WELCOMEではカンタンに、全国にある通信制高校の資料を請求する事ができます。
資料が届いたらしっかり比べて、あなたに合った学校を選びましょう!!

資料請求は全て「無料」です
何校、資料請求してもお金は
一切発生しません。

お住まいのエリアから通える
通信制高校がわかり、
欲しい学校の情報を簡単に一括で請求可能!

WELCOME通信制高校は、
独自の厳しい参加基準をクリアした
機関のみ提携・参加しています。

通信制高校の特徴

通信制高校は、高校卒業資格を取得できます。
通学の必要が無い高校などがあるため、仕事をしながら高卒免許を取得したい、
夢と勉強を両立したい、コンディションに合わせて卒業したいなど、
ニーズに柔軟に対応できる学習スタイルを提供できます。

編入時の取得単位はそのまま
高校を中退したり、不登校で高校に通わなくなり通信制高校を利用される事があります。
そのようなケースで通信制高校へと編入した場合、編入前に取得した単位は継続する事が可能です。

夢や目標への近道
スポーツ選手を目指している方や、ネイルや福祉などの資格を取得したいなど、通信制高校の専門課程を専攻するのはそういった夢や目標への近道です。
全日制の普通教育だけでは学べない実習や経験を積み、より実践的な知識が習得できます。

単位制のため留年無し
通常の高校は学年制で1年ごとに与えられた教科・科目を学習し、全ての単位を修得しなければ進級できません。不登校や成績不振者は留年してしまいます。
通信制高校の単位制度は卒業までに74単位を修得すれば良く、留年する事なく卒業が可能です。

全国どこでも学習可能
通信制高校は通学の必要が無い学校もあります。
全国募集の学校も数多くあり、興味や目標に合わせた学校を選ぶ事ができます。
通常の学習はeラーニングを活用し、スクーリングは合宿形式などで遠方からの学生にも対応しています。

通信制高校とサポート校と高校認定予備校は、学校の位置づけや目的などが大きく異なります。
特に大きな違いは高校卒業の資格(旧大検)が得られるかの違いです。
あなたの目的にあった学校を選びましょう。

  通信制高校 サポート校 高卒認定予備校
学校の位置づけ 高等学校 塾や予備校のようなもの 予備校
主な目的 高卒の資格取得 通信制高校の単位取得 高卒認定試験の合格
高卒の資格 卒業時に取得 サポート校の卒業のみでは不可 不可
登校頻度 年間20日~25日程度 主に週5日 週3~5日程度
入学資格 高卒資格のない満15歳以上 通信制高校入学 高卒資格のない満16歳以上
通信制高校は学費が安い

単位制である通信制高校は国から就学支援金が出るので、
年額にすると約12万円が支給され、授業料がその分減額されます。
年間の学費をチェック(例)

  通信制高校 私立全日制高校 公立全日制高校
入学金 10,000円 200,000円 6,000円
授業料 220,000円 420,000円 122,400円
施設設備費 12,000円 60,000円 なし
その他費用 30,000円 100,000円 なし
就学支援金 120,000円 120,000円 なし
合計 152,000円 660,000円 128,400円

卒業生・在校生の声
佐藤 美優さん
登校日が少ない事と、レポートをケータイでもパソコンでもできる事が魅力でした。
ネットで学費や口コミを他校と比較し、入学を決めました。
また自由に時間割やカリキュラムを決める事ができるので、不定期なアルバイトのシフトにも対応する事ができます。
先生も面白くて話やすいです。厳しい校則もなく、髪の色や服装などもありのままの自分らしくいられるのがとても嬉しいです。
アルバイトについてラーメン屋さんでアルバイトをしています。シフトはもちろん不定期ですが、ルネサンス高校だからこそ、学校もアルバイトも両立できます。多い時は週6、夜のシフトが入る時もありますが、とても充実した高校生活を贈送れています!
金子 ルナさん
6歳からやっていたフラダンスと学校生活との両立で悩んでいた毎日。
偶然、地元の先輩が持っていた学校のパンフレット。そこにバレリーナの方が紹介されていて、私もフラダンスと勉強の両立に悩んでいたから、「この人、私と同じじゃん!私もこの学校がいい!」って思いました。
正直勉強はすきじゃないけど、高校は卒業して本格的にフラダンスに打ちこみたかったんです。
フラダンスも勉強も自分で出来るこの充実感が心地いい自分のペースで過ごせる毎日に充実感。卒業を目指して奮闘中!
この学校で何よりも良かったのは、先生と相談しながら時間割を自分で決められること。普通だったら時間に追われて、フラダンスも勉強もやらされてる感じになっちゃうけど、ここでは毎日を計画的に自分らしく過ごせてるかな。
通信制で高校卒業を目指す人にはいろんな人がいて、それぞれ違った事情を抱えてる。それをありのままに受け入れてくれる学校だから得られる充実感が、今はとても心地いいんです。
将来は、世界一のフラダンスの大会で優勝して、日本のフラダンスをリードしたい!私のフラダンスを見て、みんなに楽しんでもらえたら嬉しい。きれいだなとか、ゆったりするなとか、何でもいいから感じてほしいですね。
橋満 希さん
辻製菓専門学校 製菓マネジメント学科
まわりに合わせ過ぎず、自分の個性を持てました。
パティシエの職業に、個性を活かして人を幸せにしたいです。
もともと甘いものが好きで、気持ちが落ち込んでいたり、つらいことがあっても甘い物を食べたら心が和みました。自分が作ったお菓子で少しでも多くの人が元気になれたり、幸せになって欲しい!と思い、親を説得してこの進路に決めました。
進学にあたって先生からは、規則正しい生活を送るようにとアドバイスされていました。周りに合わせ過ぎないで学生生活を送れ、自分の個性をすごく持てたというのが飛鳥未来高校を卒業してよかったと思う点です。
パティシエの職業に個性をうまく活かせたらと思います。
通信制高校について 現在、全日制高校に在学中ですが、すぐに転入できますか?

はい。通信制高校の多くは、時期に関わらず転入を受け入れています。

現在不登校ですが転入できますか?

通信制高校では、内申書が入学に影響することはほとんどなく、多くの不登校の方が転入しています。
最近では不登校などの経験を持つ生徒に心のケアをしてくれるなど、親身に指導してくれる学校も増えています。

入学時期はいつですか?

入学シーズンは4月と10月に設けられている学校が多く、転入や編入は随時受入れ可能なところがほとんどです。

入学条件はありますか?

通信制高校は、中学校を卒業していれば年齢に関係なく、誰でも入学することができます。
ただし、高校を卒業している方は入学できません。そのほか、通学区域などは学校ごとに定められていますのでご確認ください。

勉強が苦手でも卒業できますか?

勉強が苦手な方でもきちんと卒業できるよう、学習面や生活面、精神面などの支援を行う「サポート校」という学校があります。
通信制高校に在籍しているほとんどの生徒がサポート校にも通い、卒業に向けて指導を受けています。

勉強でわからないところは質問できますか?

メールや電話、スクーリングなどで、いつでも質問を受ける体制を整えている学校がほとんどです。
また、サポート校でも質問を受け付けていますので、わかるまでじっくり質問することができます。

登校ペースはどのくらいですか?

年間20~25日程度が一般的ですが、週3~5日の通学タイプや合宿での集中スクーリングまで、学校によってさまざまです。

クラブ活動はありますか?

一部クラブ活動がない学校もありますが、活発な学校も多く存在しています。
種類は「スポーツ系」「音楽系」「文化系」などがあり、全日制高校と変わりなく活動しています。

進路指導はしてくれますか?

ほとんどの通信制高校が進路指導をしています。
特に、大学や短大などからの推薦枠を持っている学校もありますので、できるだけ多く指導をしてもらえるよう、積極的に動くことがポイントです。

仕事やアルバイトをしながらでも在籍できますか?

はい。通信制高校では、仕事やアルバイトを禁止していません。
働きながらでも、自分のペースで学ぶことができるよう配慮されています。

サポート校について サポート校にだけ入学することはできますか?

サポート校は、通信制高校を確実に卒業するための民間の教育機関です。
そのため、サポート校にだけ入学することはできず、同時に通信制高校にも入学することになります。

サポート校は高校卒業資格になりますか?

いいえ。サポート校に通っても高校卒業にはなりません。
高校卒業資格を取得するには、通信制高校を卒業する必要があります。

通信制高校とサポート校それぞれに授業料を支払うのですか?

はい。通信制高校とサポート校は別の機関になりますので、サポート校に入学する場合は、別途授業料を支払う必要があります。
なお、通信制高校の生徒は、サポート校に入学しなければならないという義務はありません。

高卒認定予備校について 「高等学校卒業程度認定試験」に合格すれば高校卒業資格になりますか?

「高等学校卒業程度認定試験」に合格すると、「高校卒業と同程度の学力」が認定されたということになりますが、
高校卒業の資格が取得できたことにはなりません(高卒の学歴にはなりません)。

WELCOMEではカンタンに、全国にある通信制高校の資料を請求する事ができます。
資料が届いたらしっかり比べ3て、あなたに合った学校を選びましょう!!

お住まいのエリアを選択しましょう。
選択後は一括資料請求をクリック!

資料請求先から必要な高校に
チェックを入れ、
プロフィールを入力します。

各通信制高校から資料が届いたら、
じっくり比較 検討し、
自分にあった通信制高校を探しましょう。