通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何?通信制高校口コミ・評判 > 代々木アニメーション学院高等部 口コミ・評判
代々木アニメーション学院高等部 口コミ・評判

代々木アニメーション学院高等部の口コミ・評判一覧です。
通信制高校を選ぶ際に参考にしてください。

夢に向かって走り出したい人も、夢を探したい人も、代々木アニメーション学院で未来への第一歩を踏み出しましょう。




<最新投稿>
プロになることの厳しさ、挨拶の大切さなどを教えてくれたのは、代アニの先生でした。悩んだこともあるけど、学生時代に作品を完成させられたことが良い経験になりました。おかげさまで、志望の事務所への所属が決定しました。
アフレコ、吹き替え、ナレーション、フリートーク、ダンス、歌と、とにかくいろいろな分野のことを学べる。他の学校と比べると学費も安いし、実績のある学校なので安心して通えます。
男子と女子の間に垣根がないから、何でも本音で話せる人間関係なのが良い。礼儀を重んじる学校なので挨拶に関しては厳しいけど、それも将来ことをかんがえるとためになった。
学生時代は、毎日が新しいことの連続でとても充実していましたです。授業でマイクワークなどの基礎を学んでいたこともあって、プロになってからも現場の仕事がスムーズに!ダンスや歌唱など、声優以外の経験ができたおかげで、今の仕事につながってます。
レッスンを受けるたびに、アフレコでの立ち位置や感情の表現方法など、丁寧にアドバイスをもらえるのが良いです。独学じゃここまで出来ないし、個性を磨くには最適なところ。
アフレコ体験ができ、とても楽しかったです。卒業してからも、すごく役に立っています。
学校の先生が熱心に学校のことを説明してくれたので、学校選びの際に迷うことなく代アニを選ぶことができました。
同じ目標を持った仲間が多く、お互い切磋琢磨し毎日充実しています。
出番がくるまで控えていた声優さんが、出番がきてマイク前でスタンバイしている時の空気が違いました。私は、切り替えが遅いと思うので、早く出来る方法が昼用だと思いました。
そして、今の私たちと圧倒的に違ったのが声の大きさでした。特に私は「声が拡散して通る声ではない」と先生に教えていただいたので、発声方法から考え直そうと思います。(渡邉桃子さん)
マイク前での演技はできるだけ、映像に近い動きをすること。収録中に一番印象に残ったのは、マイク前でとにかくよく体が動いていた事だった。自分達が授業でアフレコをした時は体がまったく動いていなかった。それは、自分達がどれだけ台本に書いてあるセリフを読んでいるだけだったかを思い知らされました。(田中藤丸くん)
いざ中に入ると、監督さんをはじめ、作品に携わっているたくさんの方達に出会いました。あ、これがプロの空気なんだなと感動しました。失礼のないように必死でした。プロの方々なので当然なのでしょうが、やはり一つ一つの演技を大切にしていました。(中井詩織さん)
目の前で自分が知っている声優さんの演技を見て、画面の中で生きているキャラクターとシンクロするような動きや体に力を入れたりなど、目で見て盗める部分をたくさん自分に吸収しようと声優さんたちを一生懸命見つめました。
自分は今回ミキサー室の最前列で見学していたので声優さんの演技以外にもミキサー室の中にいる音響監督さんやスタッフの流れを見ました。(石ヶ守伸之介くん)
今回の見学の中で一番驚いたことは演技中の動きです。特に細谷さんは激しく動いていたことが印象的でした。
他にもやはりプロだと感じたのが、監督さんからの注文に素早く応えることが出来るという点です。
あとはアドリブです。台本に書かれていない言葉を細かく入れていて、これがリアリティの秘訣、キャラクターとしてその場に生きるという意味なのかと思いました。(桑島 葵さん)
プロの方々の様子を見て最初に思ったのはマイク前に立っていても表情が柔らかかったことです。それでも演技自体はとても真剣で迫力がありました。それでいて、役として自然な受け応えをしていて、更に監督の方々の指示にも即座にしっかりとした受け答えをしているのを見受け、常日頃から先生方からアドバイス頂いている「自分の引き出しは多いほうがいい」という言葉を、改めて強く感じました。(前田将考くん)
今回学んだことで、皆にも伝えたいな、と思ったのは「アフレコでも全身を使うこと」と「引き出しを増やすこと」です。今回声優さんのアフレコを見て思ったのは、まるで舞台に立っている時のように全身を使って発生していたことでした。思わず絵に合わせて体が動いてしまう程でした。もっと力を使って声を出すこと、それから現場で臨機応変に対応できるよう、沢山の感情の引き出しを持つことが大切ということ。それを共有したいと思いました。
今日、スタジオ見学が出来て良かったです。自分の中で新しい気持ちが湧いた気がします。これからそういったお仕事を貰えるように学校でも今以上に一生懸命レッスンに励みたいと思います。(松本 瑞希さん)
今の日本では非常にアニメに関連したブームがやってきてると思う。深夜アニメから一般のアニメまで大変盛り上がりを見せていて今後ももっと伸びていくと考えている。また昨今のアニメブームから派生して声優ブームが爆発的なものとなっていてアニメ産業は興隆の域にあると言える。そんなアニメに関する事は代々木アニメーション学院高等部が詳しいと思ってる。代々木アニメーション学院高等部は名前通りアニメに関する授業をしっかり行っており評判はすこぶる高い。実は僕も若い頃入学を真剣に考えた事があり色々と情報収集をした事があって学校見学もしたけどやはり評判通り素晴らしい施設と授業内容であり進学したかったが縁がなかった。代々木アニメーション学院高等部はアニメーターから声優とアニメに関するさまざまな経験が積めるので評判は良い、そして本気でアニメ関係の仕事を目指すなら悪くない選択肢だと思ってる。自分には縁がなかった世界だけど機会があればまた覗いてみたいと考えている。
代々木アニメーション学院高等部はアニメーションに関する様々なことを学べる学校です。例えばアニメーター、声優や漫画家などアニメに関することをここでその技術を学べることができ、アニメ業界につとめたいものはここで勉強したいと評判はすごくいいのです。代々木アニメーション学院高等部は東京だけでなく、大阪や名古屋など主要都市にも多数あるので、比較的通いやすく便利です。 また、代々木アニメーション学院高等部とその名の示すとおり、ここを卒業すると高校卒業資格を取得することができ、勉強とアニメの技術と両立できるので、専門家への近道だともっぱら評判になっているのです。 この学校の卒業生たちは声優やアニメーターなどこの業界では名の通った人達がたくさんいます。ここを卒業すれば一人前の仕事がかならずできるようになると評判だったので、私も進路として選びました。仲間と相談しながら制作していくアニメは厳しく大変な学校生活を楽しいものに変えてくれます。
page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声