どう違うの?通信制高校とサポート校の違いをご紹介

どう違うの?通信制高校とサポート校の違いをご紹介

通信制高校を調べていると、サポート校という言葉を見たことはありませんか?

「言葉は見たことがあるけれど、通信制高校とサポート校の違いがよく分からない…。」そんな方も多いですよね。

ここでは通信制高校とサポート校に関する疑問を解消していきます。

通信制高校とサポート校の特徴をしっかり理解して、高校選びに役立ててください!

通信制高校ってどんな学校?

皆さんは通信制高校と聞いてどのような学校を想像しますか?

通信制高校は普通の高校と大きく異なる点が2つあります。

1つは通信制高校は通学日数が少ないということです。普通の高校は毎日学校に登校しますが、通信制高校は登校日数を自分で決めることができます。

2つめの特徴としては学習方法がレポートやオンライン授業になることです。普通の学校は教室で授業を受けますが、通信制高校では自宅で教材を基にレポートや課題を進めます。

通信制高校には様々な背景を持った人が通っています。芸能やスポーツなどの夢を追っている人や社会人として働きながら通う人など理由はそれぞれです。

全日制や定時制高校にも様々な背景を持つ人が通っていますが、通信制高校はさらに多種多様ですね。

通信制高校は様々なニーズの方に応えるために日々変化をしています。

それでは通信制高校の特徴を解説していきましょう。

通学について

通信制高校は通学日数が少ないので、登校は基本的に週1回程度です。学校によっては年間5日程度の登校で卒業ができる学校もあります。

通学日数もコースごとで違っていて、その中から自分で選ぶことができるのも特徴です。

通信制高校の学習は自宅での勉強が中心になります。登校日数が少なく自宅で勉強できるため、集団が苦手な人や仕事で忙しい人でも無理なく卒業ができますね。

通学日数が多いコースに通ったとしても、朝の始業時間は9:00~10:00くらいの学校が多いです。普通の高校よりも朝の通学のハードルが低いのも大きな違いの一つになります。

入学時の年齢は関係ない

通信制高校には年齢制限がないことをご存知でしょうか?社会人になって高校卒業資格が欲しいと思う方も多いですよね。

通信制高校なら年齢制限がないので、何歳になっても通うことができます。

普通の高校は基本的に中学校を卒業してそのまま入学する人がほとんどですよね。しかし通信制高校では入学時期が様々です。

先ほども説明したように通信制高校には色々な背景を持つ人が通っています。社会人やシングルマザーの方も通学しているのが通信制高校です。

生徒の中には90歳を超えた方が卒業したケースもありますので、どんな方でも同じように高校卒業に向けて勉強をすることができます。

通信制高校は学校に通うことに抵抗がある方にもおすすめ!

私立の通信制高校では全日制高校や定時制高校では受けることができない細かいサポートまで受けられるのも特徴です。通信制高校の中にはカウンセラーが常駐している学校もあります。

生徒の悩みや不安を解消できる環境が整ってることも通信制高校に通う上でのメリットですね。

このように通信制高校はフォロー体制が充実しています。

不登校の方や集団生活が苦手な方でも安心して学校生活を送ることができますね。

通信制高校は普通の高校と比べて圧倒的に登校日数が少ないです。学校に行くことが苦手と感じる方も多いのではないでしょうか。

通信制高校は登校日数を自分で調整することができるので、通学が苦手な方でも安心して勉強できます。

自分のペースで勉強できることも通信制高校の人気の理由の一つです。

通信制高校は将来の進路に影響はない

通信制高校を卒業すると、高校卒業資格を取得できます。これは全日制・定時制高校と全く同じ卒業資格になります。

そのため、通信制高校を卒業したからといって就職で不利になる等の影響はありません。

入学の時期

通信制高校の入学時期は基本的に4月と10月です。

ほとんどの通信制高校は大学のような単位制を採用しています。したがって、入学のタイミングは学期の切り替え時期である春と秋の2回です。

編入の場合は入学時期と同じタイミングで生徒を受け入れている学校が多いですね。

転入の場合は随時募集を行っている学校が多いので全日制高校と比べても入学のハードルが低くなります。

通信制高校の特徴

通信制高校を卒業するまでの流れは以下の3つです。

  • レポート

通信制高校では学校からレポート課題が送られてきます。学校から送られてきた課題を基に自分で学習を進めてレポートを完成させて提出する流れです。

通信制高校ではフォロー体制が充実しています。勉強を進める上で疑問に感じたことを直接学校に電話したり、オンラインでの質問受付が利用できるのも通信制高校の魅力です。

  • 単位認定試験

単位認定試験という言葉をご存知でしょうか?

単位認定試験とは文字通り、テストのことです。単位を認定するためにテストで学習の習熟度を測るものになります。単位認定試験で合格点を獲得できれば、その単位を取得することが可能です。

  • スクーリング

皆さんの中にはスクーリングという言葉を耳にした方もいるのではないでしょうか。

スクーリングとは学校に登校して授業を受けることです。通信制高校は通信教育が基本ですが、中には登校して授業を受けないと単位が認定されない授業もあります。

先生に分からないところを直接聞いたり、体育の授業を行ったりとレポート提出以外をサポートするという意味でスクーリングが設定されています。

通信制高校については「通信制高校とは?」で詳しく紹介しています。

サポート校ってどんな学校?

サポート校ってどんな学校?

通信制高校を卒業するにはレポート、単位認定試験、スクーリングを通じて合計74単位を取得する必要がありますね。通信制高校は基本的に自宅で勉強を行うため、途中で挫折する生徒もいます。

そのため、通信制高校を3年間で卒業できる生徒が少ないのが現状です。

サポート校では通信制高校で3年間でしっかり卒業ができるように学習や精神面のサポートを行います。

通信制高校に通いつつも資格取得を目指す方もいるのではないでしょうか。サポート校では資格取得のためのコースも設置しているので+αでスキルを身に着けることができます。

サポート校は基本的には通信制高校と同時に入学して高卒資格を取得するコースが一般的ですね。そのほかには高卒認定試験の合格を目指すコースや資格の専門コースなどもあり、種類が豊富なのも特徴です。

サポート校は学校ではない!

サポート校は勉強や生活の相談や生徒のメンタル面をサポートすることが目的になります。

学校としての認可を受けているわけではないので、サポート校のみを利用するということは基本的にはできません。

サポート校に通うためには通信制高校への入学が条件となっている場合が多いです。サポート校の特徴として、大きな駅や通いやすい立地になっているということも挙げられます。

サポート校には様々な事情を抱えた生徒たちに対応するためにカウンセラーが所属しています。学校生活で抱える悩みや不安について相談に乗ってもらうことも可能です。

サポート校は通信制高校や教育専門の会社が運営している

サポート校は様々な私立通信制高校や企業が運営しているということをご存知でしょうか。

サポート校は通信制高校に通う生徒のサポートを目的に作られた学校なので「学校」でなければ運営できません。

サポート校の運営については学習塾などの教育関連企業や専門学校が運営していることで一つメリットがあります。通常、普通科の高校の場合だと高校の学習指導要領で組まれているカリキュラムの範囲の学習が中心です。

サポート校を学習塾が運営することで大学進学に特化したコースを作ることができます。

サポート校は専門学校が元になっているため、ゲームクリエイターコースや美容関係の資格が取得できるコースを設置することも可能です。

通信制高校だけではなく、サポート校にも通うことで自分がやりたかったことを専門的に学ぶこともできます。ただ学習をサポートするだけではなく、自分の将来に直結するスキルを身につけることができるのは大きなメリットですね!

サポート校の特徴

サポート校の特徴は以下の3つです。

  • 全国各地にある
サポート校は全国各地に広がっています。そのため自分の住んでいるところに近いサポート校を選ぶことが可能です。

サポート校自体は駅の近くに構えていることもあるので、アクセスしやすいという特徴もあります。

  • 少人数制であること

サポート校は先生一人当たりの生徒を少なく設定しているため、学習のフォローが行き届いているのも特徴の一つです。学習の進み方は一人一人違いうため、自分に合ったペースで勉強できるというメリットがあります。

通信制高校の場合、自分で学習を進めていくので進行具合に違いが出ます。

サポート校では個人ごとの学習進度に合わせてサポートをできるよう、少人数での体制をとっているのも特徴です。

  • サポートが手厚いこと

サポート校の特徴として、名前の通りサポートが手厚いことも挙げられます。

通信制高校やサポート校に通う人の中には過去に不登校だった方やいじめを受けていた方もいます。そのような過去を持つ方でも学校や社会とうまくかかわっていくことができるようにサポートしていくことも目的の一つです。

中にはカウンセラーが常駐しているサポート校も多いため、生徒はもちろん保護者も相談に乗ってもらうことができます。

サポート校のサポート内容

通信制高校で単位を取得するためには先ほど述べたようにレポート・単位認定試験・スクーリングをこなすことが必要です。サポート校は基本的にこの3つに対するサポートを行います。

勉強内容は高校の学習内容なので、自力で勉強することは簡単ではありません。人によって学習の習熟度が異なるため、1人1人に合わせて授業などのサポートを行います。

サポート校は少人数制です。そのため、サポート校の先生は各生徒の習熟度を理解できます。各生徒に合わせたサポートを行うのがサポート校です。

サポート校では生徒のレポート提出管理も行っています。学習のサポートやレポート作成も重要ですが、そもそも提出しなければ評価してもらえません。

提出すべきレポートに出し忘れがないように補助してくれるのもサポート校の良さです。

計画的に勉強するのが苦手な方でも安心ですね。

通信制高校のレポート提出では年間で1科目あたり12回の提出を求める授業もあります。科目数によって異なりますが、毎月3~6本くらいの提出が必要です。

レポート作成からレポートの提出管理までを一人でやるとなると非常に大変ですよね。

サポート校ではレポートの提出管理まで補助してもらえるので、安心して勉強を進めることができます。

一人だと大変でも、手伝ってくれる人がいるとできることも増えますよね。

勉強のスケジュール管理が苦手な方はぜひサポート校を利用してみましょう!

サポート校の費用

サポート校の費用については学校ごとで変動があります。サポート校を選ぶ際は費用についてしっかりと調べておきましょう。

サポート校の費用は通学日数によっても異なります。無理のない範囲で自分のペースに合ったコースを選択しましょう!

サポート校の学費目安として、年間費用でおおよそ30万~100万前後のところが多いです。あくまでこれは目安なので学校ごとにしっかりと確認する必要があります。

サポート校の詳しい情報は「サポート校とは」に書かれているので、ぜひそちらも確認してみてください。

通信制高校とサポート校は役割が違う!

通信制高校を調べるとサポート校という言葉も一緒に出てくることが多いのではないでしょうか。通信制高校とサポート校は全く違うものなので、違いをしっかりと理解しておきましょう!

通信制高校とサポート校の違いは以下の5つです。

  • 通信制高校では高校卒業資格が取得できる
  • ポート校は基本的に通信制高校のサポートの立ち位置
  • コースによっては資格などを取得できる
  • サポート校も通う場合、追加で学費がかかる
  • その分手厚いサポートが受けられる

通信制高校とサポート校の違いがこれで理解いただけたでしょうか。

通信制高校を通うことに不安があった方も、是非サポート校の利用も視野に入れて考えてみてくださいね!

あわせて読みたい

通信制高校とは?

通信制高校とは?
通信制高校という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 言葉を聞いたことはあっても「通信制高校って気になるけどどういう学校なんだろう」「通信制高校も結局学校だから毎日通わないといけないのかな」など通信制高校について疑問に思うこともありますよね。 この記事を読めば通信制高校がどんな学校なのかと…

中学生の方へ!通学するなら通信制高校

中学生の方へ!通学するなら通信制高校
ほとんどの方が中学校を卒業して高校進学すると思います。 中学校生活が終了して高校進学を控える中で、夢や希望と同時に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。 高校の選択は将来に繋がる大きな選択肢の一つです。中学卒業後の進路は今後の人生を左右する分岐点になります。 皆さんの中には将来の夢が決まっ…

通信制高校への転入を考えている高校生の方へ

通信制高校への転入を考えている高校生の方へ
現在、高校生の方の中には「今通っている高校には馴染めないから辞めたいなぁ」 「高校を卒業したいけど、毎日学校に行くのが辛くて大変だなぁ」 「専門的な知識を身につけたいから今の高校は行く意味がない」このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 悩みを解決するためには環境を変える必要があ…
お住まいのエリア
資料請求される方
操作方法などご不明な方は(無料)
受付時間:10:00~22:00