通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何?通信制高校口コミ・評判 > 飛鳥未来高校 口コミ・評判
飛鳥未来高校口コミ・評判
<最新投稿>
大学進学のために飛鳥未来高等学校に転校した体験談
僕は、高校で野球をしたくて強豪校に入ったのですが、1年の夏にケガをして、サポートに回るようになってから野球だけでなく、高校自体行く気がなくなってしまいました。僕と同じように故障で部を辞めた先輩と偶然会い、今どうしているか聞くと、飛鳥未来高等学校に転校して、スポーツ整体の専門学校をめざして頑張っているそうです。野球部の中では、僕は勉強ができる方だったので、大学進学のために飛鳥未来高等学校に転校したらと誘ってくれました。親に相談すると、やる気になったことを喜んでくれました。見学に行って自分に合っていると思ったので、転校を決め、進学補習アカデミーにも入って勉強しています。先輩が勧めてくれて本当によかったと感謝しています。
大学進学のために飛鳥未来高等学校に転校した体験談
僕は、高校で野球をしたくて強豪校に入ったのですが、1年の夏にケガをして、サポートに回るようになってから野球だけでなく、高校自体行く気がなくなってしまいました。僕と同じように故障で部を辞めた先輩と偶然会い、今どうしているか聞くと、飛鳥未来高等学校に転校して、スポーツ整体の専門学校をめざして頑張っているそうです。野球部の中では、僕は勉強ができる方だったので、大学進学のために飛鳥未来高等学校に転校したらと誘ってくれました。親に相談すると、やる気になったことを喜んでくれました。見学に行って自分に合っていると思ったので、転校を決め、進学補習アカデミーにも入って勉強しています。先輩が勧めてくれて本当によかったと感謝しています。
社会人になってから感じた飛鳥未来高等学校の仲間たちの存在の大切さ
飛鳥未来高等学校を卒業して5年が経った。学校生活を送っていたころは普通だと思っていた仲間と過ごす時間が、社会に出た今になって、とても貴重だったものだと感じることが多くなった。社会人になってから関わる人の数は学生のころとは比べ物にならないぐらい増えたが、信頼関係を築くような人とはなかなか出会えない。たくさんの人の中にいる中で感じる孤独感のようなものに潰されてしまいそうな時もある。しかし、飛鳥未来高等学校で出会った仲間がいることは心の支えとなっている。今でも連絡を取り合っていて、時間が合えば集まることもある。みんなを取り巻く環境は様々だが、やはり青春時代に同じ時間を過ごした僕たちの間には特別なつながりがあると感じる。これから先、今まで以上の困難が待ち受けているかもしれないが、飛鳥未来高等学校の仲間がいる限り乗り切っていけるような気がする。
勉強し直したいという夢を飛鳥未来高等学校で叶える
私は二十代の主婦です。子供も大きくなり、空いた時間で勉強し直したいと考えていました。学費の不安が大きかったのですが、飛鳥未来高等学校なら負担も軽く、安心だったので選択しました。通信制の高校ながら、学習面のサポートが充実していて私の目的に合っていました。また、登校日数も年間二十日程度でよい点も、時間が取りにくい私には決め手となりました。また、担任教員がカウンセリング資格を持っていることも、重要な安心材料となりました。自分のペースで無理なく、時に相談しながら勉強に励めます。飛鳥未来高等学校で、私の新たな可能性を見つけていきたいです。
飛鳥未来高等学校を子供に受けさせたいと思った理由
飛鳥未来高等学校を子どもに受けさせたいと思った理由は、正式なカウンセラーでもある先生たちのお力による進学や就職へ向けたアドバイスとサポートが充実しているときいたからです。飛鳥未来高等学校は通信制の高校です。しかし3年間で確実に卒業できるように指導してくださいますのでこれは家計的に本当にありがたいことです。。また姉妹校である専門学校や大学が全国にあり、優先的に入学できるシステムをもっています。授業内容も他とは違い、様々な体験授業が用意されていて、メイクアップやネイリスト、介護職への道も開けています。驚くのは担任の先生が全員、カウンセリングの資格を持っていること。難しい年頃の子どもたちですが、この学校では専門知識をもったベテランの先生方に心身ともにサポートしていただけるのです。子供に受けさせたい学校であると同時に、子供自身が通いたい学校だと言い出し、親子で意見が一致しました。
勉強嫌いだけど飛鳥未来高等学校で頑張る。
今は中学生でみんなは高校進学のため勉強しているけど、僕は勉強嫌いだから進学せず働こうと思っていた。 でも、高校ぐらいは出たい。でも今から勉強してもだめだし、就職先も決まったしどうしようかと思ったけど、後悔はいやだから定時制の高校にしようか迷いました。 その時先生から勧められたのが飛鳥未来高等学校。この学校は通信制らしく今の僕にぴったりでした。飛鳥未来高等学校できちんと勉強して高校を卒業したいと思います。
僕が飛鳥未来高等学校を選んだ理由:大学進学のため
僕は飛鳥未来高等学校へは2年生になる時に編入しました。前の高校は、地元の普通の高校に進んだのですが、勉強も難しくてついていけなくなったところに、唯一の楽しみだった部活で怪我をして、部活が続けられなくなってしまい、これ以上高校に居ても意味がないと思い辞めてしまいました。しばらくはコンビニなどでアルバイトをしたりしていましたが、友達がどんどんと大学進学していき、親からも将来のことを真剣に考えるように言われるようになりました。就職しようかと思っていろいろと調べたのですが、高校中退ではやりたいと思った仕事にも就けないことがわかり、大学へ行く必要性を強く感じるようになりました。飛鳥未来高等学校は中退してしまった高校の単位も活かせることがわかり、また通信制なので自分のペースで勉強できるのが魅力だと思って入りました。僕はできるだけ早く大学受験をしたいので、勉強を頑張って最短の卒業を目指しています。

自分らしさを大切にしながら、夢を形にする
飛鳥未来高等学校という、全国10都市に校舎を抱える通信制の高等学校を卒業しました。図書館やプール、トレーニングジムなどのいろいろな設備が整っていたので、過ごしやすかったです。おかげで、いろいろな面からしっかりとした教育を受けられたと思います。一般的に「通信制高校の授業と学費」に「サポート校の授業と学費」がかかることの多い私立の中では学費が安かったようで、親の負担も軽くて済んだと思っています。幅広いサポートを得ることができて、授業の負担も少なかったのも、通いやすかった理由です。また、スクーリング期間の中でもレポートの指導を受けることができたということも、気が楽でした。全国10都市にある姉妹専門学校の東京未来大学へ優先的に進学できるという安心感があったので、いわゆる「受験戦争」にガツガツする必要もなく、学校の雰囲気は明るくて和やかでした。返って肩の力を抜いて、いろいろなことに挑戦できたと思います。担任の先生にも、ずいぶんお世話になったし、今までにない「恩師」という感覚を知りました。トライアルレッスンなど、いろいろなことに挑戦できるのも良く、将来、どのような道に進めばいいのかということを考えるのにも役立ちました。不安や悩みも少なく過ごせたので、自分の可能性を広げつつ、のびのびと高校生活を楽しみたい人にはおすすめです。

page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声