通信制高校・サポート校を簡単検索&一括資料請求!

東海大学付属望星高等学校
  
入学できる都道府県 東京、熊本
制服 あり  
スクーリング あり
クラブ活動 あり
東海大学付属望星高等学校は春学期・秋学期のニ学期制をとっており、入学期は4月と10月の2回設けてあります。また学期ごとに単位修得のチャンスがあります。本校には放送教育コース、平日教育コース、技能連携コースの3つのコースがあります。放送教育コースでは、インターネット配信による高校通信教育講座を行われているので、全国どこでも視聴することができます。東京校のスタジオで同講座を収録する教員はスクーリングでも直接生徒を指導していますので、生徒の状況を考慮した内容となっています。放送講座を視聴してレポートを作成し、レポートの添削の指導を受けていくのが学習基本になります。放送講座によりスクーリングの10分の6が免除になるため、通常は週1回の登校が、月2回程度になります。 平日教育コースは東京校のみです。月、火、木、金曜日の週4日登校して授業による学習を進めていきます。授業は自分で選択して、自分で専用の時間割を組むことができます。技能連携コースは専修学校入学と同時に本校に入学し、3年間で専修学校と高等学校の両方を卒業することができます。毎日専修学校に通いながら、高等学校の学習も行います。

学費について
「放送教育コース」
入学金:20,000円 施設設備費:8,000円 授業料:123,600円
諸会費:64,800円 合計(年額):216,400円
「平日教育コース」
入学金:190,000円 施設設備費:39,000円 授業料:280,800円 諸会費:188,800円 合計(年額):698,600円
※両コースとも高等学校等就学支援金(月額9,900円、年額118,800円)を受けることができます。

東海大学付属望星高等学校の進路状況
進路先
「卒業者数:716名(含む技能連携コース)」
併設大学:110名/他大学:70名
短大:15名 専門学校:130名 受験準備:227名 就職他:164名

〒151‐0063  東京都渋谷区富ヶ谷2‐10‐1
通信制高校の特徴
現在、通信制高校は全国で209校、約18万8,000人もの方が日々学習しています(平成22年度「学校基本調査」より)。
一生に一度の高校生活、せっかく通うなら自分にぴったりの学校を選びましょう!
page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声