通信制高校の入学から卒業までの流れ

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何? > 入学から卒業までの流れ
通信制高校って何?通信制高校のメリット通信制高校の選び方入学から卒業までの流れ
入学から卒業までの流れ



通信制高校へ入学してから、
卒業するまでの、
一般的な学習の流れを紹介します。
あなたの将来や学習スタイルに合ってきるかどうか確認しましょう!

ステップ1入学

通信制高校の入学時期は、4月と10月の年2回で、
入学試験なしに入学することができる通信制高校がほとんどでした。
近年では、生徒の意欲や個性を参考に面接や作文を通じて入学試験をする通信制高校も増えてきました。

ステップ2レポート(添削指導)

通信制高校の学習は、レポート提出(添削指導)で進められます。
提出は、郵送が一般的でしたが、最近ではPCや携帯電話など、さまざまな提出方法を活用した通信制高校が増えています。
※年間の提出量は50~60通程度です。

ステップ3スクーリング(面接指導)

スクーリング(面接指導)とは、レポートを作る上で、学習の悩みから、交友関係の悩みまで相談し、担当の先生から直接指導を受けることが出来きるのが一般的な流れとなっております。
※年間の指導は20~25日程度です。
※週3~5日の通学タイプや合宿での集中スクーリング(面接指導)もあります。

ステップ4テスト

レポート提出(添削指導)とスクーリング(面接指導)を受けた後は、単位取得のためのテストが行われます。
※30点以上で合格、29点以下は再試験となります。
スクーリング(面接指導)を通じて、しっかりと担当の先生と相談しましょう。

ステップ5卒業

通信制高校の卒業は、3月と9・10月の年2回あります。
無事、通信制高校を卒業できれば高校卒資格を得ることができます。
最終学歴はとしては、この時点で「高校卒業」となります。

通信制高校には、全日制高校と同様、進学したい方向けに進路指導が充実していて、指定校推薦もたくさんあるので、進学する方が大変多くなっております。
また、就職したい方、向けに、職業相談を設けている通信制高校もあります。

page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声