今知っておくべき!通信制高校の現実|8つのメリットとデメリット

今知っておくべき!通信制高校の現実|8つのメリットとデメリット

「通信制高校」一度は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

ですが、その中で、通信制高校について詳しくは知らない人がほとんどではないでしょうか。

そんな、通信制高校に興味がある人に朗報です!!

このページでは、今知っておくべき通信制高校の現実についてまとめています。

この記事を読めば、通信制高校のメリットとデメリットを理解できること間違いなしですよ!

ぜひ参考にしてみてください!

通信制高校の現実|8つのメリット

通信制高校の現実|8つのメリット

通信制高校に通うメリットは以下の8つです。

  • 通信制高校には豊富なカリキュラムがある!
  • 通信制高校では人間関係を気にしなくても大丈夫!
  • 通学のタイプは自分で選べる
  • 通信制高校に通いながら仕事と勉強を両立できる!
  • 通信制高校には留年という制度がない!
  • 学校からのバックアップが充実!
  • 通信制高校に行く人は自分のやりたいことが決まってなくても大丈夫!
  • サポート校利用で充実した通信制高校生活を

通信制高校に通うメリットは見ての通り非常に多いです。

自分のやりたい事とメリットがマッチしていればいい学生生活を過ごせます。

通信制高校に行くかどうか迷っている人はぜひ参考にしてください!

通信制高校には豊富なカリキュラムがある!

通信制高校には豊富なカリキュラムがあります。

美容師の資格を取りたい人から、スポーツに集中したい人、アニメを作りたい人、大学進学をしたい人も受け入れています。

全日制にはない、通信制高校ならではのカリキュラムもありますし、自分のペースで勉強しながら、大学進学を考えている人にもおすすめです。

通学のタイプは自分で選べる

通信制高校では通学のタイプを自分で選べます。

全日制の学校であれば、週5日必ず通学しなければいけませんが、通信制高校であれば、そんな悩みはありません。

通信制高校は、通学コースと月に1回、年に数回あるスクーリングコースの2つがあります。

その2つの中で、毎日学校に行きたければ通学コースを、あまり行きたくないならばスクーリングコースを自分の意志で選ぶことができます。

通信制高校では人間関係を気にしなくても大丈夫!

通信制高校は人間関係を気にしなくても大丈夫です。

通信制高校は、通学コースと月に1回だけのコースを選べるため、人間関係で大変な思いをしたくない人におすすめです。

また、仮に登校しても、通信制高校は一般的に少人数制のクラスのため中学時代は人間関係で悩んでいた人も、通信制高校に行ってから充実している人が多いです。

通信制高校に通いながら仕事と勉強を両立できる!

通信制高校に通いながら仕事と勉強の両立ができます。

通信制高校は、月に1回、年に数回あるスクーリング以外は時間の制約を受けません。

そのため、学校に絶対通わなければならない日以外は、家で勉強をするのも、アルバイトをするのも、会社で働くのも自由です。

仕事と勉強を無理なく両立できます。

通信制高校には留年という制度がない!

通信制高校には留年という制度がありません。

通信制高校は単位制であり、また一般的に学年の概念がありません。

卒業するには、3年以内に74単位を取得するだけでいいので、極端な話、1年勉強して、次の年勉強せず、翌年単位を取り切れば卒業できます。

通信制高校では、全日制のように留年を気にせず、自分のペースで勉強を進められますね。

通信制高校の1年間で取れる単位数が知りたい!という方は【徹底解説】通信制高校の一年間で取れる単位数の記事をご覧ください!

学校からのバックアップが充実!

通信制高校、特に私立の通信制高校は学校からのバックアップが充実しています。

通信制高校は自学自習が基本ですが、私立の通信制高校は学生のできない部分、苦手な部分を丁寧に指導してくれます。

また、私立の通信制高校は自由度が高く、週5の通学コースを選べば毎日全日制のように学校に通えますし、学校のカリキュラムの数も豊富です。

加えて、私立の通信制高校は精神的サポートも手厚いので、どうしても卒業したい、全日制のように楽しい学生生活を送りたいという人におすすめです。

通信制高校に行く人は自分のやりたいことが決まってなくても大丈夫!

通信制高校に行く人は自分のやりたいことが決まっていなくても大丈夫です。

通信制とはいっても、いろいろな経験ができますし、とりあえず高校卒業を目指しながら自分のやりたいことを探すのもありです。

また、通信制高校は途中でコースの変更もできるので、自分のやりたいことが見つかった、もしくは自分のやりたいことが変わった人も簡単にコースを変更できます。

サポート校利用で充実した通信制高校生活を

通信制高校では、サポート校を活用して充実した生活を送れます。

サポート校に通うことで、通信制高校で勉強をしないことは防げますし、むしろ学習がはかどります。

一般的にこのサポート校は民間教育機関ですが、有名な塾が運営していることがほとんどのため、安心して通うことができます。

通信制高校の現実|8つのデメリット

通信制高校の現実|8つのデメリット

通信制高校のデメリットは以下の8つです。

  • 通信制高校は自己管理が大変な現実
  • 通信制高校は仲間を作るのが大変な現実
  • サポート校が高額な可能性が…
  • 通信制高校ではレベルの高い授業は受けられない現実
  • わからないことがなかなか解決しない現実
  • 通信制高校に通っていると世間の目が気になる現実
  • 通信制高校に通っていた理由を毎回聞かれる
  • レポート課題が大変
  • 通信制高校に通うのはメリットも数多くあれば、デメリットもたくさんあります。

    メリットと共にデメリットもしっかり知っておきましょう!

    通信制高校は自己管理が大変な現実

    通信制高校に通うには自己管理が大変です。

    通信制高校の通学コースに行かない場合、登校が月に1回なので自分で勉強を進めていかなくてはいけません。

    また、単位さえとれば卒業できるため、そのことに甘え、自主的に勉強せず、3年たっても卒業できないことも良くあります。

    人の目がなければサボってしまう人は要注意ですよ!

    通信制高校は仲間を作るのが大変な現実

    通信制高校では仲間を作るのが大変です。

    通信制高校の通学コースに行かない場合、月に1回しか登校しないので、クラスメイトという概念がまずありません。

    そのため、全日制のようにクラスメイトとわいわいおしゃべりをしたり、切磋琢磨することができません。

    人と関わりたくない人にとってはメリットですが、仲間がほしい人には大きなデメリットです。

    サポート校が高額な可能性が…

    サポート校の学費が高額な可能性があります。

    サポート校によって違いますが、通信制高校の費用の他に多くて100万円程の費用が発生します。

    家計をひっ迫する金額の上、国に認可された教育機関ではないため、国からの補助金も受けられません。

    もしサポート校にも通うならば、大きな負担になります。

    通信制高校ではレベルの高い授業は受けられない現実

    通信制高校ではレベルの高い授業は受けられません。

    もともと通信制高校のコンセプトは働きながら、高校卒業資格を得たい人を対象としているため、授業内容が基礎的な内容のみとなっています。

    通信制高校のカリキュラムも日々変わってきてはいますが、難関大学を目指したい人やハイレベルな授業を望む人は、通信制高校の授業にプラスして、塾などを併用する必要があります。

    わからないことがなかなか解決しない現実

    通信制高校ではわからないことがなかなか解決しません。

    通学コースでなければ、登校するのが月に1回なので、わからないことがあっても月に1回の機会に聞く、もしくは自分で調べるしかありません。

    その結果、勉強の理解度が上がらなかったり、わからないまま次に進んでしまったりというケースがあります。

    通信制高校に通っていると世間の目が気になる現実

    通信制高校に通っていると世間の目が気になります。

    一般に全日制高校に通っている人が多いため、通信制高校に行っている人はレアです。

    周りからどんな目で見られているのだろう、偏見はないのだろうかといったことが気になってしまい、不安になってしまう人も一定数います。

    ですが、基本的には通信制高校だからと言って差別されることはないので、安心してください。

    通信制高校に通っていた理由を毎回聞かれる

    通信制高校に通っていた理由を面接のたびに聞かれます。

    聞いている相手に悪意はなく、興味本位なのですが、言われている側としては嫌な気持ちになったり、馬鹿にされているのではないかと感じます。

    聞いている相手に他意はないのですが、通信制高校に通っていた人の逃れられない宿命の1つです。

    面接のたびに通信制高校に通っていた理由を聞かれることを覚悟しておきましょう。

    レポート課題が大変

    通信制高校ではレポート課題が大変です。

    1単位当たり3枚程度、年間75枚程度のレポート課題を出すことになるので、勉強が習慣になっていない人は苦労します。

    逆に大学入試を目指している人は受験勉強に比べると苦にならない枚数です。

    通信制高校でのレポートについて詳しく知りたいという方は通信制高校でレポートは必須!内容や難しさを徹底解説!の記事をご覧ください!

    通信制高校は何年?何歳まで大丈夫?

    通信制高校は何年?何歳まで大丈夫?

    通信制高校は何年で卒業できるのか、何歳まで入学できるのか気になっている人が多いと思います。

    全日制と違い、通信制高校は卒業の幅も年齢も非常に広いです。

    仕事をしながら通うことも可能ですし、基本的に3年間で卒業できます。

    下記に詳しく記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    通信制高校は何年で卒業できる?

    通信制高校は必ず3年間で卒業できます。

    また、もし通信制高校に編入してきた、転入してきた場合は、以前の高校の在籍期間と合わせて3年間で卒業できます。

    在学年限に関しては、通信制高校によって異なりますが大体7年程度です。

    その期間までなら在籍し続けられますが、できる限り3年間で卒業することをおすすめします。

    通信制高校は何歳まで入学できる?

    通信制高校は何歳であっても入学できます。

    入学資格は中学校を卒業している人のため、基本的に誰でも入れます。

    在籍している人は、高校に進学しなかった人から、高校を中退したけれども高校卒業資格を取ろうと思っている人もいます。

    また、20代以外では、30代や40代、上は80代の人まで幅広い年齢層が在学しています。

    通信制高校は学力不足であっても入学できる?

    通信制高校は学力不足であっても入学できます。

    多くの通信制高校の入試では、学力検査を行わず、一般的に、出願時の書類と作文、個人面接を重視しています。

    また、個人面接も受験生をふるいにかける目的ではなく、生徒の性質を見るものなので、学力に不安があっても試験にはあまり関係ありませんし、学力不足が原因で不合格になることもありません。

    通信制高校の受験内容が詳しく知りたい方は通信制高校に行くためには?受験内容とおすすめ対策をご紹介!の記事をご覧ください!

    通信制高校の現実を知ってから、通うか判断しよう!

    通信制高校の現実を知ってから、通うか判断しよう!

    いかがでしょうか?

    通信制高校にはたくさんのメリットもありますが、それと同じぐらいデメリットもあります。

    自分が本当に通信制高校に合うのかを考えて、入学を決めましょう。

    そうすれば充実した通信制高校生活を送れますよ!

    あわせて読みたい

    不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ

    不登校や引きこもりの親が実はやってはいけない行動6つ
    不登校や引きこもりの子どもの面倒を見ている親は、毎日不安や焦りでいっぱいですよね。 しかし、子どもを思っての言動が逆効果を生んでいる可能性があるのです。 今回は、親の対応として実はNGなことを6つ紹介します。 子どもの長期的な幸せを願うのであれば、まずは自分自身が前向きな生活を送りましょう。 この…

    【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!

    【まるでドラマ?】制服がかわいい通信制高校一覧!
    通信制高校に通いたいと考えている方の中には、「高校生だから制服を着たい!」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 制服があると登校日が楽しくなりますし、何より私服よりも断然楽ですよね! 今回は、登校日が楽しくなるような、可愛い制服がある通信制高校をご紹介していきたいと思います! 通信制高…

    【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!

    【おすすめ】学費が安い通信制高校をご紹介!
    通信制高校に通いたい! できるだけ学費が安いところがいいのだけれども、通信制高校って実際に学費がどのくらいかかるのか全く分からない。 そんなお悩みをお持ちの方って多いと思います。 通信制高校もたくさんの学校やコースがあり、迷ってしまいますよね。 ここでは、学費をできるだけ抑えたい人に向けて、学費の…
    お住まいのエリア
    資料請求される方
    操作方法などご不明な方は(無料)
    受付時間:10:00~22:00