通信制高校を比較する際のポイントとは?ジャンル別のおすすめも紹介!

通信制高校を比較する際のポイントとは?ジャンル別のおすすめも紹介!

「色んな通信制高があってどれを選べば良いのか分からない…」

「通信制高校の比較ポイントが知りたい!」

通信制高校と一口にいっても、様々なものがありますよね。

  • 学費が安い
  • 卒業しやすい
  • 将来の夢に繋がる資格が取れる
  • スポーツなどやりたいことがやれる

など、あなたが通信制高校に求めることをよく考えることが大切です。

今回は、通信制高校を比較したい人のために、ポイントをまとめました!

後半にジャンル別のオススメ通信制高校についても触れています。

この記事を読んで分かること

  • 通信制高校を比較する際のポイント
  • 通信制高校選びで大切なこと
  • オススメの通信制高校

通信制高校を比較する際のポイントは?

通信制高校を比較する際のポイントは?

では早速、通信制高校を比較する際のポイントについて解説します。

通信制高校には様々なものがありますが「この通信制高校が一番良い!」というよりも自分にあったところを選ぶことが大切です。

教育レベルの高い通信制高校を選んでも、ハードすぎて3年間で卒業できなければ苦しいだけですし、取りたい資格が取れなければ後で苦労することになります。

「とにかく安い通信制高校に行きたい」「バイトがしやすい通信制高校に行きたい」「イベントや友だちづくりの場があると嬉しい」など、自分の価値観を考えた上で今回紹介するポイントを参考にしてくださいね。

通信制高校を選ぶ際のポイントは以下の6つです。

  • ポイント①学費で比較する
  • ポイント②サポートの手厚さで比較する
  • ポイント③登校する頻度で比較する
  • ポイント④自宅からの距離で比較する
  • ポイント⑤取得できる資格やコース内容で比較する
  • ポイント⑥入学時期や転籍のしやすさで比較する

学費で比較する

実際に通信制高校を決めるにあたって必ず考えることになるのが学費ですよね。

できるだけ安く、それでいて制度など環境の質が高いところを選びたいという人は多いでしょう。

そんなときは、学費の安い通信制高校から制度やコース、評判などを見ていくのがオススメ。

また、通信制高校を学費で比較する際に重要になるのが以下の2つの点です。

  • 公立か私立か
  • スクーリング(登校)の頻度

通信制高校の学費は、公立か私立かによって大きく違います。

公立の学費は3年間で10万円程度。

それに対して、私立は3年間で40万円~100万円程度かかります。

公立とは、都道府県や市区町村などの地方公共団体が設立・管理・運営しているということ。

対して私立は、公立以外、つまり個人や民間団体などが設立・管理・運営しているということです。

公立の通信制高校がなぜ安いのかというと、地方公共団体であれば事業に税金を使うことができるから。

国から補助金なども出るため、生徒が負担する額が少ないのです。

つまり「安いから質が低い」というわけではありません。

学費が安い通信制高校を希望する場合は、公立のものから見ていきましょう。

また、スクーリング(登校して直接授業を受けること)の頻度でもかかる費用が変わります。

通学にかかる費用なども考えた上で通信制高校を選ぶのがオススメです。

私立と公立では実際にどのくらい違ってくるのか詳しく知りたい方は 「私立と公立の学費の違いを徹底解説します!」を参考にしてみましょう。

サポートの手厚さで比較する

せっかく数ある通信制高校から選ぶのであれば、質の高いサポートを受けたいですよね。

通信制高校にはそれぞれウリや特色があります。

「完全に自習だと3年間で卒業できるか不安…」という人は学習に対するサポートが手厚いところを選んだほうが良いですし、「友だちづくりがしたい」という人は友だちづくりの場を多く設けているところを選んだほうが良いです。

自分が通信制高校で何を得たいのかを考えた上で、どのようなサポートがあるところを選ぶべきなのか考えてみてください。

登校する頻度で比較する

通信制高校といっても、スクーリングは必ずあります。

なぜかというと、スクーリングは学校教育法が定めている高校の卒業資格を得るための条件に含まれているからです。

しかし、対面で生徒や先生に会ったり、通学したりすることが苦手な人にとってはなるべくスクーリングの少ないところが良いですよね。

そんな人は、スクーリング登校日が少ないという基準で学校を選んだり、生徒や先生の雰囲気の評判が良い学校を選んだりすることをオススメします。

また、登校日に縛りの少ないところや、年に1度の集中スクーリングのみのところなど、自分が負担に感じない制度の学校を選ぶのもひとつの手です。

自宅からの距離で比較する

スクーリングが必ずあるということは、通信制とはいえ自宅から通いやすいところを選んだほうが良いでしょう。

学校の質や内容を考えつつ、実際に通うことをイメージすることが大切です。

使う路線や時間帯、乗り換えの回数など、通学になるべくストレスがかからないようにするとスクーリングも楽しくなるかもしれません。

取得できる資格やコース内容で比較する

通信制高校に通う理由として「高校の卒業資格が必要だから」「社会に出て困らない学力をつけたいから」というものが挙げられます。

つまり、通信制高校をきちんと卒業することで卒業後の選択肢を増やしたり、やりたいことを叶えたりしたいということです。

それならやはり、将来に繋がるような資格が取得できたり、関心のある分野が学べたりする学校を選んだほうが良いでしょう。

学べる内容によって進路がある程度決まる可能性もあるため、多少学費が高くても専門性のある通信制高校に入ることをオススメします。

また、進路とは直接関係なくてもスポーツや音楽など、自分の好きなことができるというのも大切なポイントです。

3年間通信制高校をやりきるために、譲れないポイントを探してみてください。

入学時期や転籍のしやすさで比較する

通信制高校を選ぶポイントとして、自分のタイミングで入学できるところ、途中で全日制に転籍できるところかどうか確認することをオススメします。

今は毎日高校に通えなくても、ゆくゆくは全日制に戻りたいという思いをもつ人もいますよね。

また、全日制に入学したけど、今から通信制に転入・編入したいという人もいます。

その場合に、期間を空けずに転籍できる学校であれば、我慢せずにすぐ行動できるのです。

自分のために通信制や全日制という選択をしているのですから、できるだけ柔軟に対応してくれる学校を選びましょう。

比較ポイントの中から自分が優先したいものを考えよう

通信制高校を選ぶ際のポイントはいかがでしたか?

紹介したすべてのポイントを重視しなければいけないというわけではなく、その中で自分が大切にしたいと思う項目を決めることが重要です。

思い描く通信制高校での生活が実現できるよう、自分の優先したいポイント、譲れないポイントを考えましょう。

通信制高校選びに迷ったら総合力で選ぼう

もし「通信制高校に入りたいとは思っているけれど、特にこだわりはないな…」と思うのであれば、総合的に評価の高いところを選ぶのがオススメです。

人気の通信制高校を比較する

通信制高校の中にも知名度や人気はあります。

人気の通信制高校に入ることができれば、人気の理由になっている部分(コスパやサポートの質、雰囲気など)を感じられ、充実した高校生活が送れる可能性が高いです。

ただ、人気だからといって周りの人間や学校の方針が自分と合うとは限りません。

そのため、人気の通信制高校であっても特色や口コミなどをよく調べましょう。

口コミや評判から通信制高校を比較する

通信制高校を選ぶにあたり、実際に在学している/していた人の感想は気になりますよね。

在学生や卒業生の口コミを見ることで、通信制高校の本当の評判を知ることができます。

安心して学校を選ぶことができるため、是非一度口コミや評判をチェックしてください。

将来の夢や職業につながる通信制高校を比較する

通信制高校と一口にいっても、専門性の高いところや資格が取得しやすいところなど様々です。

高校生のうちから就職に有利な資格を取得しておきたいと考えている人は、資格試験をサポートしてくれる通信制高校を選ぶと良いでしょう。

また、ファッションやPCスキル、動物関係など、自分の興味分野に特化したコースのある学校を選ぶのも手です。

通信制高校と併せてサポート校を利用するのがオススメ

通信制高校と併せてサポート校を利用するのがオススメ

また、通信制高校を併せて利用することの多い「サポート校」というものが存在します。

サポート校は通信制高校生としての生活をより充実させるためにあるため、どんな学校なのかを知っておくと良いでしょう。

「通信制高校で卒業資格を取れるか心配」「高校生活やその後の進路が不安」という人はサポート校の利用も視野に入れてみてはいかがですか?

学習や進路などをサポートしてくれるサポート校について詳しく知りたい方は「サポート校とは?」を参考にしてみてください。

通信制高校の説明会・相談会に参加しよう

最後に、通信制高校には説明会・相談会を実施しているところが多くあります。< /p>

ホームページや資料だけではイメージしづらい人も、実際に話を聞くことで安心して学校を選べるかもしれません。

通信制高校を比較する際は、是非説明会や相談会への参加も検討してみてください。

【まとめ】通信制高校を選ぶときはまず優先事項を決めよう

いかがでしたか?

通信制高校を選ぶポイントは人によって様々です。

充実した高校生活を送り、その後の進路に安心できるサポートが受けられるように、是非色々な通信生高校を比較してみてください!

 

通信制高校への転入を検討している方は「通信制高校への転入を考えている高校生の方へ」こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

通信制高校とは?

通信制高校とは?
通信制高校という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 言葉を聞いたことはあっても「通信制高校って気になるけどどういう学校なんだろう」「通信制高校も結局学校だから毎日通わないといけないのかな」など通信制高校について疑問に思うこともありますよね。 この記事を読めば通信制高校がどんな学校なのかと…

どう違うの?通信制高校とサポート校の違いをご紹介

どう違うの?通信制高校とサポート校の違いをご紹介
通信制高校を調べていると、サポート校という言葉を見たことはありませんか? 「言葉は見たことがあるけれど、通信制高校とサポート校の違いがよく分からない…。」そんな方も多いですよね。 ここでは通信制高校とサポート校に関する疑問を解消していきます。 通信制高校とサポート校の特徴をしっかり理解して、高校選…

通信制高校への転入を考えている高校生の方へ

通信制高校への転入を考えている高校生の方へ
現在、高校生の方の中には「今通っている高校には馴染めないから辞めたいなぁ」 「高校を卒業したいけど、毎日学校に行くのが辛くて大変だなぁ」 「専門的な知識を身につけたいから今の高校は行く意味がない」このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 悩みを解決するためには環境を変える必要があ…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00