通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何?通信制高校口コミ・評判 > 鹿島学園高等学校  口コミ・評判
鹿島学園高等学校  口コミ・評判

鹿島学園高等学校の口コミ・評判一覧です。
通信制高校を選ぶ際に参考にしてください。

カシマの通信制でそれぞれの夢を叶えよう!
毎日投稿するだけが高校生活じゃない理想の高校生活を自分で作ろう!



<最新投稿>
(18歳 男性)
スポーツと勉強を両立したいと考えて、カシマの通信を選びました。僕は早朝のアルバイトと、ゴルフの練習をしているので、朝10時から12時までの通学コースの授業時間も、自分の生活スタイルに合っていると思いました。キャンパスの明るい雰囲気と、駅から通いやすいところが入学の決め手です。
私がこの高校を選んだのは、パンフレットに学校の雰囲気や不登校サポート制度や学費等魅力的な情報がたくさん載っていたからです。ちなみにウェルカム通信制高校ナビというサイトで鹿島学園に資料請求しました。中学校にあまり通っていなかった方でもカシマなら遅れを取り戻すことができます。
(15歳 女性)
先生が明るいし、みんなフレンドリーなので友達がたくさんできました。学校では友達とお話したりして毎日が楽しい!
あと、行事が色々とあるので、学外の場で友達と交流する機会もたくさんあります。今一番楽しみなのは修学旅行!行き先もみんなで話し合って考えているんですよ。
(17歳 男性)
実は入学したばかりのころは、在宅コースでしたが、すぐに通学コースに変更しました。なぜなら、偶然登校したときに見た教室内の雰囲気が、とても気に入ったからです。学年とか性別に関わりなく生徒どうしの仲が良かったですし、先生方が生徒たちに優しく接していたので、 楽しく通えそうだと感じました。また、卒業後もずうっと友人でいられる先輩もできました。
(18歳 男性)
楽しい行事が多いこともこの高校を気に入っている理由の一つです。友達や先生方といろいろな所に出かけられるので、とても良い思い出になります。楽しいだけでなく、 ボランティア活動や国際貢献につながるような体験もできて、自分の視野を広げることができました。 ほとんど休まず学校に通う僕を見て、親も安心してくれたようです。数ある通信制高校の中からこの学校を選んで、本当に良かったと思います。
(17歳 女性)
最初は友達ができるかなと不安でしたが、入ってみたら、みんな話しやすくて助かりました。前の学校では自分を出すのが怖くてつまらなかったので、マイペースでいられる今の環境は楽ですね。
(18歳 男性)
なかなかキャンパスには通えないのですが、雰囲気が良いので来るのが楽しみです。来れる時だけ来て、後は自宅や練習の合間をぬってレポートを作成できる、というのがとても助かります。
(18歳 女性)
前の学校ではカウンセリングを受けながら精一杯頑張っていましたが、3年生になって課外授業が増え、体力的に辛くなってしまいました。もう限界を超えていたので、学校に行くことも困難でした。 ところが、私は救われました!
近くに鹿島学園の通信制高校である、大船渡学習センター(岩手)があったので、ここなら通えるだろうと母にも勧められ、思い切ってカシマの通信に編入しました。
この選択が大成功。焦ることなく自分のペースで勉強することができるようになり、精神的に安定したのです。体力も徐々に回復して集中して勉強できるようになりました。
体調を崩しての転校でしたので、今回の受験は練習のつもりで来年にかける決意でした。浪人覚悟で焦らずじっくり弱点補強して学習できたのが、結果的によかったのかもしれません。
(18歳 男性)
宿泊行事の参加も、自分のペースでOKです。学校に慣れてきてからでも大丈夫だと思います。
(18歳 男性)
授業でわからないところがあったとき、最初は緊張したけど、素直に分からないと答えたら、先生が丁寧に教えてくれてほっとしました^^
(15歳 女性)
おしゃれしてもOKな自由な校風です。
(16歳 男性)
陶芸などの体験学習が楽しかったです!
(16歳 女性)
セラピストコースで、夢実現に向けて頑張ってます。
(18歳 男性)
年数回のスクーリングで済むので、気が楽です。
(18歳 男性)
将来の夢のために時間を使うのも、進学のために一生懸命勉強するのも自由です。色んな人がいます。
(19歳 女性)
ダンスコースでは、プロのダンサーから直接指導を受けることができて刺激になりました。
(17歳 女性)
編入でしたが、いつでも入学ができ、受け入れてもらえたので安心しました。クラスにも馴染めました。
(17歳 女性)
スキー合宿が楽しかったです。
(17歳 女性)
留学制度も充実しています。
(18歳 男性)
通信制学校は独学なので大変と言われていますが、鹿島は家にパソコンがあればネット指導を受けられるので、スムーズに理解できました。
(16歳 女性)
不登校は自然なこと、という考えの学校なので、安心です。
(17歳 女性)
転入してきても温かく迎えてくれます。
(17歳 女性)
綿を使ったペットのトリミング体験楽しかったです。みんな真剣でした。
(15歳 女性)
優しい子が多いです。
(保護者)
わが子が以前の学校でいじめにあっていたのですが、先生に相談したところとても親身になってくれました。
(17歳 女性)
めざましテレビにも出演されてる畑 友理子さんが入学式でスピーチをしてくださりました。
(18歳 男性)
自分の時間ができ、精神的ゆとりが生まれるから、むりなく通えます。
鹿島学園高等学校はムリなく卒業できる学習システムの通信制高校です。
通信制高校なら入学から卒業まできめ細かいサポートの鹿島学園高等学校へ。好きなときに勉強する「自学自習」を基本とする通信制高校なら自分流の学び方でムリなく高卒資格を取得できます。
学習スタイルも選べ、専属のサポートスタッフがきめ細やかな指導を行う週2日~5日制や、
家庭教師が自宅に来る家庭教師制など様々なスタイルからお選び頂けます。通信制高校なら全日制の鹿島学園高等学校へ。
鹿島学園高等学校は勉学にかなり力をいれてます。
評判はいい方です。
やっぱり公立と比べると生徒の評判も悪い噂聞かないし、とにかく入ったら勉強が大変だって聞きますね。

鹿島学園高等学校は入学する分にはそんなに偏差値高くないのに、進学率がやたら高いから、それだけ勉強に力いれてるんでしょうね。
評判だと課題がすごく多いらしいです。
真面目に進学を考えているなら鹿島学園高等学校が入りやすくてお勧めです。
立地条件が山奥の田舎なんで、電車通学であっても自転車は必須になるでしょうね。
退学者はあまり多くないけど勉強漬けで精神的につらいかもですね。
それ程成績が高くないけど進学考えているならここが一番でしょう。

修学旅行は昔から海外行ってる所でした。運動部はサッカーが盛んです。
アントラーズのサッカースタジアムが近いし、サッカー好きならぴったりの高校ですね。
外国人の在校生も多いです。学校のすぐそばに寮があります。
アジア系の人が特に多いですね。
通信高校の鹿島学園高等学校についての色々な評判や意見についてまとめてみました。
まず、最初に通信高校と一般的な高校の違いはですが全日制や定時制高校であれば、卒業までに220日以上学校へ通学しなければなりませんが通信制高校なら年間に10日程度授業を受ければ良いです。
その為、通信制学校は自宅学習がメインになり、空いた時間でアルバイトやスポーツなど、自分の時間を有効利用できるという意見を聞きます。
得に鹿島学園高等学校は家のパソコンなどからインターネットで指導を受ける事ができ先生達も一生懸命教えてくれると評判です。
いつでも入学ができ、前の学校で取得した単位のことも含めて、卒業するための計画を親身に考えてくれます。
やはり一番良く聞く意見はクラスが少人数制指導ですので、色々な理由により全日制を中途退学した人達が鹿島学園高等学校に入学をして、友達と仲良くなれたや自分が明るくなれたという評判が多くあります。
フリーターから鹿島学園高等学校へ再入学しました。

中学から高校へ一度進学をしました。その高校では、自分が思っていた高校と違い、どうしてもそのまま3年間の学校生活を続けることが考えられず、親にも相談し納得してもらった上で、中退しました。あたらめて、自分にあっている高校を探していたところ、鹿島学園高等学校に出会えました。前の学校で、入学金など多くのお金を親に出してもらったので今度は自分で稼いだお金で進学したいと思いフリーターとしてお金を稼ぎながら勉強しました。お金もたまり、無事に鹿島学園高等学校に入学することができました。いまは、鹿島学園高等学校の生徒として勉強を頑張っています。
高校在学中から鹿島学園高等学校に興味があり、編入しました

自宅から近いということと両親のすすめもあり選んだ高校ですが、あまり下調べもせずに入学した高校なのでいざ高校生活を送っても楽しいと思えませんでした。高校在学中からほかの高校のことを調べ始め、中でも鹿島学園高等学校にはとても興味を抱きました。まずはほかの高校にはなかなかないさまざまなコースがあったことが目に付いたのですが、それ以上に鹿島学園高等学校なら楽しい高校生活を送れそうだと高校在学中から思え、両親にお願いし、編入することにしました。やはり私の選択はただしく、今まで興味があった美術関係のコースに編入し、今は芸術系の大学進学を目指して日々頑張っています。
就職活動のため、鹿島学園高等学校に編入しました

中学生のとき、必死で勉強をして希望の進学校に入学し、これで将来も安泰だと思っていたのに、先生や友人とのトラブルで高校2年生のときに退学をしてしまいました。やはり高校中退では自分が希望するようなところでは採用されない現実にぶつかってしまい思い悩んでいました。そんな時鹿島学園高等学校の存在を知り、もう一度高校生活をやり直すことにしました。就職活動のため、鹿島学園高等学校で再度学ぶことになりましたが、予想以上に学園生活を楽しめ、今までがむしゃらに勉強だけをしてきたのですが、あらためて学ぶことの意義を知ったのも鹿島学園高等学校でした。
大学進学のため鹿島学園高等学校に編入しました

自分の夢を思い描き入学した学校だったのに、友人とのトラブルで不登校になりそのまま高校1年生の夏に中退をしてしまいました。どうしても大学に入学したかったのにこれでは自分の将来もダメになると思っていた矢先、鹿島学園高等学校の存在を知り、編入することにしました。大学進学のため当初は鹿島学園高等学校に編入したのですが、それ以上に同じ悩みをもった友人との出会いや、素晴らしい先生方の出会いで、私もずいぶん変わることができました。もうすぐ大学受験ですが、この調子でいけば、当時から入りたかった大学へも入学できそうです。
社会人になってから鹿島学園高等学校に入学しました

私は19歳で働いています。高校は地元の商業高校に入学したものの、学校になじめず、友人ともなかなか付き合いがうまくできず、結局高校二年生のときに中退し、そのまま地元の企業で働き始めました。ただ社会人になってから思うのはせめて高校くらい卒業しておくべきだったと後悔ばかりしてました。そんなとき、知人から鹿島学園高等学校のことを教えてもらい興味を抱くようになりました。鹿島学園高等学校は社会人になってからでも学べる環境があり、私が以前から興味を持っていた音楽系のコースもあり、入学することになりました。おかげさまで久しぶりに楽しい高校生活を送り、充実した日々を送っています。
主婦になってから鹿島学園高等学校で学びました

私は22歳の主婦です。私の高校時代はかなり荒れた生活をし、学校にもほとんどいかず結局中退をしてしまいました。そんな中今の夫と出会い結婚をし、今は一人子供がいます。育児をする中で、やはり高校くらいは卒業をしておくべきだったと後悔をする日々が続きました。そんな中、鹿島学園高等学校の存在をしりました。主婦でも鹿島学園高等学校なら通信制課程があり、自宅のパソコンで学習ができる「ネット指導制」もそろっているので、子供がいる私にも学べると思い、入学しました。おかげさまで、無事卒業でき、高校卒業の資格を得ることができました。
鹿島学園高等学校の特色と学費について

鹿島学園高等学校は、全日制普通科高校が運営している通信制高校ということで、全日制への転籍ができるようになっており、学割が適用されること、全日制と同じ卒業証書であることが特色です。また、大学進学コース、音楽コース、声優コースなど14ものコースがあり、高卒資格だけでなく、将来の夢に向かっての勉強も着実にしていくことができます。鹿島学園高等学校の学費は、次のようになっています。入学金は5万円、施設費は2万4千円、授業料は1単位7千円(25単位で17万5千円)で、初年度は19万9千円になります。
鹿島学園高等学校の学習スタイルとコースについて

鹿島学園高等学校は、全日制普通科高校に通信制を開設していますので、全日制への転籍が可能で全日制と同じ卒業証書を得ることができます。学習スタイルは、週2~5日制、週1日制、個人指導性、自宅学習制、家庭教師制、ネット指導制、全寮制から、自分に合ったスタイルを選べます。鹿島学園高等学校では多彩なコースがあり、高卒資格だけでなく将来の目標のために充実した勉強をすることができます。コースは、大学進学、アニメ・マンガ・イラスト、声優、芸能・ダンス、音楽、スポーツ、ファションデザイン、メイル・メイク、美容・エステ・セラピスト、ペット、IT、就業支援、保育・福祉、海外留学の14です。
大学進学のために鹿島学園高等学校で頑張る息子
息子は、入学した高校の校風と合わず、1年生の夏休み明けには学校に行かなくなっていました。大学でしたい勉強があるので、自宅で勉強して、大学入試を受けると頑張っていましたが、1人ではなかなか難しいのではと、通信制高校の資料を取り寄せてみました。その中で、鹿島学園高等学校が学習センターが通いやすかったので話を聞きに行くと、自分のスタイルで学習できるのが本人には気に入ったようで、入ることに決めました。鹿島学園高等学校では、学校行事も充実していて、大学進学のためという同じ目標で頑張る友達もでき、本当によかったです。
今の学校を中退して鹿島学園高等学校に。
私はいま女子高生ですが中退しようと思ってます。学校が楽しくないし、通っていても時間の無駄です。だからやめようと思っていますが、その後どうするか考えていないこともありますし、高校は卒業したいという気持ちはいまだにあるのです。 ところがそういう願いがかないそうな学校がありました。それは鹿島学園高等学校です。 鹿島学園高等学校は通信制ですし、私みたいな気持ちを持つ生徒が少なくないようですので、高校生活が楽しみです。これから頑張ります。
鹿島学園高等学校で勉強のやり直し
自分は今派遣社員として働いています。しかし自分は高校時代に悪さをして退学させられました。それで今派遣社員として働いているのですが、やはり高校に行ってもう一度勉強したいという気持ちが大きくなりました。そこで働きながら通える通信制の鹿島学園高等学校を見つけました。鹿島学園高等学校は通信制なので、自分に合わせて授業が受けられるので働きながらでも通えます。また授業も昔と違っていろいろな授業があり、その中から授業を選ぶことが出来るので自分が好きな教科を中心に選択することも可能です。今鹿島学園高等学校で、もう一度勉強をやり直しています。働きながら学校に通っているので大変な時期もありますが、楽しい毎日を送っています。
「考える」力を養う基本理念で、がっちりサポート
鹿島学園高等学校は、生徒の個性に合わせた環境が整えられているようです。自信がが生まれる為の仕組みについてや、学習の態度について、に触れている基本理念のもとに、生徒の希望した進路に進めるように考えられたカリキュラムが選択できるようになっていました。文系や理系の進学する為のコース、美大からアニメやマンガといったカリキュラムが選べる芸術コース、社会のニーズに合わせてつくられた福祉コース、難関大学進学に挑めるような特別選抜のクラスという選択肢を持たせて取り組んでいるようです。鹿島学園は自ら「考える」ということをする訓練をすることで、学問に対する自信と関心を生じさせ、積極性とやる気を引き出すことで生きる活力へと発展させるという方針。そのために補習や部活動の他にボランティア活動も組み込まれた課外活動、高校時代の思い出となる土曜行事の実施、春・夏・冬の休業中に開かれる講習(姉妹校の早慶外語ゼミの選択有り)は高い学習効果を生み出し、SK方式という独自の教授法による英語集中授業と、バラエティとオリジナリティに富んだカリキュラムが用意されていました。単位制の通信制課程では、全国に学習センターを完備。さまざまなサポートで単位取得と高等学校卒業を目指すことが可能とのこと。
page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声