通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何?通信制高校口コミ・評判 > 翔洋学園高等学校 口コミ・評判
翔洋学園高等学校 口コミ・評判
<最新投稿>
私は1年生の時、迷い悩みながら翔洋学園に編入しましたが、親切な先生方や仲間に恵まれ、すぐに学校生活に馴染むことができました。翔洋学園は、私たちが社会に出た時に本当に必要な自立心を身につけられる学校です。
先生方はみなさんとても親身になって接してくれ、特に就職活動では多くの先生方に指導していただきました。日々のレポート学習などは自分で計画的に進めていかなければならないので大変でしたが、それをやり遂げたことは社会人になってからの大きな自信になっています。畠山明子さん(平成17年度卒業/こまつ歯科医院勤務)
1人で勉強するのは不安でしたがショウヨウでは近くの学習センターでひとつひとつゆっくり授業して貰えるので、勉強がはかどります。
いわき市のショウヨウで希望の進路に沿って、受験科目や作文の対策をしてもらいました。
授業についていけるか不安でしたが、自分のレベルに応じてレポートを選び学習をスタートできるので、安心しました。
行事のアイススケートでみんなと仲良くなれました。
ホームルームの「講話」では、生きることや、命の大切さについてなど生涯ためになる貴重な話を聴く機会がありました。
勉強に対してさぼり癖があったのですが、翔洋学園ではレポートの提出状況などをもとに三者面談があるので、自分に厳しくなれました。成績が伸びるとすぐに気づいて褒めてもらえたので、自信と勉強への意欲に繋がりました。
私は作文が苦手だったのですが、翔洋では作文の時間を多くとっているので、書き方のコツがわかりました。大学受験の小論文もスラスラ書くことができ、無事志望大学に合格しました。
母の体調が悪く、家の手伝いを優先したかったので授業数の多い一般的な高校は通えないと思っていました。自分のペース学業に取り組見たいと思い通信制高校を選びました。また、先生や友達が温かい声をかけてくれて励みになりました。
1人ひとりの意見に耳を傾けてくれる学校です。
前の学校で分からなかったことを重点的に勉強できたので、効率よく勉強できました。不登校期間のブランクがありましたが、周りに追いつくどころか、良い成績を取ることができました。
制服を着ても着なくてもokな自由な校風です。外見より、内面を見てくれるいい学校です。
職業訓練で、自分が将来つきたい職業をイメージできました。
アイススケートをスクーリングでやったとき、みんなと仲良くなれた!
シュシュ作りたのしかった!女の子の友達がいっぱいできました!
勉強に苦手意識持ってたけど、科学センター見学にいって、勉強頑張ろうとおもいました。
無事志望の4年制大学に合格できました!なかには慶應義塾大学とか明治大学とか難関大に合格した友達も・・
とても楽しかった。お店で何気なく買っているソーセージがこんな風に作られているんだと分って,良かったです。家で皆で頂きます。 (下館学習センター/手作りハム・ソーセージ体験/N・Rさん)
ピストルみたいな部品で羊の腸に詰めるのが,大変でしたが,あまりの美味しさにびっくりしました。今度は家族で来たいです。(下館学習センター/手作り手作りハム・ソーセージ体験/M・Sさん)
シュシュは縫い目が目立たないので作りやすく簡単!家でも作りたい。(会津学習センター/手作りシュシュ体験)
今まで「何でだろう?」と不思議に思っていたことが知れてスッキリしました。当たり前だと思っていたことが,こんなにエネルギーを使っていたりしていたことにビックリしました。(土浦学習センター/2年次女子)
色々な科学のことなどを勉強して,沢山のことを知れて,本当にためになりました。120キロもある宇宙服で,宇宙では普通に歩けるのを知り,すごいなぁと思いました。(土浦学習センター/2年次女子)
今回の校外学習では,中学校では実験したことのないことばかりで楽しかったです。ろ紙を使った実験では,色がうまく出ませんでしたが,良い経験ができました。理科の実験以外でも,はじめて会った人と協力して実験ができ,いい経験をつめました。(土浦学習センター/1年次女子)
紫キャベツ水に重曹を入れると青っぽく変わった。(アルカリ性は青に変わる)更にお酢を入れると赤紫っぽくなった。(酸性は赤に変わる)試験管で試したところ,グラデーションになって,きれいでした。(土浦学習センター/1年次女子)
センターの近くにあんなに多くの本を持つお寺さんがあるとは驚きだった。冷たいお茶がうれしく,専門書に圧倒されました。家でゆっくり読みたいです。(下館学習センター/図書館体験/A・Aさん)
震災の後から翔洋の先輩がアルバイトをしていて,読んだ本の多さに 感心した。2冊借りました。近いので,また借りに来たいです。(下館学習センター/図書館体験/M・Sさん)
住職さんが40歳から一念発起で修業につき,現在に至るとは凄いと思った。(下館学習センター/図書館体験/R・Nさん)
翔洋学園高校は通信制のスタイルで勉強することができる学校です。そのため、アルバイトをしながら勉強に取り組んだり、自分が好きなことにとことん打ち込んだりしながら学習することができます。翔洋学園高校を卒業した人の進学率もとても高く、4年制の大学や短大に進学する人も珍しくありません。そのため、自分の好きなことをしながら自分の希望でどの科目を履修するのかを選ぶことができるということで、周りから言われて学ぶのではなく自らが動いて学ぶということで地域の人々や保護者からも高い評判を得ている学校であると言えます。翔洋学園高校の特徴である通信制というスタイルは、学生の自由度を高めるのと同時に本当に学びたいという人が集まるので自動的に地域や保護者だけでなく、様々な教育機関が注目する学校になっています。通信制というスタイルについては様々な評判がありますが、メリットは何かをしっかりと考えながら生徒、一人ひとりの学ぶ姿勢を大切にするということが確実な評判の良さにつながると言えます。
翔洋学園高校は、通信制の高校です。そして、この学校は、日本で学習センター方式という教育方法を初めて採用し、行っている学校です。翔洋学園高校の授業のほとんどは、レポート学習です。学習をする中で、分らない点や疑問に思うところがあれば、学習センターで教育支援を受けることができるようになっています。翔洋学園高校の学習支援センターは、日立市、水戸市、千葉市、東京都豊島区、新潟市など10箇所に設けられています。この特殊な学習形態をとっている翔洋学園高校の評判はどうなのでしょうか。翔洋学園高校は、いじめなど諸事情で不登校になってしまい高校を卒業できなかった、という子供が再び学ぶことができる学校として評判が良いようです。また、高校の授業についていくことができなかったという子供にも、1人1人の学力に合わせて学ぶことができるという点や、将来の進路について細かな進路指導をしてくれる、ということでも評判が良いようです。
翔洋学園高等学校の学習内容と学費

翔洋学園高等学校では、生徒それぞれの学力に応じたレポート学習指導を行っており、最寄りの学習センターで、各教科の教員がレポート学習を個別指導しています。進路相談も充実しており、進路希望に沿って、履修科目を1人ずつ面談しながら決めていき、進路説明会や面接練習、作文・履歴書指導なども実施しています。翔洋学園高等学校の学費は、入学金は0円、授業料は1単位あたり800円、施設設備費は年額34,000円です。
翔洋学園高等学校で青春時代

翔洋学園高等学校は通信教育高校の中で日本で初めて学習センター方式を導入しました。これは通信だけでなく、最寄りの学習センターで教師がそれぞれ学習のサポートをしていくものです。これにより細やかな学習習得ができ、又生徒一人一人に細やかなフォローをすることができます。又年間行事も充実していて、生徒同士の交流を深め、勉強以外の心の教育もできています。翔洋学園高等学校はそれぞれの将来を見据え、生徒にあったコースを選べます。ご家族とのつながりを大切にしてコースの内容を安心して受けられるシステムです。
就職活動のため翔洋学園高等学校に入学しました

高校中退をしてからは、家に引きこもりがちでした。友人たちは、大学に進学して青春を謳歌していました。高校を中退したことは後悔していませんが、大学進学できずにいることは後悔していました。ネットで検索していたら、翔洋学園高等学校の事を知りました。フォローがしっかりしている翔洋学園高等学校なら、大学進学や就職活動のためにも有利でした。将来の就職活動のためにも翔洋学園高等学校に入学したいと思いました。入学した今、マイペースで勉強ができて楽しく毎日を過ごしています。
就職活動のため、高卒資格取りたいと思い翔洋学園高等学校に入りました

中学を卒業してから、働き出しました。アルバイトなどいろいろしてきました。20歳を過ぎて、正社員になりたいと思いいろいろな求人を探しましたが、多くの会社が「高卒以上」の資格が必要だということが改めてわかりました。今からでは遅いかなとも思いましたが、就職活動のためにも高卒の資格を取ろうと通信制の翔洋学園高等学校に入学することにしました。翔洋学園高等学校ではレポートの提出はもちろんのこと、それ以外にもいろんな行事があり、とても楽しく過ごすことができました。就職活動の時も親身になってくれて、履歴書の書き方から面接の練習までいろいろサポートしてくれました。今は正社員として希望の会社で勤めています!
翔洋学園高等学校を中退してみて感じたこと
私は翔洋学園高等学校を中退しました。そして今働いていますが、自分の思うようなところで働けていないのが現状です。やはり、高校中退では希望するような職場で働くことが難しいので、高卒認定が欲しいと思いました。そこで、働きながら勉強通信制の高校に入りました。翔洋学園高等学校にいるころは勉強をする意義がわからなかったのですが、今は自分の意志で勉強をしたいと思っているので大変ですが充実した毎日を過ごしています。高卒認定がもらえたら、自分の夢に近づけるように頑張りたいと思います。
日本初の学習センター方式を導入、安定感のある教育方針が魅力
翔洋学園高等学校は、日本で初めて学習センター方式を導入した高校だそう。全国に学習センターを設けて通信制の高等教育を行うことで、スクーリングやレポートのサポートをしやすくしているのです。長年にわたる実績の積み重ねがありますから、通信制高等学校の先駆けとしてのノウハウがあるし、その方が安心感がありますよね。全国各地の学習センターでも、先生たちのていねいな個別指導が評判です。レポート提出状況などの次第によっては電話連絡や三者面談といったサポートも徹底されていて、家庭と連携することを大切にしているので、親も安心してくれること間違いなし。単なる知識の詰め込みではなく、教師と生徒が心と心を向かい合わせて対話をするということを重視しているそうで、生きる力や思いやりの心、命の大切さなど、知識から知恵への教育もあって、熱血な感じです。校外学習にも力を入れているようで、生徒一人ひとりの声や意見を尊重しているようなので、過ごしやすいと思いました。勉強に遅れがあっても、個別指導が受けられるようですし、進路相談も充実しているみたいで、就職率も90%以上で高いし、卒業後の進路にも不安がない状態になっているようでした。無理のない道筋をつくるには、良い環境が整っていると思います。
page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声