通信制高校は授業料や、対応地域、卒業後の進路で選びましょう

自分にピッタリの進路を探そう
通信制高校通信制高校って何? > 通信制高校の選び方
通信制高校って何?通信制高校のメリット通信制高校の選び方入学から卒業までの流れ
通信制高校の選び方
学科(普通科・専門学科・総合学科)で選ぶ

通信制高校には、「普通科」はもちろんの事、専門的な技術を学ぶ「専門学科」や「総合学科」があります。特に専門学科の場合は、芸能やスポーツのプロフェッショナルを目指している人や、大学進学を希望している人、ペットや動物・ペットに関わる仕事や福祉関係などのを選択することができるため、将来に繋がる仕事であったり、専門職を目指す人など、夢や目標を実現する近道となってくれます。

授業料で選ぶ

通信制高校にも、私立と公立があります。主には単位毎に授業料が設定されており、1単位あたりの授業料は、公立が180円~1,200円、私立が5,000円~12,000円と言われています。学校によっては、週5日登校のところから、月2回程度で大丈夫のところまでさまざまあり、授業料も学校により異なりますので、しっかりと比較検討をしましょう。

地域で選ぶ

通信制高校の通学区域には「広域通信制高校」と「狭域通信制高校」の2種類があり、
広域通信制高校であれば、遠方でも入学することができます。

【広域通信制高校】
3つ以上の定められた都道府県、もしくは全国すべての都道府県からの入学が可能な通信制高校のこと。

【狭域通信制高校】
隣接する都道府県を含む場もありますが、原則、県単位での入学許可のみの通信制高校のこと。

授業料で選ぶ

通信制高校にも、私立と公立があります。主には単位毎に授業料が設定されており、1単位あたりの授業料は、公立が180円~1,200円、私立が5,000円~12,000円と言われています。学校によっては、週5日登校のところから、月2回程度で大丈夫のところまでさまざまあり、授業料も学校により異なりますので、しっかりと比較検討をしましょう。

スクーリング(面接指導)

通信制高校によっても、スクーリングの形態はさまざまです。あなたのスタイルに合った通信制高校を見つけましょう。多くの通信制高校では、週に3日~4日など決まった日数で通学をするのが一般的ですが、インターネットを利用したライブチャット形式や、短期集中の合宿スクーリングなどあります。

卒業後の進路で選ぶ

卒業後にどのような進路に進むのか、サポートする制度も各学校によって異なります。
例えば、大学進学を目指すのであれば、「高校卒業程度認定資格」の取得を指導してくれるサポート校が併設しているとこは、単位取得までを全面的にフォローしてくれます。
また、専門知識を活かし就職に進むのなら、職業学科が充実しているところがおススメです。

page_top
不登校の方へ 保護者の方へ 卒業生の声