的な学力の定着を図るとともに、ユニークな自由選択科目で自分の興味のある事柄にも取り組みます。 ・学びなおしから始める学習指導 1年時では国語、数学、英語を中心に「学びなおし」に取り組み、高校学習の土台を身につけることができます。 ・心の力を高めるメンタルサポート 不安や悩みを乗り越えられるよう、スクールカウンセラーと全て教員が連携して、色々なサポートをしています。

 本校は、その前身である「武蔵国際総合学園」(昭和63年開校:学校教育法55条の技能連携校)の創立以来、「一人ひとりを大切にする」を基本姿勢に、学力不振や不登校に悩む生徒たちを積極的に受け入れ、個々の生徒と向き合いながら、それぞれの「よさ・可能性」を育み伸ばし、個としての「生きる力」を培うことのできる教育作りに取り組んできました。

 そのために、本校では、生徒たちの実情把握を念頭に置きながら、通信制・単位制の特長を生かしたカリキュラム編成や、工夫ある指導・支援の研究・実践に努めています。

日々輝学園高等学校の特徴
学び直しからのスタート -「わかる・できる」を実感できます
学習状態の把握が指導の出発点

 中学校までの学習到達度が不十分なままに、高校の学習に取り組んでも、新しい学習内容の理解・定着は困難です。本校では、まず、学力診断テストや個人面談等により、「何が、どこまでできるのか」、「何が、どこからできないのか」という生徒一人ひとりの学力の状態をさぐりながら、その生徒にどのような指導が必要なのか把握するところからスタートします。

学び直しで「わかる・できる」授業に

 総合クラスの学習指導については、国語・数学・英語を中心に、中学校までの復習学習に取り組む「学び直し」から始めます。教材としては、マナトレ等(ベネッセ発行)を活用し、「わかる・できる」という実感を大切に、その積み重ねが学力の向上につながる授業作りに努めています。

生徒の理解度・習熟度をつねにチェック

 また、授業は、生徒たちが、「取り組みやすい」と感じられるように、「一時間ごとの完結型授業」や「学習内容を整理・理解できる板書」、また「指導から活動への適切な流れ」などに留意・工夫しています。さらに、日常的に小テストや形成的評価を行い、各生徒の理解度・習熟度をチェックし、個別の状態に留意した指導を進めます。
一人ひとりを伸ばす、多様な学習指導 -自分に合った学び方を身につけます
指導のサイクル化で学習の習慣化を

 自分に合った学習スタイルを身につけながら、学力を向上させるには、学習の習慣化が不可欠です。そのために、総合クラスでは、生徒たちが、「学習=授業」としてではなく、「授業 → 復習 → 確認テスト → (自己)評価」という「サイクル」として学習を理解し、前向きに取り組むことで学習の習慣化を促進できるよう、授業から評価への適切な流れ作りに留意・工夫した学習指導に努めています。

一人ひとりを大切にする「声かけ」補習

 教員にとって、生徒たちの「わからない、つまらない」といった本音をキャッチすることも、重要な学習指導のひとつです。本校では、確認テストやノートチェック等に加え、授業中の生徒の様子を注意深く観察し、必要と思われる生徒には、教員から「声かけ」をして、つまずきが見られる部分の補習等を実施しています。

楽しさ・やり甲斐で「好き」を「得意」に

 生徒たちにとって、検定などの具体的な目標や、興味・関心に焦点を当てた学習などは意欲を持って取り組めるテーマです。そのために、本校では、科目学習と関連づけて、漢検や英検、情報処理検定を積極的に実施しています。また、「アウトドアゼミ」や「自然科学ゼミ」などの少人数ゼミ形式の自由選択科目も用意されています。

「学び方」を学ぶ学習カウンセリング

学習内容をよく理解できていない生徒の場合、「どのような方法で学習すればよいのか」、「わからない内容にどのように取り組めばよいのか」など、学習の仕方自体が身についていないケースが少なくありません。
この課題は、基本的であると同時に、最も重要な課題でもあります。総合クラスでは、定期的に学習方法についてのガイダンスや学習カウンセリングを行い、生徒たちが「自分に合った学び方」を学べるように支援しています。
新しい仲間たちと共に -クラス活動で社会とかかわる力を養います
新しい仲間づくりのために

 生徒たちが、落ち着いた学校生活を送るためには、新しい仲間たちとの関係づくりが大切です。

 そのために、クラス担任は、生徒たちが自然に友人の輪を広げていく様子を見守りながらも、周囲とうまくなじめない生徒などがいた場合には、その生徒の気持ちを十分に踏まえたうえで、無理なく関係づくりができるように支援します。

 また、新しい仲間たちとの関係づくりをうながし、コミュニケーション能力を高めることをねらいに、グループエンカウンターやアサーショントレーニングなどの心のエクササイズを学級活動に取り入れています。

社会力を高めるクラス活動

 さらに、本校では、係活動や行事などの学級集団としての活動を重視し、クラス担任が学級経営を工夫することで、生徒たちが、集団の一員としての物事への取り組み方や人間関係力を学び高めることができるように取り組んでいます。

東京校
住所:〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢1061-1
最寄駅:西武池袋線「武蔵藤沢駅」西口より徒歩12分、JR八高線「金子駅」または西武新宿線「入曽駅」よりスクールバス15~20分

神奈川校
住所:〒252-1104 神奈川県綾瀬市大上4-20-27
最寄駅:相鉄線「さがみ野駅」南口より徒歩12分

横浜校
住所:〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-10-18
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン「仲町台駅」より徒歩2分

宇都宮学習センター
住所:〒320-0803 栃木県宇都宮市曲師町4-3 マロニエセンタービル
最寄駅:東武線「宇都宮駅」より徒歩5分、JR「宇都宮駅」より徒歩15分

さいたま学習センター
住所:〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町2-60 仲町川鍋ビル
最寄駅:JR「大宮駅」東口より徒歩5分
通信制高校の特徴
現在、通信制高校は全国で209校、約18万8,000人もの方が日々学習しています(平成22年度「学校基本調査」より)。
一生に一度の高校生活、せっかく通うなら自分にぴったりの学校を選びましょう!
page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声