通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何?通信制高校口コミ・評判 > 第一学院高等学校 口コミ・評判
第一学院高等学校 口コミ・評判

第一学院高等学校の口コミ・評判一覧です。
通信制高校を選ぶ際に参考にしてください。

第一学院高等学校は、生徒のチャレンジ・再チャレンジを支援する通信制高校です。




<最新投稿>
(15歳 女性)
パソコンでの学習やWebを通じてのホームルームは、初めてのことばかりで戸惑うこともありました。でも、慣れてくると、勉強とそれ以外の時間のメリハリができて充実した日々を過ごすことができました。勉強も自分のペースでできるので、無理なく進めることができます。
夏に参加したスクーリングでは、ホームルームで知り合った友だちと実際に会うので緊張しましたが、体育の授業や布彩画(ふさいが)と勾玉(まがたま)作りの体験学習など、協力し教え合い和やかなう環境で次第に仲良くなれました。今でも大切な思い出の一つです。スクーリングで得たものは、今もこれからも私の力になっていると思います。
(保護者)
スクールカウンセラーがいてメンタルケアも万全。就職相談にもしっかりと応じてくれるそうです。配慮が行きとどいているので、安心して息子を任せることができます。
(15歳 女性)
この学校に入学してすぐは、勉強も人付き合いも苦手で、何か夢があるわけでもなく、こんな自分で大丈夫だろうかと不安に思ったりもしました。年に一度の2泊3日のスクーリングがすごくいやで、行くまではとても緊張していました。でも、実際に行ってみると、とても楽しかったです。ホームルームで一緒だった人とも実際に会えたし、初対面の人とも話をすることができ、学校の先生もみんな優しくて、楽しくて、スクーリングは嫌なものじゃない!と思えました。これからも少しづつ頑張っていきたいです。
(17歳 男性)
この学校は、サッカーに専念できる良い環境でした。時間が有効的に使えたおかげで、プロの中で練習ができ、自分の成長に繋がったと思います。勉強面においても不満点などなく、スクーリングでは充実した3日間を過ごすことができました。ここで得たことを今後に活かし、将来は世界でプレーできる選手になりたいです。
これから入学する生徒のみなさんにも、夢と勉強の両立を頑張ってほしいです。
(19歳 女性)
楽しく安心して通っていたこの学校を卒業した時は、寂しさも感じました。でも今は、第一学院高等学校 専攻科に進学して、新しい目標を見つけました。これからスクーリングで友達と会えるので、充実した学生生活を楽しみながら夢の実現に向けて頑張ります!
(15歳 女性)
私は中学校のときに不登校を経験しました。高校に入学してからも、ほんの些細なことで再び不登校になりました。そんな私がこの学校に転入したのは、高校卒業に向けて危機感を持つようになったからでした。
ここでの思い出はたくさんあります。中でも体験学習は、大自然の中で野菜を取って食べたり、野菜を出荷するための作業を手伝ったり、大切な経験をたくさんできました。
私の将来の夢は、介護福祉士になることです。福祉の世界で、一人でも多くの人の役に立ちたいと思っています。現在は第一学院高等学校 専攻科に進学し、一生懸命勉強しています。
(20歳 男性)
卒業して二十歳になり、仕事も順調で無事正社員になることができました。この学校に入学して、自分の意外な面を発見でき、社会の厳しさを教えていただきました。ここで学んだことを忘れず、これからも努力していきたいと思います。
(18歳 女性)
私は個人的には通ってよかったと思います。少人数だったので内容も生徒一人一人にキメの細かい指導をしてくれたし、勉強も学校生活も充実してました。
(17歳 女性)
最初は寮生活が不安だったけど、寮母さんが、風邪ひいた時に料理を部屋まで運んでくれたり、感動しました。
(17歳 男性)
スポーツ大会でふだんあまり話す機会がなかった人も含めみんなと仲良くなれました。
(15歳 女性)
オープンスクールで先輩に優しくしてもらい、入学を決めました。
「高校を転校したい」「高校を中退してしまった」「勉強についていけない」「不登校気味だから高校進学が不安」「子どもの高校生活が心配」など、一人ひとりの状況は異なります。 第一学院高等学校は、自分に合った学習スタイルで、自分のペースで高校卒業が目指せる通信制高校です。あなたの通信制高校生活と希望進路の実現をサポートしていきます。
20代のフリーターです。将来の為に第一学院高等学校に入学しました。

私は訳あって高校を中退し、その後、特に何もしない時期が続きましたが、今は、フリーターとして生計を立てています。色々ありましたが、いつまでも人生を悲観していては将来を切り開くことができません。そこでまずは高校を卒業しなくてはいけないと考え、第一学院高等学校の通信課程に入学したのです。幸い、高校は一年終了までは何とか通っていたため、取得していると認められた単位もいくつかありました。そのようなことの確認も第一学院高等学校が親切に対応してくれました。一人ひとりときちんと向き合って、サポートしてくれる態勢が整っていると感じました。第一学院高等学校は、人間の温かさが感じられる素晴らしい場所だと思います。
高校在学中から転校先を探し、第一学院高等学校に移りました。

私は田舎町の生まれで、通える範囲に高校は数校しかなく、その中で、一番偏差値が高い学校に進みました。私は取り立てて勉強を一生懸命していたわけではありません。普通に中学生活を送っていた結果、その高校が自分の偏差値に一番適していただけなのです。ですが、入学をしたら、授業に部活に、自宅での勉強やプライベートまで、何でもかんでも全力投球で実践することを強いる校風で、授業も脱落者が多いのにも関わらず、超一流大学を目指す人以外には、全然わからないような内容をずっと続けるのです。私は精神的にも体力的にも参ってしまい、高校在学中から転校先を探して、第一学院高等学校を見つけました。第一学院高等学校は、進学先も様々ですし、就職する人もいます。超難関校に進学している人もいて、ここなら自分らしさや自分のペースを尊重しもらえると思って入学しました。私にはこのような校風の第一学院高等学校が落ち着くし、合っているのです。
就職活動のため、第一学院高等学校に入学しました。

私は、20代前半のフリーターです。高校を中退して以来、いくつかの職場でアルバイトをしてきましたが、将来は安定した定職に就きたいと考えて第一学院高等学校の通信課程に入学することにしました。就職活動のためには、高卒資格があった方が圧倒的に有利なのです。将来はできれば、30歳になるまでに、何らかの公務員として就職したいと考えています。第一学院高等学校は、本人の意思を尊重してくれ、全力でサポートしてくれるのがとても気に入っています。また、スクーリングで学校に行く時もあったのですが、同じような仲間と本当に楽しい時を過ごすことができました。
大学進学のため、第一学院高等学校に入学しました。

私は、訳あって高校を1年で中退しました。今は、18歳です。大学進学のためと、高校生活をもう一度経験したいという目的のために第一学院高等学校に入学しました。勉強をして、友達とふざけて、夕暮れの時に一緒に帰ったりと、そんな普通のことが第一学院高等学校ではできるのです。私は人生をちょっと遠回りして生きているのかも知れません。でもそれで良いと思っています。自分のペースで、焦らずしっかりと生きていきたいと思っているのです。
社会人になってから第一学院高等学校の通信課程に入学しました。

40代の男性です。私は、中学を卒業後、すぐに就職しました。いくつかの職場に勤めましたが、手に職を持ったこともあり、収入は悪くはなく、家族を養うのには十分です。当時、高校に進学できなかったのは仕方ない事情もあったのですが、自分の子供が高校に通いだすと、私も感じるところがあり、15歳で中断してしまった、学校での勉強を再開しようと思うに至ったのです。そんな私が選んだのは第一学院高等学校です。第一学院高等学校には、若い人だけではなく、私のように社会人になってからもう一度勉強したいと入学した人も多いのです。私も一歩一歩着実に勉強を続け、高校を卒業したいと思っています。
第一学院高等学校に入学した40代のパート主婦です。

私は、中学校を卒業後、事情があって、すぐに働きだしました。その後、良い人に巡り合い、可愛い二人の子供にも恵まれ、幸福な家庭生活を送っていました。子供たちが、手があまり掛からない歳になってきたということもあり、若いころ通えなかった、高校に行きたいという欲求がだんだん大きくなってきたのです。そこで、ネットで色々調べて、第一学院高等学校の通信課程に入学させてもらうことにしたのです。ここの先生や職員には、ビジネスだけでは割り切れない、温かさがあるのです。これこそが第一学院高等学校が人生の波風を人よりも少し多く体験してきた人に受け入れられる所以だと思います。通信課程ですから、パート主婦でも無理をせず、自分のペースで勉強できるのも嬉しいことです。良い高校に入学したと、私だけでなく、夫も子供も喜んでくれているのです。
生徒を一番に考えてくれる第一学院高等学校

第一学院高等学校は、様々な事情を抱えた生徒一人ひとりにあった学び方を提供し、自分のペースで高校卒業を目指せる通信制高校です。メンタル面も臨床心理士の方がサポートに当たるなど、学校全体であたたかく見守ってくれるような雰囲気があります。自己肯定感教育と銘打っているように、子供の自己肯定感を高めて育むことは、子育ての上でとても大切なことです。ありのままの自分をストレートに受け止めてくれ、先生、生徒、保護者共に強い信頼関係を築くことができるのは、第一学院高等学校ならでわの校風だと思います。これだけの親身なサポートを提供しながらも学費は、かなり抑えられているのも人気の一つではないでしょうか。
第一学院高等学校は多様なコースがあります

第一学院高等学校は総合学科の普通・福祉・国際・スポーツの4つのコースと、社会福祉専攻科の介護福祉士・保育士の2コースからなり、多種多様の教育を受けることで出来る学校です。全国に点在する第一学院高等学校所属のキャンパスを使った自分に合った学習スタイルで、自分のペースで高校卒業が目指せる通信制高校で、時間や空間、年齢などにも囚われず、自分が進みたい道や進みたかったと思っていた専門的な知識を学べることが魅力です。
高校在学中から第一学院高等学校へ転校しました

私が第一学院高等学校を選んだのは、海外留学をしてみたいという小学校からの夢を叶えるためです。両親や中学のときの先生は、普通の受験をして普通の高校に行って、大学に行ってからでも遅くはないといいましたが、1日でもはやく日本以外の違う空気の中で学んでみたくて、色々インターネットで調べてみたら、高校卒業資格さえあれば普通の高校を卒業したことと同じになるとわかって、将来の夢のために必要だと思うからと両親を説得し、普通に受験して入った高校在学中からよく考えて決心し、第一学院高等学校へ転校しました。自分の時間を大切にして、学びたいことを学べるということはとても素晴らしいことだと思います。
第一学院高等学校で勉強し直したいと思って

私はいま25歳の会社員です。でもきちんとした教育を受けておらず、社会に出てから本当に苦労しました。それでもう一度きちんと勉強し直したいと思い第一学院高等学校で勉強することにしました。 第一学院高等学校を選んだのは通信制だからです。社会人で学校に通うのはきついですが、通信制なら通えます。もう一度ここでしっかり勉強をして知識を付けたいですし、卒業して高卒だということを胸張って言いたいからです。でももっと上を目指すつもりで今は頑張っています。
大学受験資格が欲しくて第一学院高等学校へ入りました
僕が第一学院高等学校へ入った一番の理由は、大学受験資格が欲しいと思ったからでした。前の高校をいろいろとあって中退してしまってから、いろいろとアルバイトとかして将来のことを考えていました。親からもどうするつもりなのかと強く言われたり、就職活動や受験勉強に頑張っている中学からの友達の話を聞いたりすると、自分はこれでいいのかといろいろと考えるようになりました。やっぱり大学へは行っておきたいと思い、高等学校卒業程度認定試験を独学で取ることも考えて、少し勉強してみたのですが、やはり自力で勉強することはとても難しかったことから、編入もしやすい第一学院高等学校へ入りました。
web教育サービス「スクールシティ」で、高卒を支援
自分に合った学習スタイルを見出しながら、自分のペースで高校卒業を目指すことのできる通信制高校として評判の第一学院高等学校は、地域とともに生徒をはぐくむ教育を実践しているそうです。全国に68もキャンパスがあって、近くに通えるキャンパスコースと、webを通じた教育サービスである「スクールシティ」やDVD教材を使って自宅で学習をすることができる通信コースを選ぶことができます。通信コースでは、年1回2泊3日のスクーリングのみの登校となっており、webやDVDを通じて自宅で学習を進めますが、孤独に作業を進めるのではなく、常時相談を受け付けているため、着実に学力を身に着けることができるとか。また、担任による進路相談もできるようになっており、サポート体制が整っていて安心感があります。近くのキャンパスに通って、高校生活も楽しみながら、自分のペースに合ったカリキュラムを選択することのできるキャンパスコースは、イベントやサークル活動を楽しみつつ、高校生活を通じて得る仲間を見つけているようです。独自の教育メソッドを用意し、自分のこと、周りのこと、勉強のことが好きになる支援をすることで、意欲向上を図っており、また地域全体を学校と捉え、地域と連携していることも特徴です。
page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声