通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何?通信制高校口コミ・評判 > 興学社高等学院 口コミ・評判
興学社高等学院 口コミ・評判
<最新投稿>
私は最初、通信制の高校に偏見を持っていました。
何か全日制以外は学校じゃないみたいな一方的な考えです。
しかし、それは大きな間違いでした。
特に、『興学社高等学院』での授業は大人数教室の高校では絶対にできない、刺激的でアイデア満載の授業でした。
また、この学校では小中学校の復習もできます。
私は、小学校の時から勉強が大嫌いでした。
だから、自分の苦手なところからやり直せるのは本当に嬉しいです。(有賀志緒里さん)
前は全日制の公立高校に通っていたんですけど、いろいろなことがあって辞めました。
しばらくは色々なことをしながら、今後の人生について考えていました。
そこで行き着いた考えは、『高卒資格』は絶対に必要ということです。
しかし、もう前の学校のような経験は嫌でした。
高校生活を本当に楽しめる学校をいろいろ探していた時に、『興学社高等学院』の存在を知りました。
今は、学校とバイトで忙しくも楽しい毎日を送っています。(土田啓樹くん)
前に通っていた公立高校は、1年の秋に辞めました。
理由は、バイトが忙しかったからです。
『興学社高等学院』の良さは、何といってもバイトと学校が両立できるところです。
今は学費も生活費も自分で稼いでいます。
さらに販売の道を究めるために、販売士検定にも挑戦しました。
当然、合格です。(須貝美紀さん)
僕は、普通の高校が嫌でこの学校に来ました。
今までは、『授業=退屈=時間つぶし』みたいに考えていました。
しかし、ここでの授業は本当に楽しく、初めて学校行くのがとても楽しみになりました。
ここでは、とにかく色んなことが学べる!
そして、先生が本当に面白い!
これからもこの学校で色んなことを経験していきたいと思います。(児玉聖くん)
英語のスペシャリストを目指すコースで、英語力を強化しました。
発達障害のある人も受け入れてます。
修学旅行はコースを自分で選んで、行動します。今から楽しみ!
オープンスクールで、みんなで白玉を作ったのが楽しかったです。
休み時間に、授業で習った問題のおさらいをしている人がいたり、真面目な人が多いです。
アスレチック遠足が楽しかったです。
行事がたくさんあるので、勉強以外にも充実しています^^
ずっと夢だったパティシエの職業体験ができて、やる気が出ました。アロマテラピーやサウンドクリエイターなどいろんな職業が体験できます。
指定校推薦の数が多いようなので、先生に相談するといいと思います。
あらかじめ決められた授業を受けるのではなく、自分に合った「my時間割」を作成し、生活スタイルに合わせ、無理なく楽しく授業に参加できます。
※必修科目を除く通常の高等学校の学級では40名程度の生徒がいますが、生徒全員に目が行き届くよう、基本的には少人数制のクラス編成を行います。
そのため、生徒一人ひとりと十分にコミュニケーションを図ることができ、進路指導も含め、よりきめ細やかな指導を心がけています。
興学社高等学院の特長と学費

興学社高等学院では、自分の時間割で無理なく通学することができます。個別指導の時間がありますので、基礎から復習することも可能です。各種資格・検定にチャレンジ可能で、大学受験・センター試験対策も万全になっています。また、ソーシャルスキル・トレーニングにも力を入れているのが特長です。興学社高等学院の学費は次のようになっています。入学金は10万円、授業料は50万円、施設教材費は8万円で、分割も可能になっています。
興学社高等学院の魅力について

興学社高等学院は通信制の高校で、様々な理由から高校に通えなくなった生徒の高校卒業資格をとるための学校です。心が疲れてしまったり、家庭の事情などから学校を断念せざるを得なかった方たちに手厚いサポートの元笑顔を取り戻す事のできるように全力で応援していきます。特徴としてコースがたくさんあり、54ある授業を自由に選択することができます。これにより、無理なく専門的な知識を習得できたり、興味の向上心が芽生えたりと将来の進路に大きな力となることができます。又、興学社高等学院は保護者向けに心の病のカウンセリング法や講義などを積極的に行い、学校と家庭が連動して生徒をサポートできるシステムになっています。
高校を中退して興学社高等学院に入学しました
私はせっかく入った地元の高校を中退してしまいました。自分のしたいことが見つからなかったことや、全然楽しくなかったからです。でも私には夢があります。私は英語が好きなので、英語を生かした仕事をしたいのです。高校中退では就職先も見つかりません。それにもっと英語を学びたいとの思いもありました。そんな理由もあって興学社高等学院に入学しました。興学社高等学院では全授業の3分の2を英語の授業にでき、自分のしたいことができ毎日とても楽しいです。いろんな子がいろんな思いでこの学校に通っています。同じ思いを持った友達にも出会え、本当に充実した日々を送っています。
高校在学中から興学社高等学院に転校しました。
今ある高校に通っている男子学生です。学校がいやとか、いじめられているとかではなくどうしても学校のカラーになじめないのです。いやなところにずっと通うのもストレスたまるし、やめるか考えました。しかし、親が高校だけは出ておきなさいというので迷っていました。 そのとき、知ったのが興学社高等学院です。途中でここに変わっても大丈夫な学校で私みたいな学生も多く集まっているとききました。すぐに興学社高等学院に転校しました。これならもっと早くに転校すればよかったです。
不登校をきっかけに興学社高等学院に転校
僕は前に通っていた学校に馴染めず不登校になりました。勉強をしたくないわけではなく、むしろ勉強をしたいと思っていたので環境を変えるために興学社高等学院という通信制の高校に通い直すことにしました。気持ちが一新したおかげで気分が明るくなり、新しい生活を満喫しています。今は興学社高等学院に転校してよかったと思っています。これから先、自分がやりたいことを見つけて目標に向かって頑張っていきたいと思っています。

「my時間割」で、自主性UP!
決められた授業を受けるのではなく、「my時間割」というシステムを導入して自分のスタイルに合った時間割をつくることができるのが特徴的だったのが、興学社高等学院です。普通科、個別科、英語科、転編入コース、フリースクールコースといったカリキュラムがあって、それぞれその「my時間割」のシステムを導入しているので、自分にとって何がいいのか選べるのがうれしかったです。先生はスクールカウンセラーとして、我々の悩みを受け止めてくれていました。自習スペースに常駐してくれていたので、聞きたいことはその場で聞けて良かったです。生徒全員に目が届くようにしてくれていましたので、安心して過ごせる環境がありましたよ。少人数のクラス編成で、教科学習を中心とした集団授業や各個人のペースで進めるスタイルの個別授業、独自の授業を用意している専門の特別授業がありました。選べるので、気が楽です。レポートやスクーリングはもちろん、パソコン授業といった就職後の即戦力としての技能カリキュラムもあったのは、ありがたかった。年間を通じてイベントも多かったので、楽しく過ごしながら、無理なく卒業しました。そうした環境の中で学んだことは、知識だけではなく、自主性もあったと思います。おかげで、社会となった今では、活き活きと生活することができる能力を身につけることができたと思います。

page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声